食品・飲料 美容・健康

ベーコンの常識をくつがえす、「大豆ベーコン」販売開始

株式会社エヌ・ディ・シー
ー日本初、プラントベースのベーコン開発に成功ー

株式会社エヌ・ディ・シー(本社:岐阜県各務原市、代表取締役:市川 吉徳)は、大豆で作ったプラントベースのベーコン、「大豆ベーコン」を2022年5月30日(月)より発売します。 【URL】https://www.v-ndc.com/





「大豆ベーコン」とは 
近年、健康志向の高まり、気候危機、食糧問題などにより、プラントベース食品への注目は増すばかりです。
その中でも、特に注目を集めているのが大豆ミートです。大豆ミートのハムやハンバーグなどがスーパーに並んだり、カフェやファーストフードでも食べられるようになりました。原料である大豆は、味噌や醤油、納豆など伝統食として、古くから日本人にとてもなじみの深い食材です。
大豆から様々な加工食品を生み出してきた株式会社エヌ・ディ・シーでは、プラントベースの「大豆ベーコン」を発売します。
従来の豚肉ベーコンの栄養素と比べると、鉄分が4倍、食物繊維は7倍にもなります。さらに、脂質93%オフ、コレステロールはゼロなので、健康を気遣う方にも安心。もちろん植物性たんぱく質も豊富です。豚肉ベーコンではありえなかった、常識をくつがえす大豆ベーコンの商品化が実現しました。大豆丸ごとから作られており、合成着色料や保存料、化学調味料は不使用です。




開発秘話「きっかけは大豆エビ」
株式会社エヌ・ディ・シーは20年前の創業時から大豆の研究開発をしており、これまでに様々な大豆ミートを作り出してきました。他にはない、新しい形状の大豆ミートを作ろうと試行錯誤していたある時、中国でエビの消費が伸び、このままではエビが絶滅の危機に陥る、という報道を見たことが大豆エビ開発のきっかけになりました。大切な海の生態系を守りたい。その使命感から、大豆で「代替エビを作ってみよう」と開発を進めていくうちに、できあがってきたのは、なんとエビよりもベーコンにそっくりな試作品。代替エビの完成はまだ道半ばでしたが、一旦は寝かせることにし、思い切って「大豆ベーコン」の開発へと舵を切りました。そもそもベーコンとは何かを深堀りしつつ、さらに何度もの試作を繰り返し、ついに大豆ベーコンが誕生しました。
ベーコンのような赤味の着色には、日本の食文化になじみ深い紅麹を使用したこともこだわりのひとつです。


こんなとき「大豆ベーコン」を
地球にも体にも優しいベーコンエッグ、サラダ、サンドイッチ、ハンバーガーなどを作りたい。
そんな時、豚肉ベーコンの代わりにお使いください。
真新しいプラントベースのメニューとして、カフェやレストラン、ファーストフードチェーン店にて、
またお弁当のおかずやお惣菜などの加工食品にもご使用ください。
乾燥状態の商品のため、常温で1年保存が可能、備蓄食材としても優秀です。


調理方法
風味は大豆のおいしさそのものです。茹で戻した後、炒めるなど味付けして仕上げます。
スモークパウダーや燻製オイルを使うと、よりベーコンの風味に近づけることができます。



《製品概要》

商品名:大豆ベーコン 
内容量:750g/5kg

賞味期限:製造より1年
保存方法:暗所で常温保管
卸価格:750g×10袋/ケース 12500円(税抜)
    5kg/ケース 8000円(税抜)
発売日:2022年5月30日(月)


《株式会社エヌ・ディ・シー》について
「大豆食の先駆者であれ!」
大豆たんぱく質の研究に取り組み続けて、20年。
「日本と世界の食の問題解決に貢献し、最も人の心をつかむ大豆食メーカーになる」というビジョンのもと、「世界中を探しても、他にはない」ユニークな大豆加工食品の研究開発に日々邁進しています。これまでに商品化してきた大豆加工食品は、 大豆ミート、大豆スナック、大豆麺、大豆ペットフードなど数多くあります。様々な食材を大豆で置き換えられるようにすること、健康を望む人々に豊かで愉しい大豆食を届けることを使命とし、気候危機や食糧問題など、現代社会の問題解決の一翼を担います。

【会社概要】
会社名:株式会社エヌ・ディ・シー

所在地:岐阜県各務原市鵜沼伊木山1491-13
代表者:市川 吉徳
設立:2000年5月
URL:https://www.v-ndc.com/
事業内容:
・大豆の新しい形状食品の研究開発
・大豆ミート、大豆スナック、大豆麺の製造販売
・さんざしエキス、さんざし飲料の販売

【商品に関するお問い合わせ先】
《株式会社エヌ・ディ・シー》
TEL: 058-384-4009(平日10:00~17:00)
e-mail: info@v-ndc.com

【本プレスリリースに関する報道関係者様からのお問い合わせ先】

《コッチラボ株式会社 マーケティング部 担当:森垣、光本、市川》
TEL:0774-94-6431(平日10:00~17:00)
e-mail:contact@cocci.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)