教育・資格・人材 医療・医薬・福祉

売れ行き好調により発売から2ヶ月強で重版が決定!「保育施設の未来地図」に保育関係者や保護者から反響多数。

ユニファ
 テクノロジーの力で保育や子育てに関する社会課題を解決するユニファ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:土岐泰之、以下「ユニファ」)が2022年2月14日に上梓した「保育施設の未来地図」は、好調な売れ行きにより、Amazon売れ筋ランキング「保育園・幼稚園教育」「保育士採用試験」部門で1位※1を複数回獲得した上、発売から2ヶ月強となる4月19日に2刷目の重版が決定しました。これまでにも、保育関係者や保護者の方等多方面から多くの反響を頂戴しています。



※1:2022年2月16日(火)6時、4月12日(火)12時時点

販売サイト(一部)


Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4295406511/
楽天: https://books.rakuten.co.jp/rb/17001269/


書籍のポイント


日本を代表する幼児教育の専門家である汐見稔幸先生、無藤 隆先生、大豆生田啓友先生による幼児教育・保育の潮流やこれからの保育施設の在り方を解説。
「選ばれる保育施設」とはどのような園か、具体的な実践事例を交えて分かりやすく解説。
保育関係者のみならず、保育者を目指す学生や保育施設を利用する保護者の方達に向けて、これからの社会の中で求められる子育てや子ども達との関わりを考えるきっかけを提供。

書籍の概要
・ タイトル:
「選ばれる園創りのためのスマート保育園・幼稚園・こども園構想 保育施設の未来地図」
・発売日:2022年2月14日
・出版元:クロスメディア・パブリッシング
・発売元:インプレス
・定価:1,628円(本体価格1,480円+税)



有識者の皆様から重版に寄せられたコメント



汐見稔幸先生(東京大学名誉教授/白梅学園大学名誉学長)
未来の社会の担い手である子ども達を、社会全体でどう育んでいけるのか掘り下げた本書は、保育者のみならず保護者等幅広い層に新たな示唆を与えてくれるものと思っています。



無藤 隆先生(白梅学園大学 名誉教授)
「保育の中身」がこれまで以上に問われる時代のなかで、様々なコラボレーション事例が網羅された本書は、これからの保育施設の在り方を考える上で多くのヒントを提供してくれると思います。




大豆生田 啓友先生(玉川大学 教授)
いま、日本の乳幼児期の教育・保育は「量」から「質」へと転換する大激動期にあります。子どもの主体性を尊重する質の高い保育とは何かを再考するきっかけとして、本書は最適ではないかと思っています。

編著者紹介


土岐泰之(とき・やすゆき) ユニファ株式会社 代表取締役CEO
1980年福岡県生まれ。青雲高校、九州大学経済学部卒業後、2003年に住友商事株式会社に入社。リテール・ネット領域におけるスタートアップへの投資及び事業開発支援に従事。その後、外資系戦略コンサルティングファームであるローランド・ベルガーやデロイトトーマツにて、経営戦略・組織戦略の策定及び実行支援に関与。2013年にユニファを創業。全世界から1万社以上が参加したスタートアップワールドカップにて優勝したことに加え、採用率が全世界で2.5%未満であるEndeavor(エンデバー)起業家に満場一致で選出されるなど、国内外で高い評価を受ける社会起業家。

ユニファについて
 ユニファは、保育・育児関連の社会課題解決を目指す“Childcare-Tech”領域のスタートアップです。「家族の幸せを生み出すあたらしい社会インフラを世界中で創り出す」をパーパス(存在意義)に、IoTやAIを活用した保育支援サービス「ルクミー」を開発・提供しています。「スマート保育園・スマート幼稚園・スマートこども園」構想を通じて、子育てしながら働きやすい豊かな社会作りに貢献しています。
「スマート保育園」は、2021 年グッドデザイン・ベスト100 および特別賞であるグッドフォーカス賞〈新ビジネスデザイン〉を受賞した他、「ルクミー」は社会にとって有益なクラウドサービスに贈られる「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2021」の社会業界特化系 ASP・SaaS 部門において先進技術賞を受賞しています。また、「ユニファ」は J-Startup に選出されました。

会社概要
・会社名:ユニファ株式会社
・代表取締役CEO:土岐泰之
・設立:2013年
・所在地:東京都千代田区富士見1-8-19 住友不動産千代田富士見ビル2階
・事業概要:
保育支援サービス「ルクミー」シリーズの企画、開発、販売、運営。「スマート保育園・スマート幼稚園・スマートこども園」の展開、推進。
・企業URL:https://unifa-e.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)