スポーツ・アウトドア 美容・健康

K-1初の女子大会「K-1 RING OF VENUS」6.25(土)代々木 フライ級王者KANA、初防衛戦の相手決定!☆SAHO☆・高梨knuckle美穂・山田真子が世界の強豪を迎え撃つ!

K-1実行委員会
KANA「ダウンの応酬になるかもしれない。それでも最後は自分が失神KOで勝ちます」

 5月10日(火)都内にて、6月25日(土)国立代々木競技場第二体育館で開催されるK-1初の女子大会「K-1 WORLD GP 2022~RING OF VENUS~」の第3弾カード発表記者会見が行われました。



第1弾カード発表記者会見で日本vs世界・3対3への出場が決定していたKANAは、自身が保持するK-1女子フライ級王座をかけた防衛戦を志願。中村拓己プロデューサーもKANAの申し入れを承諾し、この日の会見でKANAの挑戦者としてスーリ・マンフレディが発表されました。

マンフレディはタイ在住のフランス人ファイターで、WBCムエタイの世界ランキングでも上位に名を連ねる世界的な強豪。現在はタイで試合を重ねているほか、素手で戦う“世界一危険な立ち技格闘技”ミャンマーラウェイでWLC女子バンタム級王座のベルトも保持し、タイで開催されている素手で戦うイベント「BKFC(Bare Knuckle Fighting Championship)」にも出場。43戦33勝(20KO)9敗1分と高いKO率を誇る危険なファイターです。

中村プロデューサーは「女子大会の開催を発表して、世界中からこの大会に出たいというたくさんの申し出がありました。KANA選手の相手を選んでいく中で、ずばりマンフレディ選手は一番危険な相手だと思って挑戦者に決めました。僕も記者時代から色んな女子選手の試合を見ていきましたが、ここまでえぐい試合をする選手を見たことはありません。間違いなく、K-1ルールで戦っても持ち味が出ていい試合ができる選手だと思いますし、KANA選手にとっても危ない相手だと思います」とKANAにとって危険な相手を用意したといいます。

会見に出席したKANAは「自らラウェイの試合を選ぶ選手はなかなか少ないと思いますし、色んな修羅場をくぐってきた選手だと思います。試合を見たところ、どれだけ血だらけになっても降参しない気持ちの強い選手だったので、めちゃくちゃ激しい試合になると思います」と激戦を予想。「向こうはダウンを取っても絶対に立ち上がってくる。もし自分がダウンを取られても100%立ち上がるつもりなので、ダウンの応酬になるぐらいの試合だと思います。ただ最後は失神KOで勝ちます」とKOでの防衛を力強く宣言しました。
またこの試合がメインイベントとして行われることも決定。KANAはK-1女子を牽引するエースとして「自分が絶対にメインを張りたいと思っていたので、この試合に対する責任と覚悟を持って試合に臨みたいと思います」と語りました。


また今大会では「日本vs世界・3対3」の対抗戦が実施され、KANA、高梨knuckle美穂、山田真子の3選手が出場予定でしたが、KANAがK-1女子フライ級タイトルマッチを行うため、対抗戦メンバーから抜ける形へ。
キック・ムエタイルールで3本のベルトを巻く☆SAHO☆がKANAの代わりに対抗戦メンバーに入り、世界の強豪を迎え撃つ形となりました。

☆SAHO☆
会見では3選手の対戦相手も発表。☆SAHO☆と対戦するジェシンタ・オースティンはオーストラリア出身で25戦21勝(3KO)4敗の戦績を持つ27歳。ムエタイやキックボクシングはもちろん、ボクシングやMMA(総合格闘技)にも出場するなど、類稀な格闘センスを誇り、かつてKANAのスパーリングパートナーを務めるために日本に滞在していたこともあります。

会見に同席した中村拓己プロデューサーは「ジェシンタ選手は色々なルールでも試合ができる格闘センスがあるファイターで、ボクシングの試合に出るほどパンチが上手くて強い。☆SAHO☆選手とは噛み合う試合になると思います。またジェシンタ選手はKANA選手のスパーリングパートナーを務めていたこともあり、KANA選手から『ジェシンタはパワーもあって気持ちも強い』と聞いています。☆SAHO☆選手はKANA選手のベルトを目指していて、そのなかでKANA選手の元スパーリングパートナーとやる構図も面白い。この選手を相手に☆SAHO☆はどういう試合をするのかにも注目しています」とコメントしました。
自身初の国際戦にもなった☆SAHO☆は「初めて外国人選手と試合をすることになり、今の自分の実力が通用するのかを試せるので楽しみ。外国人特有のフィジカルはあると思いますが、フィジカルが全てではありません。今からどんどん技術面でも新しいものを取り入れて、相手を上回ってやろうと思います。いつも練習している動きを出せれば自然に倒せると思うので、目指すはKO勝ちです」と力強くKOを予告しました。

高梨knuckle美穂
高梨と対戦するエリヴァン・バルトはトルコ出身の21歳。2戦2勝(1KO)とプロ戦績は浅いが、アマチュアムエタイ・アマチュアボクシングで数々の実績を残し、今ヨーロッパで注目を集めている女子ファイターの1人です。ハイキックで対戦相手を硬直したまま失神させたKO動画がSNSで大きな話題になった選手でもあります。

中村Pは「高梨選手はプロ無敗で、2019年にパヤーフォンと対戦して依頼の国際戦。高梨選手の実力が世界に通用するのかどうかといったテーマのある試合になった。高梨選手は倒せる武器があり、バルト選手も相手を一発で仕留める技がある選手なのでKO決着が期待されます」と好試合を期待します。
久々の国際線に向けて高梨は「ここで自分が負けたら先がないと思うので必ず倒して勝ちます」と断言。「最近パンチだけじゃなく蹴りにも自信が付きました。向こうは私がパンチでくると予想していると思いますが、どんな技でも倒せるところを見せたいです」とパンチ以外でも倒す自信があると言い切りました。

山田真子
山田と対戦するマリーヌ・ビゲイは、フランス発祥の格闘技「サバット」の出身選手。蹴り技が多彩でパンチのカウンターを得意にしているといいます。中村Pは「山田選手のパンチとビゲイ選手のテクニカルな部分がぶつかる試合になる。今大会ではアトム級王座決定トーナメントもありますが、同じアトム級の山田選手が世界の強豪を迎え撃つ図式の中でどんな試合をするのか楽しみですし、そこにふさわしいレベルの高い試合を見せてほしいと思います」と期待をかけました。

技巧派のビゲイを迎え撃つ山田は「対戦相手が決まって動画を見たのですが、問題なく勝てる相手。自分自身は微妙な試合が続いているので、今回いい勝ち方をして、ベルトに近づこうかなと思います」とビゲイを踏み台にしてタイトル挑戦につなげるつもりです。

日本vs世界・3対3のポスタービジュアルのキャッチコピーは「K-1女子、いざ世界にはばたけ」。
この言葉通り、☆SAHO☆・高梨・山田は世界の強豪相手にK-1女子の強さを見せられるか、ご期待ください。



6月25日(土)「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~RING OF VENUS~」大会概要

◆日程:2022年06月25日(土)
◆会場:国立代々木競技場 第二体育館
◆開催日時概要:13:00開場/14:30試合開始(予定)
◆主催・著作 K-1実行委員会
◆企画・制作 株式会社M-1スポーツメディア
◆運営 株式会社グッドルーザー
◆チケット料金
ロイヤルシート≪特典付≫ 100,000円 (当日100,500円)
アリーナSRS席 60,000円 (当日60,500円)
アリーナRS席 35,000円 (当日35,500円)
アリーナS席 15,000円 (当日15,500円)
スタンドS席 15,000円 (当日15,500円)
※消費税込み/全席指定/小学生からチケットが必要となります。
◆チケット発売所
「K-1.SHOP」 https://k-1.shop/ticket/ (インターネット販売)
株式会社グッドルーザー 03-6450-5470 (電話予約)
チケットぴあ https://t.pia.jp/
イープラス https://eplus.jp/
ローソンチケット https://l-tike.com/
◆チケット発売日
「K-1.SHOP」にて発売
https://k-1.shop/ticket/products/detail.php?product_id=1630

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)