出版・アート・カルチャー 美容・健康

ドカ食い&深酒の翌日、やるべきこと!『不摂生でも病気にならない人の習慣 なぜ自律神経の名医は超こってりラーメンを食べ続けても健康なのか?』

株式会社小学館
朝食抜き、SNSのチェック・・・あなたのリカバリー方法、間違っていませんか?




カリスマ医師として数々のベストセラーを世に送り出してきた小林弘幸先生。
自律神経の名医ですから、さぞかし心身ともに健康的な生活を送っているかと思いきや、本書のタイトルにあるとおり、背脂たっぷりの「超こってりラーメン」を食べ、さらには、7人前の肉を平らげ、ついつい深酒をすることもあるそうです。
また、怒ると自律神経のバランスを乱すとわかっていながら、スタッフに怒鳴ってしまうことも・・・。

それでも、小林先生はいたって健康体!

なぜなのでしょうか。


‹‹それは背脂たっぷり系のラーメンを食べた後の正しいリカバリーの方法を知っているからです。深酒をした翌朝の正しい過ごし方を理解しているからです。「怒った後の対処法」や「怒らないための処方箋」を学んだからです。
だから健康を害してしまう前に、立ち直ることができます。これがヘルス・リテラシーの力なのです。››
(本書「はじめに」より)

「格差社会」の影響が地域、教育、医療などさまざまな分野に広がっていますが、健康に関する正しい知識=“ヘルス・リテラシー”は、格差の影響をそれほど受けずに高めることができます。ヘルス・リテラシーさえ高ければ、肉体や精神への悪影響は最小限に止められるのです。それなのに、自ら学ぼうとしない人たちや、都合のいい情報だけを信じる人たちが多いのも事実。

こちらにヘルス・リテラシーをチェックする問題を用意しました。
どちらが健康のためにいいかわかりますか?

ガッツリ飲み食いした翌朝のごはんは、【とる or とらない】
精神的疲労が溜まったら?【運動で解消 or 食事で解消】
飲み会がある日のランチは、【しっかり食べる or 軽めに食べる】
ダイエットをしたい人は、【夕食を抜く or 間食をとる】
便秘に悩む人がとるべきなのは、【ごぼう or 海藻】
対人関係でストレスを抱える理由は?【人を信じるから or 人を信じないから】
ひとりの時間がほしいときは?【朝4時に起きる or 夜更かしをする】


この問題のすべての答えが本書にあります。
人生100年時代を不健康に生きるか? 健康に生きるか?
これからずっと嗜好品を我慢するか?“毒抜きのコツ”を実践して楽しむか?
本書にまとめた「小林式処方箋」でヘルス・リテラシーを高めて、生き生きとした毎日をお過ごしください。



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)