インテリア・雑貨 美容・健康

10分で目標達成!12日で850万超え!あなたの歯の状態に合わせて最適なフロス糸を選択できる「国産チタン製フロス交換ハンドル/FLOSSTI」

株式会社Matelia
最適なフロス糸で磨けてますか?フロスハンドルはあなたの歯の状態に最適なフロス糸を選んで使えます。Y字型フロスで磨きにくい奥歯でも使いやすい!フッ素加工で歯を強くやステインケアのフロスも対応◎!

株式会社Matelia (本社: 神奈川県横浜市、代表取締役CEO: 田村 りょう)は、あなたの歯の状態に合わせて最適なフロス糸を選択できる「国産チタン製フロス交換ハンドル/FLOSSTI」をクラウドファンディングサービスサイト「Makuake」にて、2022年04月27日より先行販売を開始いたしました。開始12日、応援総額850万及び目標達成率8500%を突破したことをご報告させていただきます。






クラウドファンディング概要

・URL:https://www.makuake.com/project/matelia2/
・実施期間:2022年04月27日~2022年6月6日
・お届け予定:2022年09月末予定
・主催:株式会社Matelia
・企画協力:株式会社マクアケ

あなたは最適なフロス糸で磨けていますか?

市販の多様なフロス糸/素材。
それぞれ機能が違う事は知ってますか?

人の歯は100人いれば100通りの歯並びが
あり、歯や歯ぐきの状態、磨きの強弱や、

フッ素で歯を強く、キレイにするなどの
最適な用途のフロス素材が選択できます。

歯間の汚れや口臭エチケットが
気になる方へ

「ありそうでなかった」

どんな糸でも交換して磨ける
国産の「チタン製フロス交換ハンドル」

従来のフロス糸のように指と口元を
ヨダレだらけにしなくても磨けるのです。

歯の状態でフロス糸を使い分けるって本当!?

フロスハンドルFLOSSTIは市販のあらゆる
機能のフロス糸に対応していますので、

歯並びや歯ぐきの状態などにより、
最適な素材、最適な張り具合で調整が可能

さて、代表的なフロス糸の素材は...


※自社調べ
あらゆるフロス糸を使い分けながら、
未体験の使い心地で使えます。

「ありそうでなかった」好きなフロスで磨く常識

チタン製フロスハンドルのFLOSSTIと他の
フロスケアグッズを比較してみると...

※自社調べ
市中のプラ製のフロスハンドルは、
菌の繁殖など衛生的ではありません。

創業68年。医療器メーカー本気のデンタルケアグッズ



チタン製フロスハンドルFLOSSTIは
その使い心地にこだわり抜いて、
試作を繰り返し、構想だけで約1年。

難しいチタン加工も創業68年の
職人技/国産技術で作られます。

●Y字型ハンドルの採用
口の中で動かしやすいY字型で
奥歯などフロスしにくいところも、
歯ぐきを傷めることなくスマートに
しっかりとフロスできます。

※一番奥の歯もしっかりフロスできる

●フロスの緩さを調整可能
独自設計の先端部分の形状で、
フロスをしっかり固定。

テンション強めも、ゆるく固定も
あなたの好きな張り具合に調整できます。

●抗菌素材のチタンを採用
医療器製造で培ったチタン研磨の技巧で
鍛え、磨き上げた一生モノの逸品です。

また抗菌素材のチタンは衛生的で
お手入れも水で流して拭くだけです。
※チタンが本来持つ機能についての表現で
本製品での抗菌性試験は実施していません

使い方カンタン チタン製フロスハンドル





コストを6割削減し、約1年でペイする投資

フロスハンドルは一度買ってしまえば
フロス糸だけを消耗品として買うだけで、
繰り返し使えます。

デンタルグッズは毎日1~3回消費するので
トータルで大幅にコストが削減でき、

繰り返し使えるフロスハンドルは、
1年ほどの使用期間でペイできる投資
なのです。

※自社調べ

その差額4,015円の節約効果があります。

チタン製フロスハンドルは
約6割のコスト削減効果があり、

もしあなたが5人家族であれば、
年間で20,075円のデンタルケアグッズの
コストを削減することができるのです。

しかも 今はエコが推奨されている時代です

使い捨てのプラ製Y字フロスは1本2g程度で
レジ袋2枚分のプラスチックゴミが出ます。

1年間で換算すると1人当たりおよそ730枚
ものレジ袋を消費している計算なのです。

フロスは年間レジ袋730枚分のゴミに!?


歯と美容と健康を磨き、健康寿命100年時代へ

清潔にしていれば良い影響を与えますが、

不潔にしてしまうと、
スメハラになったり、歯のトラブルや
病気などのリスクが発生します。

デンタルケアはお口の中を清潔に保ち、
お口エチケットをするだけではありません

お口は全ての入り口であるため、
食べ物などと一緒に、歯間の汚れ・細菌が
そのまま体内に流れ込みます。

これにより呼吸器疾患や心疾患のリスクが
上がるという研究結果も出ています。

健康と美容は
当たり前の習慣こそ磨けと言います。

フロスハンドルで、
歯と美容と健康を磨きましょう。



フロスハンドルQ&A

Q:市販のフロス糸は使えますか?
A:基本的にほぼ全てのフロス素材と互換性があり、利用可能です。あなたの歯の状態に合わせて最適なフロス素材をお選び頂けます。
因みにフロス素材は、ポリエステル素材、ナイロン素材、ポリエチレン素材、マイクロ繊維、スポンジフロス、エクスパントタイプ、フィラメントフロスなどで、各種加工でワックスコーティングやフッ素加工、ステインケア、香料追加などがあります

Q:原産国はどこですか?
A:日本です

Q:フロスハンドルの効果は?
A:フロスの効果という点で、どんなに丁寧に磨いたとしても、歯ブラシだけでは口の中は6割しかキレイにならないと言われていますが、歯ブラシで届かない歯間のプラークと言われる食べカスなどで歯のトラブルや息の臭いの原因を80%~90%を除去すると言われており、オーラルケアは日本人のおよそ7割もが実践しています。



Q:FLOSSTIはどういうところで作られましたか?
A:日本メーカーで創業68年。医療器を製造する工場で作られ、その技術力をデンタルケア/オーラルケアグッズに活かして、チタン研磨、製造をされております。

Q:お手入れ方法は?
A:使用後に水洗いして、拭くまたは自然乾燥させるだけで、楽々メンテナンスで繰り返し使えます。

Q:どのくらいのお金の節約になりますか?
A:上記記事と重なりますが、チタン製フロスは一人年間1,460円程度に対して、プラスティック製フロスは一人年間5,475円程度で、1人当たり年間4,015円程度、約6割ものコスト削減効果があります。

Q:脱プラの効果も教えてください
A:使い捨てのプラスティック製のY字フロスは1本2g程度で、レジ袋(小)換算で2枚分のゴミが出ます。
1年間で365日×フロス1個(レジ袋2枚分)とすると、1年間で730枚のレジ袋を消費している計算になります。
その分のプラゴミを削減しているカーボンニュートラル、循環社会に対応した次世代のオーラルケアグッズです。

さらに詳しい商品情報やリターンについては下記よりご確認ください。

・URL:https://www.makuake.com/project/matelia2/
・実施期間:2022年04月27日~2022年6月6日
・お届け予定:2022年09月末予定
・主催:株式会社Matelia
・企画協力:株式会社マクアケ

株式会社Mateliaについて

2008年に創業以来『埋もれた逸材を世に出す会社』をコンセプトに、より良いものがきちんと世に生み出され広がることを応援する仕事をしております。

通算2000件以上の逸材(ヒト/モノ)のプロモーション、プランニングに関わるプロとしての経験を活かし、今回のプロジェクトを実現いたしました。

株式会社Matelia概要

会社名:株式会社Matelia
本社所在地:〒221-0844 神奈川県横浜市神奈川区沢渡45−1 2F
代表者:代表取締役長 田村 りょう
事業内容:PRコンサルティング、通販事業、店舗運営、卸業、貿易事業 など
URL:http://www.matelia.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)