美容・健康 住宅・建築・建設

totonoüの家庭用サウナ、藤森慎吾氏の新居で導入

totonoü
バレルサウナに次ぐ2例目、最高110度でロウリュ可能な本格仕様

北欧サウナの輸入・販売事業を展開するtotonoü(本社:エストニア・タリン、代表:齋藤アレックス剛太)は、オリエンタルラジオ・藤森慎吾氏の新居で、totonoüの家庭用サウナを導入いただいたことを発表します。 藤森氏によるtotonoüのサウナ製品購入は、昨年のバレルサウナに次いで2度目です。サウナの様子は藤森慎吾氏のYouTubeチャンネルよりご覧いただけます。





■自宅で気軽にととのいたいという想いから、新居でサウナを導入

サウナ愛好家として知られる藤森氏は、2020年1月にサウナ村の開設を目的として、地元・長野県に山を購入。オンラインコミュニティFILLLLAGEを立ち上げ、メンバーと共にサウナ村プロジェクトを進めています。同年7月にはtotonoüのバレルサウナを導入・設置し、大自然の中でサウナを楽しむ様子を継続的に発信してきました。

一方で多忙なスケジュールの中で、自宅でも気軽にプライベートサウナを楽しみたいという想いから、新居への移転を機にプライベートサウナの購入を決意、今回のtotonoüの家庭用サウナの導入に至りました。

※藤森慎吾氏YouTubeチャンネルより引用(以下同様)


■ガラス張りのデザインサウナは、最高110度の本格仕様

今回導入いただいたのは、エストニア産の家庭用サウナ「Auroom Cala Glass」です。前面がガラス張りであることが特徴で、素材にサウナに適したサーモウッド(Thermo Aspen)を使用しています。


同製品はエストニアで一つひとつ手作りで製造されたキット品で、一度エストニアで組み立てて確認してから輸送されるため、その品質の高さが特徴となっています。北欧仕様の本格サウナでありながら、組み立てが半日程度で完了する手軽さが人気となっており、すでに都内を始めとするマンションや賃貸物件での導入が進んでいます。




ストーブにはスウェーデンのTylo Sense Eliteを採用。最高110度まで室温を上げることができ、ロウリュも可能です。Wi-Fi操作機能を活用すると、スマートフォンのアプリ上からサウナのスイッチをオンにすることができるため、帰宅と同時にサウナを楽しんでいただけます。




■サウナと共にある暮らしを、日本で。

totonoüが拠点を置くエストニアには、数十万のサウナがあるとされており、人々は日常的にサウナを楽しんでいます。郊外の一軒家には勿論のこと、都市部のマンションや賃貸物件にもサウナは付いており、自宅でサウナを楽しむことは珍しいことではありません。日本人が自宅のお風呂を持ちながらも温浴施設に足を運ぶように、エストニア人も自宅のサウナを楽しみながらも、自宅とは異なる温浴施設のサウナを楽しみます。




一方、日本では「サウナ付きの住宅」はまだまだ珍しく、サウナ人気とは対象的にサウナの絶対数、特に家庭用サウナの設置事例はそれほど多くありません。また家庭用サウナ設置に際しては、各種行政機関との協議や、管理組合との合意形成、オーナーへの説明など様々なハードルがあります。




totonoüでは、藤森氏を始めとするインフルエンサー様とのコラボレーションを加速し、日本における「サウナと共にある暮らし」の様子を積極的に発信すると共に、行政協議・管理組合説明用の資料を用意するなど実務面のサポートも無料で行い、日本中が「ととのう」ための後押しをして参ります。


■本件に関するお問い合わ先

totonoü お問い合わせ窓口 : https://totonou.co/
家庭用サウナ製品ページ:https://totonou.co/collections/katei-solo-sauna
今回導入いただいた製品:https://totonou.co/products/auroom-cala-glass-fujimori

■FILLLLAGEについて

FILLLLAGE(フィレッジ)は、藤森慎吾氏が主宰するオンラインコミュニティです。
「家族でも、友人でも、仕事でもない4番目の場所をつくる」をコンセプトに、実際の土地やオンライン上の架空の村で村づくりを行っています。
http://fillllage.net/community/


■totonoüについて

totonoüは、“サウナと共にある暮らし”で、“心とビジネスがととのう”を目指すフルリモート企業です。北欧・エストニアと日本を中心に「ととのえる」を専門とするメンバーたちが世界各国からフルリモートで勤務しています。現在は、家庭用・事業用の両面で、北欧・エストニアサウナの輸入・販売を行っています。
https://totonou.co/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)