医療・医薬・福祉 その他

【豊泉家グループ】芦屋市を走る“福祉車両”《GREEN CABS》にECOなニューフェイスが登場!

豊泉家グループ(一般財団法人SF豊泉家)
2022年4月にOPENしたCCRC豊泉家 芦屋山手。送迎サービスの充実と環境配慮の両立を目指します!

豊泉家のオリジナルブランドである“福祉車両”《GREEN CABS》。 2022年4月、 CCRC豊泉家 芦屋山手(特別養護老人ホーム・介護型ケアハウス)のOPENにあわせて運行を開始しています。 様々なニーズにお応えできるよう、新たな車両を導入し、環境に配慮しつつ、芦屋の街を安全安心、そして快適に走ります。



《GREEN CABS》にECOなニューフェイス登場! ~100年先の地域貢献に向けて~

豊泉家では、CCRC豊泉家 芦屋山手(特別養護老人ホーム・介護型ケアハウス)のOPENにあわせて、"福祉車両"《GREEN CABS(グリーンキャブス)》の運行を開始しています。
ご自宅と介護ホームをつなぐ足として、地域の皆様の訪問・来訪などの『安心・安全』な外出をアシストしてまいります。


芦屋山手は高台に位置し、素晴らしい景観と豊かな自然に恵まれた閑静な住宅地です。
その反面、送迎時に急勾配な坂道も多く、排気量増・エンジン音も大きくなってしまいます。
そこで豊泉家では、オリジナルブランド《GREEN CABS》の車両選定の一部見直しを行い、『環境にも配慮』『安定した走行と乗り心地』等の観点から、環境にも優しいハイブリット車を導入いたしました。
一般的に福祉車両は大人数を送迎する為、またリフトを搭載する為、まだまだ大型のガソリン車が多いことが現状です。微力ではありますが、今回の取り組みを通じて、自然豊かな芦屋を守ることに繋がればと考えております。

『安全性の追求』という観点からも、ドライバーだけでなく同乗者や歩行者の安全も考えて選んだこの車でより安心、より安全を掲げ、豊泉家は地域の皆様に寄り添っていきたいと考えています。

GREENCABS関連記事
https://prtimes.jp/main/action.php?run=html&page=releasedetail&company_id=88706&release_id=110&owner=1

水素車の導入


また、環境負担軽減の為、走行中のCO2を排出しない水素車も導入しております。 豊泉家はこれからも「自立・自由度の高い福祉で社会に貢献する」の理念に基づき、未来に向けた様々な地域貢献に取り組んでまいります。


CCRC豊泉家 芦屋山手の取り組み『SDGs』

「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs エス・ディー・ジーズ)



●ハイブリット車・水素車の導入
●コミュニティと緑の共存(敷地内緑化等によりCO2削減)
●FFC元始活水器による水質改善・調湿空調の導入
●環境負荷の少ない建物の設計      等々



「CCRC豊泉家 芦屋山手」は、下記の二つのコミュニティから成り立つホームの総称です。



豊泉家(ほうせんか)グループ(事業主体:社会福祉法人福祥福祉会)は、生涯住み続けられるコミュニティ<CCRC豊泉家 芦屋山手>を2022年4月1日に新設OPENいたしました。
“Continuing Care Relife Community”として、「第二の人生を幸せに、生涯住み続けることができるコミュニティ」を目指し、兵庫県芦屋市にて「自立と自由の家」をご体感いただけるホームを目指してまいります。

〈CCRC豊泉家 芦屋山手〉
・ナーシングホーム(特別養護老人ホーム)豊泉家 芦屋山手(対象:要介護3以上の方)
・介護型ケアハウス 豊泉家 芦屋山手(対象:要支援1以上の方)


<CCRC豊泉家 芦屋山手>のホームページはこちら↓
https://www.housenka.com/ashiya/


個別相談会・見学会窓口
豊泉家C.I.Sセンター
0120-294-998
下記ホームページからのお申込みも可能です
https://www.housenka.com/ashiya/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)