広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

富士薬品グループの仲間たちが出演するブランドムービーを公開!合わせてテレビCMの放送も開始

株式会社富士薬品
医薬品の研究開発から製造・販売までを行う複合型医薬品企業の株式会社富士薬品(本社:埼玉県さいたま市 代表取締役社長 高柳 昌幸、以下「富士薬品」)は、富士薬品グループのスローガン「とどけ、元気。つづけ、元気。」を伝えるブランドムービー「とどけ、元気。つづけ、元気。 Team富士薬品」(135秒)を制作し、本日2022年5月9日(月)に公開しました。


「とどけ、元気。つづけ、元気。 Team 富士薬品」は、富士薬品グループで働く日本各地の仲間たちから募った映像と、実際に働く現場で撮影した映像を活用して作り上げた、従業員参加型のブランドムービーです。
また、同日より、同ブランドムービーのショートバージョン(30秒)をテレビCMとして、関東・関西・名古屋を除く各県で放映するほか、以下の全国放送の番組においても放映を予定しています。


日曜日の初耳学  5月15日(日)22:00~22:54 TBS系列
news zero   5月27日(金)23:30~24:30 日本テレビ系列


富士薬品グループブランドムービー 135秒:



富士薬品グループブランドムービー 30秒:




ブランドムービー「とどけ、元気。つづけ、元気。 Team 富士薬品」

本ムービーには、人が生活していく中で抱える健康に関する課題に真摯に向き合い、お客様の元気な毎日を願いながら商品やサービスをお届けする、数多くの富士薬品グループで働く仲間たちの姿が収められています。これにより、「とどけ、元気。つづけ、元気。」のスローガンのもと、すべての人が健康的で笑顔に満ちあふれた毎日を過ごせるようサポートする、富士薬品グループの活動を広く伝えるものとなっています。


ムービーのポイント

映像には、医薬品を研究開発する研究員や、製造に携わる工場スタッフ、医療従事者向けに営業活動を行うMR、ドラッグストアで接客するスタッフ、配置薬販売の営業員など、富士薬品グループの仲間たちが多数登場します。お仕事の内容は違えども、すべての人の元気な毎日を支えつづけることをめざして、それぞれ活動しています。


▲2剤を創薬した新薬の研究開発
▲医薬品・健康食品を製造する工場
▲ お客様のもとへお薬をお届けする配置薬
▲薬の専門家として患者に寄り添う調剤薬局
▲日常生活を支えるドラッグストア
▲安心と信頼の地域拠点としてのドラッグストア




グループスローガン「とどけ、元気。つづけ、元気。」

富士薬品グループのスローガン「とどけ、元気。つづけ、元気。」には、人生100年時代を生きるすべての「ひと」の元気な生活を支える企業でありたいという意志を込めています。2030年に迎える創業100周年に向け富士薬品グループは、このスローガンのもとに全社一丸となり、お客様をはじめひとの暮らしにあらゆる場面で寄り添い、元気で健やかな日々を支えてまいります。


富士薬品について

富士薬品は、1930年富山県富山市における配置薬販売事業の創業からスタートし、現在では配置薬販売事業に加えて、ドラッグストア・調剤薬局事業、医薬品製造事業、医薬品研究開発事業、医療用医薬品販売事業を展開する複合型医薬品企業です。スローガン「とどけ、元気。つづけ、元気。」のもと、富士薬品グループ全体で日本全国に1,360店超(2021年3月時点)を展開する「セイムス」ブランドを中心としたドラッグストアと、全国に広がるラストワンマイルを埋める配置薬販売ネットワーク、そして医療用医薬品の研究開発力を生かし、誰もが豊かな人生を送れる社会の実現に向けて、ひとの暮らしのあらゆる場面で寄り添い、元気な生活を支え続けてまいります。



株式会社富士薬品 会社概要  URL:https://www.fujiyakuhin.co.jp




※プレスリリースに掲載されている情報は、発表時点の情報です。予告なく変更する場合があります。
 あらかじめご容赦ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)