食品・飲料 医療・医薬・福祉

人を中心として考えるコーヒーの驚きの味わい 「アイスカプチーノ」「コールドブリュー」販売開始【ソーシャルグッドロースターズ】

一般社団法人ビーンズ
障がいのあるバリスタや焙煎士が活躍するソーシャルグッドロースターズでは、新商品「アイスカプチーノ」と 「コールドブリュー」を7月1日(金)より販売開始いたします。



多様な個性がともにつくりあげるソーシャルグッドロースターズの商品は、生豆の取り扱いから商品を提供するまで、全ての製造プロセスに全てのスタッフが関わることができるよう工夫があります。
福祉施設としての理念や、サステイナブルな取り組みが、コーヒーの専門性と相まってドリンクの味わいを一層ひきあげ、他にはないコーヒーを生みだしました。
コーヒー農園の生産者、ソーシャルグッドロースターズで働くスタッフ、コーヒーを手に取るお客様...
関わる全ての「人」を中心としてつくりあげるコーヒーを、ぜひお召し上がりください。
どちらも暑い夏に飲みたくなるアイスドリンクです。

販売は店頭のみとなります。 提供までの時間は、コーヒーの製造過程をご覧いただきながら、焙煎機ギーセンからあふれる香ばしい香りをお楽しみください。


アイスカプチーノ




ソーシャルグッドロースターズの「ホームラテベース」をアレンジした冷たいカプチーノ。 たっぷりのホイップミルクに、「ホームラテベース」とカスカラシロップをあわせたデザートドリンクです。 カスカラの持つフルーティな酸味と、コーヒーのコク、甘いミルクの見事なハーモニーを、ふわふわとした食感とともにお楽しみください。

550円 (税込)
ホイップミルク、ホームベースラテ(無糖もしくはデカフェ)、 カスカラシロップ、カスカラ


 ー

<カスカラとは>

コーヒー豆を製造する過程で捨ててしまうコーヒーの果肉を干したもの。 アサイーの15倍の抗酸化力を持つスーパーフードとして注目を集めています。 小規模農園の支援に繋がるサステイナブルな取り組みとして、カスカラを商品に採用しています。



コールドブリュー



看板ブレンドであるソーシャルグッド・ブレンドを、24時間かけて抽出した、口当たりまろやかなコーヒー。 焙煎豆の挽き目を調整し、クリアな味わいに仕上げました。挽き豆を長時間水に漬け置いても渋みがないのは、ハンドソーティングの工程で欠点豆を徹底的に取り除いているため。何度も飲みたくなる、飽きのこないコーヒーをご堪能ください。

450円(税込)
ソーシャルグッド・ブレンド(コロンビア、エチオピア、ブラジル)


<ハンドソーティングとは>

生豆の形や大きさが不揃いな豆や、青カビが付着したカビ豆を、人の手と目を使って徹底的に取り除き、欠点豆と、製品になる豆とにより分ける作業のことです。 10種類以上の欠点豆を選り分け、選び抜いた豆のみを焙煎することで、安全性が高く、雑味のないクリアな味わいを生み出しています。 一回の焙煎量(~6kg)を、20名以上のスタッフがほぼ1日かけて丁寧にハンドソーティングしますが、これはスタッフが多く、非営利で運営するソーシャルグッドロースターズだからこそ実現できる作業です。


社会貢献に繋がるコーヒーづくり



ソーシャルグッドロースターズは、コーヒーの売り上げを寄付や支援活動へ運用する完全非営利の福祉施設です。 「コーヒー豆の取引」も社会貢献活動のひとつとして、支援を必要とするコーヒー豆の生産者と継続的なフェアトレードを続けています。 取引をするコーヒー豆は味わいや品質だけでなく、農園の背景などを重視して選定しています。ソーシャルグッドロースターズのコーヒーを購入することは、社会貢献へ参加することでもあり、現地で働く人々や生産地域の発展へと繋がります。
こうした、支援される側だと思われている障がい者が、支援する立場となることで社会との対等な関係性を構築する仕組みや、就労支援における取り組みが評価され、2020年には「グッドデザイン賞」、2022年2月には優れたユニバーサルデザインを表彰する「IAUD国際デザインアワード」で金賞を受賞しました。



店舗|ソーシャルグッドロースターズ 千代田
住所|東京都千代田区神田錦町1丁目14-13 LANDPOOL KANDA TERRACE 2F
電話番号|03-6811-0895
HP|https://sgroasters.jp
Facebook|https://www.facebook.com/socialgoodroasterschiyoda
Instagram|https://www.instagram.com/social_good_roasters
Twitter|https://twitter.com/sgroasters

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)