出版・アート・カルチャー 美容・健康

戦うドクター 池井式「頑張るためのメソッド」が詰まった『「燃え尽きさん」の本』が4/21 (木)に発売!

株式会社リバランス
頑張りたいのに頑張れない。でも、本当はもう一度頑張ってみたい!と思ったときに手に取って欲しい一冊。

約1万人の従業員の健康管理をしてきたプロ産業医×格闘家×株式会社リバランス(本社:東京都千代田区) 代表取締役 (医師) 池井佑丞氏が最新著書『「燃え尽きさん」の本』を4/21 木曜日に発売。






やる気がでない、頑張れない、もう会社に行きたくない。それはあなたの心のSOS?!


今まで乗り越えてきた様々な障壁。自分なりに模索して頑張ってきたから、メンタルもフィジカルもきっと強くなっているはず……。そう思っていた。それなのに、何故かやる気が起きない。ちょっと疲れていただけで少し休めばまた頑張れるだろう、と軽く考えていたあなた!実は既に心は疲れてきってしまっているのかも。

誰でも起こり得るこの状態はバーンアウト(燃え尽き症候群)と呼ばれ、ストレス負荷により発症する。その結果社会や置かれている環境に適応できなくなってしまったり、パフォーマンス、モチベーションも低下し、うつ病などのメンタル疾患を引き起こす可能性もある。

頑張れない全ての人を救いたい。医師×格闘家×経営者である池井氏のそんな想いから、本書ではあなたの心をケアする方法が分かりやすく解説されている。


読者さんからも絶賛の声!『身近な内容でタメになる』専門書。


燃え尽きることに対して、具体的な事例解説や解決方法を指示してくれる本は、 世の中に案外少なかったと思うし、この本は、その社会的な空⽩部分を指摘しつつ、解決策も案内してくれる良い本でした。


私自身、燃え尽きと再燃を繰り返していること、それによって疲れをため込んでいることを感じています。 義務感ではなく、明日から燃え続けられるように取り組んでいきたい、と素直に思うことができました。疲れたときに読 み返したい本です。


仕事をしていると業務量、人間関係、モチベーションと様々な面で波がやってきますが、どのパターンにおいても役に立つ内容が書かれている本だと思います。メンタルを整えるための基本事項が網羅されており、手に取りやすいタイトル・ 表紙でもあることから、5月病かな…と感じている人が読むにもちょうどいい本かなと思いました。

(※Amazonレビューより抜粋)

目次詳細


第1章 「燃え尽き」は誰にでも起こる現象燃え尽き症候群には、大きく3つのタイプがある
1.激しく燃えて⽕が尽きてしまう「燃えすぎ」さん
2.⽕種はあるのに燃えずにくすぶる「燃え切らない」さん
3.⽕種がなく、燃えることができない「燃えない」さん
“燃え尽きが起きやすい現代社会。誰がなってもおかしくない
医師である私も、これまでに2回、燃え尽きました

第2章 燃え尽きてしまったときは、 まず「燃える土台」を整える
「ちゃんと休める」ことも、才能のひとつ
ステップ1 安全生活「よく寝て・よく起きる」
ステップ2 日常生活「ふつうの生活をふつうにできる」
ステップ3 社会生活「よく働き・よく遊ぶ」
ステップ4 健全生活「未来のために頑張れる」

第3章 再び燃えるためには 「⽕種」と「薪」が必要
上手に燃えるためには、「正しい理由」が必要
目指す目標は、「自分らしい社会人」
「薪」のくべ方をマスターしよう!
「やらならいこと」を決めて、エネルギーのムダ使いを防止
⼆酸化炭素を消すフィルター(ストレスマネジメント)を強化する

第4章 上手に燃え続けるための「環境」の整え方
あなたを取り巻く環境どのようによくするか
自分を守ってくれる 「 5人のセコンド」をもっておく
人間関係のストレスを救う「孤独力」も必要
「環境」に明らかな問題があるときは適切な窓口に働きかけを

第5章 身近な人が「燃え尽きさん」かも? と思ったら
燃え尽き(うつ状態)を見分ける2つの質問
燃え尽きさん(うつ状態)にかけたい5つの言葉
燃え尽きさん(うつ状態)にかけてはいけない5つの言葉
職場では、有給の取得をすすめる。業務量や負荷の見直しなども有効
家庭では、本人の話をよく聞き、生活リズムのサポートを

第6章 燃え尽きが起きやすい組織への処方箋
対策1 長時間労働(過重労働)対策
・長時間労働者に対する面談やケアは必須
対策2 ハラスメント対策
・部下を燃え尽きさせない上司の言動とは
・パワハラにならない叱り方・指導のポイント
対策3 やりがい・モチベーション対策
・ 組織としての“種⽕”を明確に示せているか
・ビジョンと、評価制度と、心理的安全


著者紹介

■医師・プロキックボクサー・トレーナー 池井 佑丞(いけい・ゆうすけ)



2008年、医師免許取得。内科、訪問診療に従事する傍らプロ格闘家として活動し、医師・プロキックボクサー・トレーナーの3つの立場から「健康」を見つめる。自己の目指すべきものは「病気を治す医療」ではなく、「病気にさせない医療」であると悟り、産業医の道へ進む。労働者の健康管理・企業の健康経営の経験を積み、現在は大手企業の統括産業医のほか数社の産業医として、従業員約10,000名の健康を守る。2017年、「日本の不健康者をゼロにしたい」という思いの下、これまで蓄積したノウハウをサービス化し、「全ての企業に健康を提供する」ため株式会社リバランスを設立。


■会社紹介
企業名:株式会社リバランス
所在地:東京都千代田区神田司町2-5-3 第2今井ビル2F
代表者:代表取締役CEO 池井 佑丞(医師)
設立:2017年
企業理念 :全ての企業へ健康経営を提供する
事業内容 :医師による健康経営実現サービスを開発・提供
https://www.re-balance.co.jp/lpa/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)