美容・健康 流通

日本オリジンのスキンケアブランド「タッチャ」から、サラサラなテクスチャーでなめらかなマット肌に仕上げる日焼け止めが新登場!

ユーピーディー・ジャパン株式会社
2022年5月25日発売

白肌が美しい芸妓さん達の化粧。古くから、芸妓さん達は “おしろい“を肌にのせることで、アイコニックでなめらかな白肌に仕上げ、同時に日差しからも肌を守ってきました。タッチャ研究所は、その“おしろい“に着目し、サラサラなテクスチャーで、なめらかなマット肌が続くサンスクリーンを開発しました。


タッチャ ポア サンスクリーン<日焼け止め・メークアップベース> 60mL 7,400円(税抜) 8,140円(税込)
「タッチャ ポア サンスクリーン」は、SPF35/PA+++の日焼け止めクリーム。独自のミネラル配合フィルターがUVAとUVBの両方から肌を保護しながら、ノイバラエキス*1やビワ葉エキス*2が肌を引きしめ、テカりのないマットな肌が続きます。さらにタッチャの独自成分<HADASEI−3(R) :ハダセイ−3(R)>*3が、肌*4のうるおいをキープ。サラサラなテクスチャーで肌にフィットし、毛穴が目立ちにくい*5なめらかなマット肌に仕上げるので、メークアップベースに最適です。すべての肌タイプの方にお使いいただけます。


タッチャが着目した成分




ノイバラエキス*1
整肌作用に優れると言われる甘い香りのノイバラは、古くから東洋医学では体のバランスを保ち循環を促したり、精神を落ち着かせるために活用されてきた和漢素材です。ノイバラの果実から抽出されたエキスは、肌を引き締め、クリアなコンディションに保ちます。

ビワの葉エキス*2
古くから生活に取り入れられてきた和漢植物のひとつで、肌荒れを防ぐ目的で配合されています。

<HADASEI-3(R):ハダセイ-3(R)>*3
秋田米(あきたこまち)*6に宇治の茶*6、沖縄の海藻*6を、2度の発酵プロセスを経て、バランスよく完成させたタッチャの独自成分<和フード発酵コンプレックス>。アミノ酸や乳酸を中心とする成分を含み、角層のすみずみまで潤いを留め、健やかな肌へ整えます。

*1 ノイバラ果実エキス(収れん成分)*2 ビワ葉エキス(コンディショニング成分)*3 チャ葉エキス、アルゲエキス、イノシトール(保湿成分)*4 角質層のこと *5 メークアップ効果による *6 保湿成分

鉱物油フリー/アレルギーテスト済(全ての方にアレルギーが起きないというわけではありません)


使用方法

顔に使用する際は、朝のお手入れの最後に、適量を顔の中心から外側に向かって顔のすみずみまでムラなく丁寧になじませます。首に使用する際は、下から上にむかってなじませます。メークアップベースとしてもお使いいただけます。

※使用量が少ないと、十分な紫外線防御効果が得られない場合があります。
※汗をかいたり、タオルでふいた後などは必要に応じて塗りなおしてください。
※つけなおすときに肌が濡れている場合は、水気をとってからつけてください。


タッチャについて



2009年、ヴィッキー・ツァイ(創始者)は日本古来の成分や素肌のお手入れ法に出会い、肌とこころが癒されたことに感銘。その後、タッチャ研究所を東京に設立。日本の優れたテクノロジーと成分を駆使し、独自の使い心地の優れたスキンケアを目指してタッチャは誕生しました。
世界のセレブからも愛されるタッチャの真髄は、日本の伝統的な成分をサンフランシスコの視点でとらえたこと。秋田こまち、宇治の緑茶、沖縄の海藻を主成分に、2回の発酵を経て完成させた<HADASEI−3(R):ハダセイ−3(R)>※は、タッチャのほぼ全ての製品に配合された独自の成分です。
棗(なつめ)、桐箱、和紙など、日本の美しい形をデザインに取り入れたパッケージには、日本への思いが込められています。

※サッカロミセス/(チャ葉/オキナワモズク/コメ)発酵液(保湿成分)


日本での展開

■日本公式オンラインショップ/ www.tatcha.jp
■三越伊勢丹化粧品オンラインストアmeeco / https://meeco.mistore.jp/contents/tatcha/index.html
■@cosme SHOPPING https://www.cosme.com/brand/index.php?brand_id=125285


製品概要




製品名:タッチャ ポア サンスクリーン
販売名:タッチャ ポア サンスクリーン<日焼け止め・メークアップベース>
容量・価格:60mL 7,400円(税抜) 8,140円(税込)
発売日:2022年5月25日
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)