エンタテイメント 美容・健康

【再春館製薬所「ドモホルンリンクル」が新ブランドCMを放映スタート】新TVCM 「お肌を愛するひとへ」篇/「お肌を愛する3日間」篇 5月12日(木)よりオンエア開始

株式会社FACT
アーティストのコトリンゴが歌う オリジナルカバー楽曲を制作~「肌について悩む」ことは、自らの肌に向き合い、愛するからこその行為~

クリエイティブ・ブティック「FACT」(住所:東京都目黒区上目黒/代表取締役社長:三寺 雅人)は、再春館製薬所「ドモホルンリンクル」の新ブランドCMの制作を担当、5月12日(木)より全国で放映を開始いたします。






新しいブランドCM制作の背景とねらい

再春館製薬所のスキンケアブランド「ドモホルンリンクル」が誕生して48年。同ブランドは、エイジングケアのロングセラーとして、いつの時代も女性たちに寄り添い、肌悩みに向き合い続けてきましたが、時代とともに多くの新たなブランドが生まれ、その独自の優位性や存在理由を届けることは難しくなりつつあります。

今回新たに制作したTVCMでは、新たなコミュニケーションメッセージとして、「お肌に悩みを抱えるのは、実は自分のお肌を愛しているということ。だからこそ、お肌のお悩みに応えることは、お肌を愛する気持ちに応えること」。そして、「肌悩みを何とかしたい」と思う人たちがドモホルンリンクルを選ぶということは、「誰よりもお肌を実直に愛する人だからこそ、ドモホルンリンクルに期待を寄せている」という新解釈のもと、「お肌を、愛するひとへ。Domohorn Wrinkle」という新スローガンに基づくクリエイティブを創出いたしました。また、3日分のサンプル「無料お試しセット」は、装いも新たに「お肌を愛する3日間セット」とし、お肌をじっくり慈しむ体験を訴求するツールとして位置付けています。

両TVCMには共通して、女性のライフスタイルの多様化を受け、年齢とともに美しく、豊かにあり続ける女性の一生に寄り添うブランドでありたいというメッセージを込めました。肌本来がもつ力を活かす製品力に加え、さらに自分らしい肌と伴う自信にあふれる毎日までも応援したい。そんなメッセージと世界観への想いを込め、体現しています。


TVCM「お肌を愛するひとへ」篇 ストーリー

郊外で、カフェを営み自分らしく生きるドモホルンリンクルユーザーの女性が主人公。経営者であり、母であり、仕事に家事に、疲れた夜も忙しい朝も、毎日まいにち自分の肌と向き合い、手をかけることを続けてきた女性の気持ちや行為は、まさに「愛」と呼ぶに相応しいもの。その「愛」に、深く永く応え続けることこそが、ドモホルンリンクルの使命であるというメッセージを伝えます。


新TVCM情報

タイトル:「お肌を愛するひとへ」篇 30秒
YouTubeリンク:https://www.youtube.com/watch?v=RWKoCiiIEDA
公開期間:2022年5月12日~
公開エリア:全国
※5月12日(木)正午よりYouTubeにて公開予定


TVCM「お肌を愛するひとへ」篇(30秒)





ドモホルンリンクル「お肌を愛するひとへ」篇 30秒



TVCM「お肌を愛するひとへ」篇 (ナレーション)

ヘトヘトな夜も、
あわただしい朝も、
毎日、毎日、お肌と向き合う。
戸惑い、願い、
お肌に手をかけ続けてきた
あなたの気持ちは、
「愛」と呼ぶにふさわしいと思うのです。

その想いに見せかけや
その場しのぎは通用しないから。
いつまでも続く美しさを。

お肌を愛するひとへ。
ドモホルンリンクル。


TVCM「お肌を愛する3日間」篇 ストーリー

新しくなった無料お試しセット、「お肌を愛する3日間セット」が届いた女性の3日間を時系列で描きました。最初は半信半疑で始めたものの、日が経つごとにその効果を実感していきます。最終的には肌を愛し、手をかけることの楽しさを覚え、肌も明日の自分も楽しみになっていく――そんな予感を抱きます。


新TVCM情報

タイトル:「お肌を愛する3日間」篇 30秒
YouTubeリンク:https://www.youtube.com/watch?v=yh7QBRdupg4
公開期間:2022年5月21日~
公開エリア:全国
※5月12日(木)正午よりYouTubeにて公開予定


TVCM「お肌を愛する3日間」篇(30秒)





ドモホルンリンクル「お肌を愛する3日間」篇 30秒



TVCM「お肌を愛する3日間」篇(ナレーション&スーパー)

「お肌を愛する3日間セット」が届きました。

それは、肌とじっくり向き合う新しい体験。
1日目「好きかも」
2日目「いい時間」
3日目「予感」

明日が楽しみになる肌体験、
さあ あなたも。
お申し込みはドモホルンリンクルで検索。


制作エピソード

ロケ地は茨城県の山中にあるアトリエ

今回の撮影では自分らしく生きる女性の暮らしをリアルに描くべく、ハウススタジオではない、今なお、アトリエ兼自宅として使用されている場所を使用。実際に人が息づく建物の醸し出す空気感を大切にして、世界観を重ねていきました。


楽曲は、コトリンゴ×ドモホルンリンクル 初のCMソング

楽曲を歌唱したのは、アニメーション映画「この世界の片隅に」で、全音楽を担当し、第40回日本アカデミー賞優秀音楽賞をはじめとする多くの賞を受賞したことでも名高い、アーティストのコトリンゴ。ドモホルンリンクルと初のコラボレーションとなる本楽曲「愛しき春を」は、CMの世界観を受けて「魅惑のワルツ」にオリジナルの歌詞を書き下ろした楽曲。印象的な歌声とドモホルンリンクルが新たに伝えたいメッセージの融合で、これまでにないTVCMが完成しました。

タイトル : 「愛しき春を」

芽吹く便り(が) さそう
あるく道 あふれゆく
さえずり 小さな 笑み
おとずれる春を 生きる
窓(を)あけ 風が舞い
ひかり 胸に 灯る
木漏れ日の 道 見守る
心に 咲く 言葉

芽吹きの ときはちかく
やさしき ひかり とどけば
うたう 鳥 おどる 木々
めぐりくる春を 生きる
いつくしみ ときかけひらく
やわらかにすける 花
かおる風 ほほ(を)なで さそう
いとしい 今日の そら

コトリンゴ:プロフィール

コトリンゴ
コトリンゴ -kotringo-
音楽家。ボストン・ バークリー音楽大学に留学し、学位を取得後、ニューヨークに居を移し、音楽制作を開始。日本のラジオ番組に送ったデモテープをきっかけに、坂本龍一に見い出され、2006年日本デビュー。現在までに10枚のソロアルバムと、9枚のサウンド・トラックアルバムを発表。劇場アニメーション映画「この世界の片隅に」のサウンド・トラックを手がけ、日本アカデミー賞優秀音楽賞、毎日映画コンクール音楽賞などを受賞。
クリエイターからの評価も高く、映画やTVアニメーション、ドラマ、CM音楽など、多数手がけている。卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描くアーティストとして、また演奏のみならず、オーケストラアレンジの表現も深め、音楽家として高い評価を受けている。

kotringo.net/

CM制作スタッフ

Agency:ADKMS+FACT
Production:TYO

Executive Creative Director : 三寺 雅人 (FACT)
Creative Director : 河中 裕哉 (ADKMS)
Copywriter:時田 心太郎 (ADKMS)

Producer:神戸 剛(TYO)
Production Manager:小橋 美友(TYO)
Production Manager:後藤 聖奈(TYO)

Director:原武 美和子(太陽企画)
Cameraman:穐山 茂樹(copain)
Lightman:大坪 彰
Art:AKI(CARNIVAL)
Stylist:阿部 由美子
Hair & make:奥田 新菜
Casting:山内雅子(ケセラ)
Music:山田勝也(愛印)

Offline Editor:越田 聡(NARU)
Online Editor:帆足 誠
Mixer:北 穣至(IMAGICA)
CG(CI作成):新山 哲香(U)
Location Coordinator:藤川 健太郎

Na:尾上菊之助

Cast:笠島 智(ニコフイルム)
Cast:内田 亜希子(エー・チーム)

Account Executive:金丸 充宏(ADKMS)
Account Executive:平尾 祐一(ADKMS)
Account Executive:新居 直幸(ADKMS)
Strategic Planner:鈴木大輔 (FACT)
PR Director:堀田有利佳(FACT)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)