医療・医薬・福祉

Senxeed Robotics、配膳ロボット「KettyBot」を検体搬送用途で国内初導入

Senxeed Robotics株式会社
-海老名駅前開発プロジェクト「ViNA GARDENS PERCH(ビナガーデンズパーチ)」のカラダテラス海老名への導入-

サービスロボットのローカライズとグロース支援を行うSenxeed Robotics株式会社(本社:東京都渋谷区千駄ヶ谷3-13-22-104、代表取締役社長:青柳 和洋、以下当社)は、海老名駅前開発プロジェクト「ViNA GARDENS PERCH(ビナガーデンズパーチ)」にて、社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス(本社:神奈川県海老名市、理事長 谷口 佳浩、以下JMA)が運営するカラダテラス海老名に、配膳ロボット「KettyBot」を検体搬送ロボットとして、国内で初めて導入致します。すでに4月より実運用が始まっており、稼働も順調のため、5月以降も継続的に活用していきます。





ロボット導入の背景

当社では、医療機関向けのロボットソリューションとして、複数のロボットの提案・導入を進めております。
今回、JMAが運営するカラダテラス海老名がViNA GARDENS PERCHに移転することで、検体搬送のためのフロア内移動が200mほどの距離になりました。
検体搬送は1日に何度も行う必要があり、業務改善の一環として検体搬送ロボットの導入が決まりました。当社のパートナー企業であるテクノホライゾン社の協力のもと、フロアを安全にかつスムーズに自律移動できる配膳ロボットの「KettyBot」を導入することで、検体搬送業務の効率化を実現します。


4月のロボット稼働状況




用途:検体搬送
稼働日:月曜日~土曜日
1日平均の走行距離:3km
特記事項:
・人や物にぶつかる等のトラブルは、
 発生しませんでした。
・操作方法も簡単で、担当者もロボットに
 すぐ慣れました。



KettyBotの概要

優れた障害物回避能力や移動能力を有する最新式の広告ディスプレイ付配膳ロボットです。
AI音声対話機能、SLAM機能、複数ロボット協働作業機能等を有し、独自のマッピング機能により作られた地図のエリアでの配膳、広告巡回を安全かつ正確に行います。




医療機関向けのロボットソリューション

当社では、医療機関向けに様々なロボットソリューションをご提案させていただいております。
・検温機能付きコミュニケーションロボット「Cruzr」による、検温業務や案内業務の効率化
・エレベーター連携可能な運搬ロボット「WUUTER」による、院内でのおつかい業務の効率化
・紫外線照射ロボット「ADIBOT」による、自律移動かつ短時間での除菌



Senxeed Robotics(センシードロボティクス)の概要

多様なロボットの導入が拡大していく中で、人とロボットが共生する社会を創っていくことを目指し、国内外のロボットメーカーと連携を図りながら、ロボットの導入、社会実装を進めています。

社名: Senxeed Robotics株式会社(旧:IGP ROBOTICS株式会社)
代表: 代表取締役社長 青柳 和洋
本社: 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-13-22-104
ホームページ: https://www.senxeed.com/
事業内容:
ロボットを活用したソリューションの企画・開発・運営
ロボット向けプラットフォームの提供
海外ロボットメーカーの国内展開、輸入及び代理店


【本リリースに関するお問い合わせ】
担当:田口
電話番号:090-9849-7440  メールアドレス:info@igp-robotics.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)