美容・健康 自然・環境

アヴェダが「リーピングバニー認証」を取得!

ELCジャパン株式会社 アヴェダ事業部
国際的基準であるクルエルティフリー・インターナショナル リーピングバニー認証プログラムにおいて、認可を受けました。



「製品づくりから社会還元まですべての活動を通して、命あふれる私たちの地球を大切に守り続けていくこと」 をミッションとして掲げ、美・健康・地球環境を三位一体としたホリスティックな美を提案するアヴェダ。
「動物実験をしないブランドである」ということは、自分たちの暮らす地球とそこに共存する生物を思いやるという、創設以来続くアヴェダの使命の重要な要素の一つでしたが、この度、クルエルティフリー・インターナショナルよりリーピングバニー認証を取得しました。

現在、日本でも 「クリーンビューティー」 というワードを目にする機会が増えましたが、アヴェダは創設された1978年から現在に至るまで、動物実験は行っていません。
そしてこの度、アヴェダの化粧品およびパーソナルケア製品のすべてが、国際的基準であるクルエルティフリー・インターナショナル リーピングバニー認証プログラムにおいて、認可を受けました。

リーピングバニー認証を取得するために、クルエルティフリー・インターナショナルによって検証が行われ、アヴェダの製品、原料、成分について、動物実験や第三者への委託をしていないことが確認されました。アヴェダの製品や成分について、クルエルティフリー・インターナショナルとの複数年にわたる綿密な審査プロセスを経て、サプライヤーや製造業者においても、リーピングバニーのすべての基準を満たしていることが確認されています。リーピングバニー認証プログラムによる認可を維持できるよう、今後もアヴェダは年に1回、クルエルティフリー・インターナショナルの監査を受け、継続的な準拠を確認されることになります。

アヴェダには、信用ある外部機関からの認可を通して、お客様に対する透明性を高めたい、という目標があります。クルエルティフリー・インターナショナルのリーピングバニー認証プログラムで認可を得ることは、その重要な要素となります。

アヴェダの高機能なヘアケア、スキンケア、ボディケア製品は、世界中の何千ものサロンやショップにて取り扱っており、そのすべてにリーピングバニー認証が適用されます。加えて、アヴェダ サロンのみで取り扱っているヘアカラー製品も対象となります。


~アヴェダ グローバル ブランド プレジデント バーバラ ドゥ ラエール氏のコメント~
「アヴェダは、私たちの地球を大切に守り続けていくことを基本原則に創設されました。動物実験に反対する姿勢もそのひとつです。アヴェダは40年以上もの間、サステナビリティにおけるリーダーとして行動してきました。
クルエルティフリー化粧品の業界で国際的に認められている最高水準の認証であるクルエルティフリー・インターナショナルのリーピングバニー認証によって、私たちの地球に対するコミットメントをさらに強調できることを誇りに思います。」

~クルエルティフリー・インターナショナル CEO ミシェル シュー氏のコメント~
「アヴェダは、エシカル ビジネスとサステナビリティに数十年も徹底して取り組んできた企業として、非常に定評があります。今後はそのアヴェダ製品に対してリーピングバニー認証も加わることになり、大変嬉しく思います。」


<より責任ある未来のために>
「命あふれる私たちの地球を大切に守り続けていくこと」というアヴェダ創設時からの使命に従い、何十年もの間、美容業界において環境責任に対する新たなベンチマークをいくつも打ち立ててきました。
重点を置いているのは、安全な美容、責任ある原料調達、責任あるパッケージ製造、動物実験を行わないこと、ヴィーガン※1フォーミュラ、地球環境を意識した製造、そして、きれいな水を守り、アヴェダの原料調達先のコミュニティや世界中のコミュニティで必要とする人々にきれいな水を届ける支援をするという6つです。
アヴェダは、本社でもその使命を実践しています。ミネソタ州にある、全米野生生物連盟に認証を受けた23.5万平方メートル もの敷地に位置するアヴェダ本社には、養蜂設備や従業員が管理する菜園、電気自動用充電ステーション、何キロも続くジョギング コースまで設けられています。メインオフィスは太陽光と風力発電による電力を使用しており※2、カーペットにはリサイクル ファイバーを使用、建物内の至るところにコンポストやリサイクル用のゴミ箱が置かれ、オーガニック カフェが併設され、サステナビリティを強調した作りになっています。
アヴェダのサステナビリティに関する取り組みについて、詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.aveda.jp/sustainablefuture

<アヴェダについて>
1978年に創設されたアヴェダは、サステナビリティを軸に、ヘアサロンや消費者向けに100%ヴィーガン※3の高機能ヘアケア、スタイリング、ボディケア、スキンケア、アロマ、ヘアカラー製品を製造しています。アヴェダは、近代科学の法則とインドの伝統療法であるアーユルヴェーダを融合し、革新的なボタニカル テクノロジーとグリーンケミストリーを駆使しています。アヴェダのヘアケアは、90%自然界由来成分※4 であり、ピュアな花と植物からなるアロマが特徴です。アヴェダの高機能シリーズ 「インヴァティ アドバンス」 「ニュートリプレニッシュ」 「ボタニカル リペア」 はそれぞれが多数のアワードを受賞しており、2021年には、CEW社よりサステナブル エクセレンス アワードをブランドとして受賞しています。これは、美容業界においてサステナビリティの最高水準に達していることを示す賞です。

アヴェダの主要製造施設では風力発電と太陽光発電で製品を製造しており※2、アヴェダは100%使用済みリサイクル素材をPET容器に使用した先駆的ブランドでもあります。現在、スタイリング製品やスキンケア製品に使用しているPET容器やジャー容器の85%以上は100%使用済みリサイクル素材※5です。さらに、石油由来のプラスチック バージン素材の使用を可能な限り排除しようと努めています。また、製品や製造工程に関して、透明性を提供しようと努めており、2020年に美容業界で最大規模のブロックチェーン パイロットを完成させました。原料のバニラに利用するこのブロックチェーンにより、原料を調達したマダガスカルから製造をするミネソタの施設まで、バニラを追跡することが可能になりました。

アヴェダは、毎年行っている独自のキャンペーン 「アヴェダ アースデー月間」 を通して、世界中にきれいな水を届け、地域のきれいな水を守る啓蒙活動と募金活動に全力で取り組んでいます。1999年以来、アヴェダは6700万ドル以上もの募金を集め、何百ものグローバルやローカル環境保護団体を支援することで、140万人もの人々にきれいな水を届け、約2,000もの流域を保護してきました。また、グローバルパートナーであるNPO団体 charity: water を通じて、アヴェダの原料調達先であるインドやネパール、マダガスカルで必要としている人々にきれいな水を届ける活動を行っています。これらのコミュニティが、暮らしや働く地域の流域を守り続けています。
アヴェダ製品は、世界45カ国以上のヘアサロン、スパ、ショップなどで取り扱われています。

<クルエルティフリー・インターナショナルについて>
クルエルティフリー・インターナショナルは、誰もが動物実験をしたいと思わない世界、また、動物実験をする必要がないと思える世界にするため、活動している有数の組織です。クルエルティフリー・インターナショナルの熱心なチームには、受賞キャンペーン、ロビー運動、科学的・法的専門性、企業責任など、様々な分野の専門家が結集しています。クルエルティフリー・インターナショナルは、動物を尊重し守るよう、世界中の人々を教育し、意欲をかき立て、インスピレーションを与えています。研究所で過ごす動物たちの現実を調査し、真実を世に発信しています。動物にとってより良い決断を、決定権のある権力者に迫ります。そして、より良い科学とクルエルティフリーな暮らしを率先して実践しています。
クルエルティフリー・インターナショナルについて詳しくはこちらをご覧ください。
https://crueltyfreeinternational.org/


※1 動物実験を行わず、動物由来の成分を含みません。
※2 製品の製造には、(米国の)再生可能エネルギークレジットやカーボンオフセットを通じてアヴェダの太陽電池や風力エネルギーによる電力が供給されています。
※3 アヴェダは動物由来成分を配合せず、動物実験も行わない主義です。
※4 自然界由来成分とはISO16128の自然由来原料の定義に基づいたもので、成分の由来の大半が植物、非石油系ミネラル、または水であることを意味します。
また、90%は、アヴェダヘアケア製品のアヴェダが算出したおおよその平均値です。
※5 85%以上のスキンケアおよびヘアスタイリングのPETパッケージとジャー容器は再生(PCR)PETを100%使用しています。
またアヴェダは美容業界において、100%再生(PCR)PETパッケージを採用した初めての化粧品会社です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)