美容・健康

日本で初輸入!!オレンジCBDの水溶性を販売開始発表!

CBD California Trading Company 合同会社
更に幅広いCBDの商品化に期待が広がります。

CBD California Trading Company合同会社(東京渋谷区本社 代表:黒田美耶)は、ロサンゼルスのバイオテクノロジー企業PureForm社(本社:ロサンゼルス)と提携しオレンジCBD水溶性原料の輸入開始を発表。 通常、CBD原料は脂溶性原料を用いて製品を作られています。 そもそもCBDはその性質上、水にはほとんど溶けません。 そのため、CBD製品はCBDオイル、CBDVAPE、CBDグミ、などとそのほとんどが脂溶性CBDを使用しています。 水溶性原料はその特性を活かし、水や化粧水などにも溶けやすい原料であり、CBD製品を製造する業者は 幅広い開発が出来ることが可能になりました。



(CEO:miya kuroda)

オレンジCBDの原料を輸入開始した、Miya Kuroda代表(CBD California Trading CompanyのCEO)は、
『弊社の目的は、日本人が質の良いCBDに出会って貰えることを目的としており、弊社がロサンゼルス現地で見極めたオレンジ由来のCBD原料で、沢山の美容、医療、健康業界に携わる企業様が弊社の原料を使って素晴らしい商品を作って頂き、消費者に届けて頂けることを願っています。』と語っています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

水溶性CBDのメカニズム
水溶性オレンジCBDは、 独自で研究したテクノロジー技術により水分子と混ざり合うように加工しています。

水溶性CBDがもつメリット


我々人間の体は50%~60%が水分でできており、水分を吸収しやすい傾向にあります。そのため脂溶性CBDよりも水溶性CBDの方が、人体への吸収効率は高いと言われています。
水溶性CBDは脂溶性CBDより吸収効率が高いため、脂溶性CBDと同じ効果をごくわずかな摂取量で実現可能です。
水溶性CBDは体への吸収速度も早いことがわかっています。
水溶性CBDは水や食品と簡単に混ぜ合わせることができます。これにより、普段飲んでいるドリンクなども、CBD入りのドリンクにすることができます。
マリファナ由来の原料はどうしてもマリファナの独特の臭いが残ってしまうのに対し、オレンジ由来のCBDは無味無臭の為、どんな食品にも混ぜ合わせても臭いが邪魔することはありません。





CBDに限らず、口から摂取された成分は消化器官を通る過程でその多くが分解・排出されてしまうので、吸収率が低くなるというデメリットがあります。

これに加えてCBDは脂溶性なので水分の多い人間の身体との相性が悪く、血流に取り込まれにくいという点も合わさって吸収率は更に低くなります。経口摂取時のCBD吸収率は6%~15%と考えられています。

これらのデメリットを一気に解消することで高い吸収率を実現したのが、この水溶性CBDです。

オレンジCBDの特徴
□無味無臭
□グルテンフリー
□遺伝子組み換えなし
□無添加

発売記念キャンペーン期間としまして、1gからお試しで購入することが出来、

1g=3,500円を 

5月31日までにご購入を頂いた業者様には、
1g=2,980円でお分けすることが可能です。





是非、このお得な期間中に


お試しくださいませ!

お問い合わせは、info@cbdcalifornia.work
TEL:03-6681-0113
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)