医療・医薬・福祉

クラウド型電子薬歴『Medixs(メディクス)』 在宅医療を効率化する機能を強化

株式会社アクシス
厚生労働省が打ち出した「患者のための薬局ビジョン」の中でも、在宅医療には大きな役割が期待されています。メディクスは薬局の在宅医療の効率化を支援する機能を強化しました。


株式会社アクシス(本社:東京都渋谷区、代表取締役:高原 英明)は、同社が開発・提供するクラウド型電子薬歴『Medixs(メディクス)』に、新たに追加された機能を本日発表いたします。

開発の背景:
薬剤師による在宅医療の一環として、通院が困難な方に対して薬剤師が患者さまのお宅や施設などに訪問し、薬剤の服薬状況や保管状況、残薬の有無などを確認し、服薬指導や服薬支援を行う業務があります。
厚生労働省が打ち出した「患者のための薬局ビジョン」の中でも、在宅医療には大きな役割が期待されています。
メディクスは薬局の在宅医療の効率化を支援する機能を強化しました。

概要:
患者検索画面に「訪問」タブを追加しました。
訪問患者を訪問年月や患者氏名で検索することができます。


カレンダー機能:
訪問予定日をカレンダー形式で表示。
訪問スケジュールを把握しやすくなります。



一括印刷機能:
在宅医療の計画書・報告書が一括で印刷できます。
施設や担当医師毎に一括印刷もしくはダウンロードする事ができ、書類作成業務の効率化が図れます。


施設情報詳細ダイアログ:
患者に訪問先施設情報が登録されている場合、施設名横に詳細ボタンが配置され、施設情報の詳細情報が確認できます。
さらにGoogleMapと連携して、訪問先への経路をルート検索できますので、初めて行く訪問先へもスムーズに移動できます。



詳細に関しましては、製品サイト、または弊社までお問い合わせください。
製品サイト https://medixs.jp/

お問い合わせ https://mediaxis.jp/contact/


■ クラウド型電子薬歴『Medixs(メディクス)』とは
『Medixs(メディクス)』は、現場で働く薬剤師の声を元に開発された、2014年にサービスを開始した日本初*のクラウド型電子薬歴です。調剤薬局の業務に細やかに対応し機能追加を実施。導入店舗数は日本最大級*で、全国の調剤薬局で利用されています。

多くの薬局からサポートスタッフへの賞賛の声をいただき、「契約継続率」は99.9%*です。
『メディクス』の主な特長は下記の3つです。

1. 業務効率の改善 薬歴入力時間を最大 約1/3に短縮*
あるグループ薬局で、メディクス導入前と導入後を比較したところ、薬歴の入力時間が約1/3に短縮されました*。ハイリスク薬も含む豊富な指導文例や、全国の個別指導をふまえた薬歴記載内容チェック機能の利用により、入力スピードと薬歴のクオリティの向上を支援します。患者さんへの服薬指導がさらに充実します。

2. 軽快な動作と信頼性 高品質のクラウド技術
調剤薬局業界で大量のデータ処理を行う開発業務に携わり、経験豊富なエンジニア陣が開発を担当しています。クラウド型の特長を生かしたデータベース処理で、薬歴のデータ量が増えても軽快な動作を維持できます。

3. 多店舗や薬局外での情報共有 管理/ガバナンスを強化
店舗間の情報共有が可能になるのがクラウドサービスの特長です。指導文の共有はもちろんのこと、本部集計機能により、店舗毎・グループ全体の薬歴記載状況や、加算獲得状況をリアルタイムに確認できます。薬局のガバナンス強化や、経営改善に大きく貢献します。
また、訪問調剤**の計画書・報告書、薬歴作成など、薬局外での利用も可能です。かかりつけ薬局として、今後求められる各種業務も強力にサポートします。

□ 株式会社アクシスについて https://mediaxis.jp
株式会社アクシスは、医療現場をITでつなぐ、クラウド型電子薬歴のリーディングカンパニーです。
アクシスが提供する『Medixs(メディクス)』は、現場で働く薬剤師の声を元に開発された、日本初*のクラウド型電子薬歴(サービス開始2014年)です。

『メディクス』の導入店舗数は日本最大級*で、全国の調剤薬局で利用されています。

先端のクラウド技術により、調剤薬局の服薬指導の効率化と品質向上を推進しています。
アクシスは、『メディクス』以外にも、処方箋送付システム『スマホよ薬』や、スマートフォンを利用したオンライン服薬指導システム『Medixsリモート調剤薬局』を提供しています。


*当社調べ 2022年5月時点
**オプション
・ 『Medixs』『メディクス』『Medixsリモート調剤薬局』『スマホよ薬』 は、アクシスルートホールディングス株式会社の登録商標です。
・ Googleマップは、Google LLC の商標または登録商標です。
・ 文中に記載された会社名および製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。
・ 記載された内容は発表日時点の情報です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)