医療・医薬・福祉 美容・健康

「アリナミン(R)メディカルゴールド」新発売について

アリナミン製薬株式会社
−症状のつらさが痛みにまできた時におすすめする青のアリナミン錠剤。

アリナミン製薬株式会社(本社:東京都千代田区、以下「当社」)は、このたび、アリナミンシリーズから症状のつらさが痛みにまできた時におすすめする「アリナミン(R)メディカルゴールド」(第3類医薬品)を、5月9日に発売しますのでお知らせします。



アリナミンブランドは、1954年に最初のビタミンB1誘導体製剤「アリナミン糖衣錠」を発売以来、60年以上にわたり、さまざまな疲れの症状、それぞれの時代のシーンにあった製品をご提案し続けてきました。中でもアリナミン錠剤シリーズは、「たまった疲れを感じている方」にお役立ていただきたいと考え、お客様のさまざまな疲れの症状にあった製品ラインアップをご提案しております。

そのような中、目・肩・首すじ・腰といった局所の症状に対して、より効果を求めるお客様に、効果に関する臨床試験データを有する「アリナミン(R)メディカルゴールド」を投入することで、ビタミン剤による痛み市場を提案し、カテゴリー活性化を図っていきたいと考えております。

「アリナミン(R)メディカルゴールド」の広告では、症状のつらさが痛みにまできた時には青のアリナミン「アリナミン(R)メディカルゴールド」での対処がおすすめであることや、効果に関する臨床試験データをもっておりWebで公開しているといった、製品特徴をわかりやすく伝えていきます。

当社は今後もアリナミンブランドの製品ラインナップをさらに充実させ、幅広い層のお客様の生き生きとした毎日の生活に貢献できるよう、一層努めてまいります。


製品名
「アリナミン(R)メディカルゴールド」 (第3類医薬品)
https://alinamin.jp/lineup/alinaminmedicalgold.html
発売日
2022年5月9日(月)
容量・メーカー希望小売価格
21錠  1,628円(税抜価格 1,480円)
45錠  3,300円(税抜価格 3,000円)
105錠 5,500円(税抜価格 5,000円)
効能
次の諸症状の緩和
眼精疲労、筋肉痛・関節痛(肩・首すじのこり、腰痛、五十肩など)、神経痛、手足のしびれ
「ただし、これらの症状について、1ヵ月ほど使用しても改善がみられない場合は、医師または薬剤師に相談すること。」
用法・用量
成人(15歳以上)は1回1錠、1日3回食後すぐに水またはお湯で、かまずに服用する。
特徴
●吸収にすぐれたフルスルチアミン(ビタミンB1誘導体)に加え、末梢神経修復に関与するメコバラミン(活性型ビタミンB12)、神経の機能維持に関与するピリドキサールリン酸エステル水和物(活性型ビタミンB6)を配合し、「目の奥の疲れ」「肩・首すじのこり」「重い腰の痛み」などのつらい症状にすぐれた効果をあらわします。
●体のすみずみの血液循環に関与するコハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)を配合し、さらに葉酸、ガンマーオリザノールを配合しています。
●黄色の糖衣錠でのみやすく、1回1錠、1日3回で効果があります。
成分( 3錠中)





お客様からのお問い合わせ先
アリナミン製薬株式会社 お客様相談室 0120‐567‐087
受付時間 9:00~17:00 (土、日、祝日を除く)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)