医療・医薬・福祉 インテリア・雑貨

入れ歯を使っている方の85.6%が、入れ歯を使用していて不便だと感じたことが「ある」

日本トレンドリサーチ
日本トレンドリサーチ・入れ歯に関する調査

日本トレンドリサーチ(運営会社:株式会社NEXER)は、「入れ歯に関するアンケート」を実施し、結果をサイト内にて公開したので紹介します。



■災害時の身元確認や取り違え防止のため、「入れ歯」へ名前を入れる取り組みも
日本は、65歳以上の人口が全人口の21%を占める社会、いわゆる「超高齢社会」に突入しています。
「超高齢社会」で心配されていることの一つが、医療現場への負担の増加です。

大手化学メーカーの三井化学は、医療現場の職人不足問題を解決するために、3Dプリンターで入れ歯を設計できるソフトを販売しています。
4月末におこなわれたサブカルチャーイベント「ニコニコ超会議2022」で、実際にプラスチック製の「入れ歯」を展示して来場者の注目を集めました。

義歯製造・販売をおこなう和田精密歯研では、災害時の身元特定の負担軽減のため「入れ歯」に氏名などの情報が書かれたプレートを付ける取り組みを始めたそうです。

今回は、事前調査で「現在、入れ歯を使用している」と回答した全国の男女計340名を対象に「入れ歯に関するアンケート」を実施しました。

※本プレスリリースの内容を引用される際は、以下のご対応をお願いいたします。
・引用元が「日本トレンドリサーチによる調査」である旨の記載
・「日本トレンドリサーチ」の該当記事(https://trend-research.jp/14494/)へのリンク設置
・株式会社NEXER(https://www.nexer.co.jp)へのリンク設置

「入れ歯に関するアンケート」調査概要
調査期間:2022年4月22日~5月11日
質問内容:
質問1:現在、「入れ歯」を使用していますか?
質問2:「入れ歯」を使用していて不便だと感じたことはありますか?
質問3:具体的に不便だと感じたことを教えてください。
質問4:「入れ歯」の手入れでおこなっていることをすべて選んでください。[複数回答可]
質問5:具体的な「入れ歯」の手入れについて教えてください。
質問6:「入れ歯」に氏名などが書かれたプレートを付けるサービスを利用してみたいですか?
質問7:回答の理由を教えてください。
質問8:利用のきっかけを教えてください。
集計対象人数:340名
調査対象者:事前調査で「現在、入れ歯を使用している」と回答した全国の男女

※原則として小数点以下第2位を四捨五入し表記しているため、合計が100%にならない場合があります。

■「入れ歯」を使用していて不便だと感じたことは?
初めに、「入れ歯」を使用していて不便だと感じたことがあるか聞きました。



85.6%の方が不便だと感じたことが「ある」ようです。

不便だと感じたことを具体的に聞いたので、回答の一部を紹介します。

「入れ歯を使用していて不便だと感じたこと」回答


食べ物が挟まり掃除が大変。(60代・女性)
せんべいなどの屑が歯茎との間に挟まって痛い。(70代・女性)
お餅や飴が怖くて食べられない。(50代・男性)
かみ合わせが良くなく、物をかむと歯茎が痛い。(70代・男性)
直ぐに、かみ合わなくなる。(80代・男性)
入れ歯安定剤を使わないと安定できない。安定剤が1日もたない。(50代・男性)
粘着質のある食べ物の時は気をつけないと外れそうになる。(70代・女性)
食べ物の種類によってかみ切れないことがある。(70代・男性)
時間がたつと外れる、ずれていたい。(70代・男性)
しゃべっている時に外れそうになる。(60代・男性)
歌う時外れやすい。(70代・女性)
長く使用しているとゆるくなる。(70代・男性)
舌に違和感がある。(70代・男性)
食べ物の噛み応えに実感がわかない。(60代・男性)
異物が口の中にあるので食べ物を食べる時は不快に感じる。(60代・女性)
会社で昼食後、外して洗えないから。(60代・女性)
病院でCTなどとる時、外さなければならない。(90代・女性)
はずして寝ている間に地震などの災害が起きたら困る。(60代・女性)
話をするのによく話せない、早く話せない。(80代・男性)
メンテナンス修理が厄介。(70代・男性)
歯磨き時に外して洗わなければならない。(70代・男性)
壊れやすいところ。(50代・男性)


続いて、複数回答可で「入れ歯」のお手入れ方法を聞きました。


57.1%の方が「寝るときに入れ歯洗浄剤に入れて保管する」ようです。
「食後に入れ歯を磨く」や「就寝前に入れ歯を磨く」という方も4割を超えました。

「その他」と回答した方に、具体的なお手入れ方法を聞いたので回答の一部を紹介します。

「その他のお手入れ方法」回答


朝食と昼食の間に洗浄する。(50代・男性)
食後ではないが、時々入れ歯洗浄剤で洗浄する。(70代・男性)
夜間も入れ歯をしたままにするので、夜間ではなく定期的(寝る前数分)に入れ歯洗浄剤で洗浄する。(50代・男性)
朝の洗顔時に行う。(90代・男性)


■「入れ歯」への名入れサービス、50.9%が「利用したくない」
災害時の身元特定や、徘徊した方を保護した際の身元確認に役立てるため、歯科医師会や歯科技工士会では「入れ歯」への名入れ(義歯刻印)の普及活動をおこなっています。

名入れの方法は歯科医院によってさまざまですが、今回は「入れ歯」に氏名などが書かれたプレートを付けるサービスについて利用してみたいか聞きました。


約半数の方が「利用したくない」そうです。

「利用してみたい」「どちらともいえない」と回答した方に理由を聞いたので、一部を紹介します。

「利用してみたい」回答理由


身元確認が簡単にできるから。(60代・男性)
意思疎通がままならない時に非常に有効と思うから。(70代・男性)
何かで役に立つかもしれない。(70代・女性)
入れ歯で最も不安なのは、外している夜間に地震があった場合、確実に持って避難することができるか、名前が入っていれば、後日発見されたときに自分のモノを確認することが容易です。(70代・男性)
気兼ねなく外せるから。(40代・男性)
便利そうだから。(60代・女性)


「どちらともいえない」回答


行方不明になっても、他の方法で本人確認が出来るから。(70代・男性)
どんなものかイメージが出来ないため。(60代・男性)
特に理由は無いが、そこまでの必要を感じてないから。(70代・女性)
有害な成分とかが溶け出さないか心配。(50代・男性)
プレートを取り付けることで、フィット感が損なわれるのではないかと危惧しているため。(60代・男性)
入れ歯に氏名を記入するのはなんか変な感じがする。(50代・男性)
入れ歯の使用をあまり知られたくない気持ちもある。(60代・女性)
名前が付いていると便利かもしれないが、紛失して誰かに見つけてもらった時は恥ずかしい。(50代・女性)
費用がかかるなら別に要らない。(50代・男性)
どうせ長くは使えないので、紛失すれば作り直せばよい。(70代・男性)


「すでに利用している」と回答した6名の方に、利用のきっかけを聞いたので紹介します。

「利用のきっかけ」回答


家族に聞いたから。(40代・男性)
何となく。(60代・男性)
メジャーだから。(40代・男性)
他の人のものと間違える。(60代・男性)
歯科医師の薦め。(70代・男性)
病院で薦められた。(70代・男性)


■まとめ
今回は、事前調査で「現在、入れ歯を使用している」と回答した方に、入れ歯についてアンケートをおこないました。

85.6%の方が、入れ歯を使用していて不便だと感じたことが「ある」そうです。
具体的には「固いものや粘度の高いものが食べにくい」や「食べかすがはさまる」といった食事に関することが多く挙がりました。

入れ歯に氏名などが書かれたプレートを付けるサービスについては、「利用したくない」と回答した方が半数を超えました。
一方で、「すでに利用している」方も6名いました。

入れ歯への名入れは、自費診療のため歯科医院によって費用は違いますが、数千円程度でできるようです。


本プレスリリースの内容は、弊社運営サイト「日本トレンドリサーチ」にて公開しております。
https://trend-research.jp/14494/

<記事等でのご利用にあたって>
本プレスリリースの内容を引用される際は、以下のご対応をお願いいたします。
・引用元が「日本トレンドリサーチによる調査」である旨の記載
・「日本トレンドリサーチ」の該当記事(https://trend-research.jp/14494/)へのリンク設置
・運営元である株式会社NEXER(https://www.nexer.co.jp)へのリンク設置

【日本トレンドリサーチについて】
『日本トレンドリサーチ』では、弊社運営のアンケートサイト「ボイスノート」などの調査サービスを使用し、各種サービス・商品などの満足度や、最近の出来事に関する意識調査の結果を公開しています。

日本トレンドリサーチ:https://trend-research.jp/

【株式会社NEXERについて】
本社:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-43-1 池袋青柳ビル6F
代表取締役:宮田 裕也
Tel:03-6890-4757
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)