医療・医薬・福祉 ホテル・レジャー

東武池袋駅構内での中和抗体ステーション開設のご案内

株式会社TokyoMB
株式会社TokyoMB (本社:東京都港区、代表取締役:篠崎桐子)は東武トップツアーズ株式会社(本社:東京都墨田区、社長:百木田康二)と連携し、「中和抗体検査ステーションARUNO池袋」を5月9日(月)(5月2日プレオープン)に、東武池袋駅構内にある東武トップツアーズの店舗において開設することをお知らせいたします。


「中和抗体検査ステーションARUNO池袋」では、新型コロナウイルスワクチンの効果を測定する指標の一つである「中和抗体の量」を測定し、独自の「免疫パスポート」を発行します。一刻も早い経済活動再開が求められる中、当社は、中和抗体量の把握とそれに応じた感染対策の普及を推進することにより、感染リスクの低減と経済活動の維持を高い次元でバランスさせる「“日本型の”with コロナ、新しい日常」を後押しする取り組みを目指します。その最初のモデルとして、旅行再開をテーマにした検査ステーションを開設することといたしました。

医療機器である「ARUNO」は、自己採血による一滴の血液だけで中和抗体の定量検査が可能であり、WHO基準の国際標準単位で結果を知ることができます。サポートスタッフのアドバイスにより、18才以上の成人はどなたでも測定が可能です。
約20分後には、「免疫パスポート」、「感染対策ガイドブック~旅行編~」、「継続的に抗体量を管理できるアプリ」を受け取ることができます。

当社では、中和抗体測定を通してGo Toトラベル/イート、各種イベントの再開を始め、経済活動の正常化に貢献していけるよう、努めて参ります。
免疫パスポート
組織と地域全体の安心安全
管理アプリ
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)