医療・医薬・福祉 広告・マーケティング

【豊泉家グループ】芦屋市を走る“福祉車両”で新たな取り組み!《GREEN CABS》が本格始動!

豊泉家グループ(一般財団法人SF豊泉家)
2022年4月にOPENしたCCRC豊泉家 芦屋山手。安心と快適さを提供していく豊泉家の送迎サービスが始まりました!

豊泉家のオリジナルブランドである“福祉車両”《GREEN CABS》。2022年4月、CCRC豊泉家 芦屋山手(特別養護老人ホーム・介護型ケアハウス)のOPENにあわせて運行開始!アイドルタイムを活用して独自の取り組みも開始します。


この度、CCRC豊泉家 芦屋山手(特別養護老人ホーム・介護型ケアハウス)のOPENにあわせて、“福祉車両”《GREEN CABS(グリーンキャブス)》の運行を開始いたしました。
豊泉家の福祉車両《グリーンキャブス》車椅子の方でも安全に乗り降りすることができます。ご自宅と介護ホームをつなぐ足として、地域の皆様の『訪問』・『来訪』の外出をアシストしてまいります。



CCRC豊泉家 芦屋山手は高台に位置し、素晴らしい景観が拡がっております。そこに住まれる入居者には格別の場所である一方、働くフェロー(スタッフ)には、通勤時のアクセスが悪いというデメリットもありました。そこでこの度、アイドルタイム(稼働せず待機している時間)を活用して、フェローも乗車することのできる仕組みを構築しました。フェロー自身が1番アクセスの良い最寄駅を指定することができ、快適かつ円滑に乗車することができます。
導入後は、通勤の問題が解消されるとともにフェロー同士のコミュニケーションの場としても活用され、相乗効果が生まれてきております。

ご利用者や働くフェローにも優しい環境をつくり、そして地域の皆様のお役に立てる社会貢献を目指して、今後もこのグリーンキャブスを有効活用していきたいと考えています。



GREENCABSの特徴

豊泉家グリーンで彩られた目にも鮮やかな緑の送迎車は、遠くからでも見つけやすく、車体には豊泉家ロゴと豊泉家のキャラクター、予防・医療・介護を提供するAIホスピタルロボット「ゆたかくん」「いずみちゃん」があしらわれており親しみやすく印象に残りやすいデザインとなっています。


「CCRC豊泉家 芦屋山手」は、下記の二つのコミュニティから成り立つホームの総称です。



CCRC豊泉家 芦屋山手 景観


・ナーシングホーム(特別養護老人ホーム)豊泉家 芦屋山手
・介護型ケアハウス 豊泉家 芦屋山手

豊泉家(ほうせんか)グループ(事業主体:社会福祉法人福祥福祉会)は、生涯住み続けられるコミュニティ<CCRC豊泉家 芦屋山手>を2022年4月1日に新設OPENいたしました。
“Continuing Care Relife Community”として、「第二の人生を幸せに、生涯住み続けることができるコミュニティ」を目指し、兵庫県芦屋市にて「自立と自由の家」をご体感いただけるホームを目指してまいります。

〈CCRC豊泉家 芦屋山手〉
・ナーシングホーム(特別養護老人ホーム)豊泉家 芦屋山手(対象:要介護3以上の方)
・介護型ケアハウス 豊泉家 芦屋山手(対象:要支援1以上の方)

<CCRC豊泉家 芦屋山手>のホームページはこちら↓
https://www.housenka.com/ashiya/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)