医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

マウスピース矯正のパイオニア企業であるインビザライン・ジャパン社のJAPAN フォーラムをWHITE CROSSがサポート

WHITE CROSS株式会社
マウスピース矯正のパイオニア企業が3年振りとなるInvisalign Japan Forumを開催。オンラインでの配信は初の試み

マウスピース矯正が近年脚光を浴び、日本および世界で急速に普及しています。「マウスピース型矯正装置」のパイオニア企業である、米国アライン・テクノロジー社(Align Technology, Inc.)のグループ会社であるインビザライン・ジャパン社が開催する、歯科専門家向けイベントのオンライン配信をサポートすることで、歯科業界のデジタルトランスフォーメーションを引続き支援して参ります。




1. マウスピース矯正について
マウスピース矯正とは透明に近いマウスピース型の矯正装置(アライナー)を歯に装着する歯列矯正法です。
患者一人ひとりの歯に合わせて作製されるアライナーを装着し、治療の段階に合わせて新しいアライナーに交換しながら徐々に歯を動かして歯並びを矯正します。従来のワイヤー矯正と違い、装着中も目立たず、取り外しが自分で行えるため、近年益々ニーズが高まっており、提供する医院が増えています。
マウスピース矯正の市場規模は、世界で2026年までに82億ドルに達するとまで言われており、米国をはじめとした先進国では、すでに一般的な治療法として定着しています。


2. インビザライン・ジャパン社


インビザライン・ジャパン株式会社は、アライン・テクノロジーの日本法人です。グローバル医療機器メーカーとして、世界で最も先進的なクリアアライナーシステムであるインビザライン システムと、口腔内スキャナーであるiTeroエレメント、CAD/CAMソフトウェアであるexocad(エグゾキャド)を提供しています。インビザライン・システムでは、これまでに1,200万人を超える患者様の治療を支援しました。iTeroエレメントとexocad はデジタル歯科の進歩を推進し、患者の転帰と診療の効率性を高める高度なデジタル歯列矯正および歯科修復ワークフローにより、最先端の歯科診療を実現しています。


3. Invisalign Japan Forumについて



今回、新型コロナウイルスの影響により延期になっていたInvisalign Japan Forumが、約3年ぶりに開催されることとなりました。新型コロナウイルス感染対策として、オンラインでの配信は初の試みとなります。
本イベントは、会員向けにオンラインセッションとオンデマンドセッションの2つに分かれ、500名の参加が見込まれています。
歯科医師およびスタッフの診療効率と患者満足度の向上をサポートするために業界をリードする技術革新および総合的なデジタルソリューションを提供していることを、改めて発信する場となります。当社は、学会や歯科医師会などのオンライン配信においてトップクラスの実績を誇り、歯科業界のデジタルトランスフォーメーションを支援しています。そのノウハウを最大限に活用し、本オンラインイベントを全面的にサポート致します。

4. 開催概要
日時:
<オンライン配信>
Prime Session(業界をリードする講師による デジタルと臨床に特化した講演)
5月15日(日) 

<オンデマンド開催>
Clinical Session(アライン・ファカルティによる症例供覧)
5月8日(日)~5月31日(火) 

参加対象者:
インビザライン・ドクター、インビザラインGoドクター、スタッフ

受講料金:
ドクター ¥15,000円(税別)
スタッフ ¥5,000円(税別)
URL:https://invisalignjapanforum2022.whitecross.co.jp/


会社概要
■米国本社:Align Technology, Inc.
本社:2820 Orchard parkway San Jose, California 95134
PresidentおよびCEO:Joseph M. Hogan
https://www.aligntech.com/

■日本法人:インビザライン・ジャパン株式会社
本社:東京都品川区上大崎3-1-1
代表取締役:松本貴嗣
https://www.invisalignjapan.co.jp/

■WHITE CROSS株式会社
本社:東京都港区南青山3-3-6 クアルソ南青山3F
代表取締役:赤司征大
https://whitecross.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)