流通 美容・健康

「CBD配合」日本製電子タバコ(使い捨てタイプ・ミニシーシャ等)を最小製造ロットにて5月1日よりOEM・ODM受付開始!!

株式会社晴和
CBD(カンナビジオール)を配合したオリジナル電子タバコ商品を貴社のプライベートブランドとして展開が可能です

株式会社晴和(埼玉県 代表:安達 翔)では電子タバコ用CBD商品全般のOEMを承っております。小ロットから始められる事から数多くの企業様、個人事業主様から大変ご好評頂いております。




お問い合わせはこちら(法人・個人事業主様問わずお気軽にお問い合わせください。)
https://haruwa-corporation.com/cbd/

弊社では話題のCBD電子タバコ商品を最低ロット30本から国内の自社工場で製造することが可能になっております。
■使い捨て電子タバコ(VAPE・ミニシーシャ等)最低ロット1フレーバー100本~
■電子タバコ用リキッド 最低ロット1フレーバー30本~

CBD以外のCBNやCBGや各種テルペン等の原料も取り揃えておりますのでお客様のニーズに合わせて様々なご要望にもお応え出来ます。
また、低ロットでも価格は最低限に抑えさせていただいております。(お気軽にお問い合わせください)

●会社としてCBD商品の販売をしてみたいけどリスクは最小限に抑えたい・・・
●テスト販売をして良ければ大量発注したい・・・
●原価は抑えたいが品質には拘りたい
●とりあえずCBDのことはよく分からないが見積もりだけでも取ってみたい
そんな会社様に非常におすすめとなっております。

OEM・ODMの実際の流れ▼

ヒアリング


お打ち合わせ
お問い合わせ内容を元に、お客様のご要望に合わせどんな商品をどんなコンセプトで作りたいか、しっかりとお話し合いさせて頂きます。

お見積もり
お話し合いさせて頂いた内容を元に、価格のお見積もりを出させて頂きます。価格にご納得いただいた上で安心してご商談を進めさせて頂きます。

サンプル作成
ご要望を元に、商品のサンプルを作成させて頂きます。
ご納得いただけるまで数回の試作品を作らさせて頂きます。

容器・パッケージ
お打ち合わせ
商品の容器もご予算やイメージなどをふまえご提案。
ラベルはお客様がご準備されても構いませんし、コンセプトやラフを頂ければこちらで仕上げることも可能です。

製造・納品
商品の製造に取り掛かります。
なるべく迅速に納品させて頂きます。

アフターケア
商品の改良や新商品の開発などもしっかりとサポートさせて頂きます。

※現在CBDに関連してHHC成分のお問い合わせを多くいただいておりますが、弊社ではお取り扱いはしておりません。厚生労働省はHHCを危険ドラッグの1つとして「指定薬物」に指定しました。令和4年3月17日からは、「製造・輸入、販売、所持、使用」が禁止されることになりました。


お問い合わせはこちら(法人・個人事業主様問わずお気軽にお問い合わせください。)
https://haruwa-corporation.com/cbd/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
【本件に関するお問合せ先】
株式会社晴和 営業担当:岩垂
電話:080-3932-6678 メールアドレス:iwatare@haruwa.info
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)