医療・医薬・福祉

配膳・運搬ロボット「Servi アイリスエディション」山口歯科クリニックで本格稼働開始

アイリスオーヤマ株式会社
歯科クリニックで初導入(※)

 アイリスオーヤマ株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:大山 晃弘)は、ソフトバンクロボティクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:冨澤 文秀)が開発・製造する配膳・運搬ロボット「Servi アイリスエディション」を、全国の歯科クリニックで初めて(※)、山口歯科クリニック(所在地:茨城県筑西市、院長:山口 和郎)に本格導入しました。




 「Servi アイリスエディション」は、飲食店やホテル・旅館、小売店などで従業員と共に配膳や運搬を行うことを目的に開発したロボットです。昨今、飲食・サービス業界では、新型コロナウイルス感染症の拡大と長期化の影響で人手不足が深刻な課題となっており、その解決策として、業務効率化による生産性向上と非接触などを実現する配膳・運搬ロボットへの関心が高まっています。

 山口歯科クリニックは、「Servi アイリスエディション」を患者のカルテや治療器具等の物品の運搬に活用しています。同クリニックでは、約450平方メートル の院内に1日約100人の患者を受け入れています。医療スタッフにとって、上記の物品を抱えて広い院内を1日に数十往復することは大きな負担であり、その軽減が課題になっていました。

 導入前の試験稼働では、1日約2kmの物品運搬をロボットが代行することでスタッフの負担を大きく軽減しました。さらに、会計の待ち時間を3割以上削減でき、スタッフはその空いた時間を患者との対話など人にしかできない業務に多くの時間を充てられ、ホスピタリティの向上と働く環境の改善にもつながりました。

 当社は今後も、アイリスグループの総合力を活かし、効率的な業務の実現と働く環境の改善のために最適なソリューションを提供していきます。

■「山口歯科クリニック」について
 茨城県筑西市にある山口歯科クリニック。広さ約450平方メートル の院内に8つの診療室や手術室、個室の予防ルームのほか、カウンセリングルームやキッズスペースまで備え、1日約100人の患者を受け入れている大規模な歯科クリニックです。一般歯科治療だけでなくインプラントや矯正、審美歯科など、患者のあらゆるニーズに応えるために、専門分野に精通した5名の歯科医師を始め総勢36名のスタッフで治療に当たり、地域で高い支持を得る「通いたくなる歯医者さん」です。

■「Servi アイリスエディション」詳細はこちら
https://www.irisohyama.co.jp/b2b/robotics/products/servi/

※ 当社調べ。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)