金融 ビジネス・コンサルティング

SOMPOひまわり総健リサーチ第3弾「日本のFemtech(フェムテック)市場の可能性に関する調査」

SOMPOひまわり生命保険株式会社
~注目を集めるFemtech、女性の半数以上が期待、改善を希望する分野は「生活習慣」「ストレス」「更年期」~

SOMPOひまわり生命保険株式会社(社長:大場 康弘、以下、「当社」)は、健康応援企業としての取組みをさらに発展させるために、昨年11月より健康に関する調査・研究・情報発信チームとして「SOMPOひまわり総合健康応援団※1」(以下、「SOMPOひまわり総健」)を発足しています。 この度、このSOMPOひまわり総健リサーチ第3弾として、全国の女性1000名に対して、世界的に注目を集める“Femtech(フェムテック)”(女性の健康問題をテクノロジーで解決する分野)に関する調査を実施しました。


当社では、乳がんの早期発見・万が一の保障・治療後のケアまで、トータルにサポートする女性のためのがん保険「リンククロスピンク(https://linkx.life/lp/pink/product/)」(2018年8月発売)など女性の健康をサポートする商品やサービスを以前より展開しています。また、健康経営の一環で女性の健康に積極的に取り組むことが評価され、健康経営優良法人2020(ホワイト500)にも認定されました(参考情報:https://www.himawari-life.co.jp/~/media/himawari/files/company/topics/2019/a-01-2020-03-02.pdf、別紙参考資料参照)。女性の健康に積極的に取組む企業として、当社は昨日3月8日の世界女性デーにあわせ、本調査の結果を発表します。この調査結果をもとに、新たな健康応援商品・サービスの開発や健康経営の取組みを強化し、全ての人が生きいきと健康に生きられる社会を作っていくことを当社は目指してまいります。
※1「SOMPOひまわり総合健康応援団」は広報グループ内の特別チームとして発足しました。

1.調査結果サマリー




2.調査概要



※各調査結果の詳細は次頁以降をご参照ください。
※本調査結果をご利用の場合は、「SOMPOひまわり総健調べ」のクレジットを併記ください。

SOMPOひまわり総合健康応援団の発足背景・概要
SOMPOひまわり生命では、2016年度より商品・サービスを通じてお客さまが健康になることを応援する健康応援企業として、保険本来の機能(Insurance)に、健康を応援する機能(Healthcare)を組み合わせた、「保険+健康(Insurhealth(R):インシュアヘルス)」を提供しています。
「SOMPOひまわり総健」は、この健康応援企業としての取組みをさらに強化し、今後、“人生100年時代の健康”を軸に、幅広い世代を対象に調査・研究を行い、世の中の動きにあわせた様々な取組みを情報発信してまいります。
■参考:第1弾調査「7歳の人生100年時代調査(2019年11月13日発表https://www.himawari-life.co.jp/~/media/himawari/files/company/news/2019/a-01-2019-11-13.pdf
第2弾調査「糖尿病予備軍 と 非予備軍 の 生活習慣比較調査(2019年12月24日発表)」
https://www.himawari-life.co.jp/~/media/himawari/files/company/news/2019/a-01-2019-12-24.pdf






PART1.日本におけるFemtechの認知度
Femtech(フェムテック)とは、Female+Technologyを組み合わせた造語で、月経トラッキングや、排卵日予測、不妊治療から更年期障害支援にいたるまでの、【女性のからだ・健康の悩み】をテクノロジー全般で解決できる分野のことを指します。一般的にはまだ馴染みのない言葉ですが、世界的には大きな注目を集めており、世界全体でのFemtech業界への投資額は2012年の約60億円規模から2019年の約800億円規模※2となり、10倍以上に増加。2025年には世界での市場規模が約5兆円規模になるという推測※3もあります。
※2出展:Forbes(リリース日時点)
https://www.forbes.com/sites/estrellajaramillo/2020/01/08/femtech-2020-investors-trends-and-opportunities-in-womens-health-technology/#709413fd7d54
※3出典:英シンクタンクFrost & Sullivan(フロストアンドサリバン)FEMTECHに関するレポート(2018)
https://ww2.frost.com/files/1015/2043/3691/Frost__Sullivan_Femtech.pdf

日本でも、Femtechを紹介するイベント『Femtech Fes!!』が2019年9月に東京で開催されるなど、徐々に注目されているキーワードです。まずは、Femtechの認知度や関心について、日本の働く女性たちに聞いてみました。



Q1
Q2
Q2-2
Q3
Q3-2
PART2. 女性の悩み別Femtechの現状
続いて、Femtech(フェムテック)によって解決を期待する様々な女性のからだ・健康の悩みについてより詳しく調査してみました。



Q4
Q4-2
Q5-1
Q5-2
*5-3注:年間平均投下金額(利用者のみの平均は)該当分野のサービスを利用していると回答した人の利用額の平均となります。
PART3.働く女性とFemtech
では、今回調査を行った働く女性にとって、Femtechはどんな役割を果たす可能性があるのでしょうか?働く女性の現状と、職場におけるFemtechの導入可能性などに焦点をあてて調査を行ってみました。



Q6&7
Q8
Q9
Q10
Q11




Q12
Q13注:回答者それぞれが現状を100%とした場合に、どれぐらいパフォーマンスがプラスされるかを0~100の幅で回答。その平均値を集計した結果となります。
Q14
PART4. 今後のFemtechの可能性
今後、取組みが広がることで働く女性の様々な悩みを解決できる可能性があるFemtechですが、どんな分野のサービスについて、市場の可能性は広がるのでしょうか?各分野ごとに、悩みを解決することができるサービスにはどれぐらいの費用を投下してもよいと考えるかについて調査してみました。



Q15-2注:全回答者の14分野への年間投下可能金額の平均値の合計から算出しました


<別紙参考資料:SOMPOひまわり生命の“女性の健康”にむけた取組み>
https://prtimes.jp/a/?f=d51296-20200309-2465.pdf
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)