医療・医薬・福祉

SantenとJBFAがブラインドサッカー日本代表3カテゴリー日本代表ウエア「フロントトップスポンサー契約」を締結

参天製薬株式会社
~Santenがロービジョンフットサル日本代表に初のスポンサー契約~


参天製薬株式会社(本社:大阪市、以下Santen)とNPO法人日本ブラインドサッカー協会(東京都新宿区、以下、JBFA)は、ブラインドサッカー日本代表3カテゴリー代表の「フロントトップスポンサー契約」を新たに締結しましたのでお知らせします。契約期間は、2022年3月から2年間となります。Santenは従来、ブラインドサッカー男子日本代表および女子日本代表とカテゴリースポンサー契約を締結していましたが、今回ロービジョンフットサル日本代表にも対象を拡大しました。なお、ロービジョンフットサル日本代表にとっては初の企業とのスポンサー契約となります。

このたびの「フロントトップスポンサー」の契約締結により、JBFA3カテゴリーの日本代表が着用する「代表ウエア」の胸にSantenのロゴが入ります。日本代表男子は、4月29日から5月5日の強化合宿から、日本代表女子は、4月30日から5月1日の強化合宿から、ロービジョンフットサル日本代表は、4月24日の強化トレーニングから順次着用していきます。


胸にSantenロゴの入ったロービジョンフットサル日本代表ウェア

Santenは「“見える”と”見えない”の壁を溶かし社会を誰もが活躍できる舞台にする」という価値観を変える取り組みとして、2017年にJBFAパートナー、スポ育パートナー、およびアカデミーパートナーとしてJBFAと契約を結びました。2020年10月には、SantenとJBFAは、一般財団法人インターナショナル・ブラインドフットボール・ファウンデーションとともに10年にわたる長期パートナーシップ契約を結び、視覚障がいの有無に関わらず、両者が自然に混ざり合う社会の実現を目的としたプロジェクト”VISI-ONE”(ビジワン)を推進しています。2022年からは、シンボリックな日本代表3カテゴリーをフロントトップスポンサーとして共通に支援するとともに引き続き、共生社会実現のビジョン達成を強力に推進していきます。

以上

Santen(参天製薬株式会社、本社:大阪市)について
Santenは、眼科に特化したスペシャリティ・カンパニーとして、医療用・一般用の医薬品や、医療機器の研究、開発、販売・ マーケティング活動を行っており、世界約60を超える国・地域で製品を販売しています。
Santenが目指す理想の世界、「WORLD VISION」(Happiness with Vision)の実現に向け、世界中の技術や組織・人材をつなぎ、「見る」を通じて人々の幸せを実現するSocial Innovatorとして、眼の疾患や不具合に起因する世界中の人々の社会的・経済的な機会損失を削減することを目指します。
130年の歴史の中で培われた科学的知見や企業力を活かし、製薬企業としての枠を越え、患者さん起点で眼科医療ソリューションの開発と提供に取り組み、価値ある製品・サービスの提供を通じ、患者さんや患者さんを愛する人たちを中心に社会への貢献を果たしていきます。
詳細については、当社ホームページhttps://www.santen.com/ja/をご参照ください。


NPO法人日本ブラインドサッカー協会(JBFA)について
JBFAは、ブラインドサッカー及びロービジョンフットサルを統括する中央競技団体で、「視覚障がい者と健常者が当たり前に混ざり合う社会の実現」をビジョンに掲げ活動しています。競技普及・強化活動と並行して、競技特性を活かした健常者向けのダイバーシティ教育プログラムを展開しています。2018年度朝日スポーツ賞受賞。詳しくは、弊会ホームページ(https://www.b-soccer.jp)をご覧ください。

関連リリース(VISI-ONE)
Santen, JBFA, IBF Foundationが「インクルージョン社会」の実現に向け 10年の長期パートナーシップ契約を締結~競技団体経営の長期的な安定と、「混ざり合う社会」の早期具現化を目指す革新的な試み~
https://www.b-soccer.jp/news/15427-santen_jbfa_press-release_longterm-contract_jpn
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)