医療・医薬・福祉 その他

ベトナム・チャビン省で口腔ケアを通じた感染症予防対策プロジェクトが発足

医療法人社団大伸会


2月27日、ベトナム社会主義共和国チャビン省において、三国歯科グループを運営する医療法人社団大伸会、ベトナム社会主義共和国チャビン省、チャビン大学、日本口腔ケア学会は協定を締結し、チャビン省における口腔ケアを通じた感染症予防対策プロジェクトがスタートを切りました。

このプロジェクトは、チャビン大学歯学部がチャビン省の小学生の歯科検診と口腔ケア指導、ならびに手洗い指導を行うことで、う蝕(むし歯)やその他の感染症予防を浸透させ、チャビン省の健康増進と健康寿命延長に貢献することをめざしています。

大伸会が日本式の歯科検診と感染予防の手段をチャビン大学歯学部に技術移転し、チャビン大学が実施するとともに経年データを分析し、このプロジェクトの効果を評価する計画です。

ベトナムでは10年後に高齢化社会に突入すると言われていますが、いち早くチャビン省において口腔ケアの重要性を広め、また口腔ケアの概念をもった歯学部学生を卒業させることにより、チャビン省からベトナム全土に口腔ケアを広めることを目的としています。

http://www.daishinkai.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会