医療・医薬・福祉 その他

大分臨海ロータリークラブ創立50周年イベントで県内大学出身の吉岡秀人が講演。団体への寄付金100万円受領

認定NPO法人ジャパンハート
特定非営利活動法人ジャパンハート(東京都台東区 理事長:吉岡春菜)は、創設者で小児外科医の吉岡秀人が5月15日に行われた大分臨海ロータリークラブ創立50周年記念イベントに登壇、さらに団体への寄付金100万円を受領しました。



国際的な社会奉仕連合団体「国際ロータリー」のメンバーから成るロータリークラブの大分臨海地区「大分臨海ロータリークラブ」は、今年5月に創立50周年を迎えました。
それを祝して15日、大分市内iichiko音の泉ホールにて記念イベントが開催され、大分医科大学(現 大分大学医学部)を卒業したジャパンハートの吉岡秀人が講演。今日に至るまで20年以上続けている途上国での医療活動について語りました。

本式典の終盤では、同団体からジャパンハートへの寄付金100万円の目録が贈呈されました。受領した寄付は、国内外の「医療の届かないところに医療を届ける」活動に使われます。
なお、今年4月には大分臨海ロータリークラブを通じて、吉岡秀人の各書籍が大分市内の60の中学・高校と大学2校へ計350冊寄贈されています。

※5月15日のイベントにおける講演模様が、地元メディアのテレビ大分に取り上げられました(https://www.youtube.com/watch?v=kKj6ei04TWw



【特定非営利活動法人ジャパンハート(認定NPO)】https://www.japanheart.org/


「医療の届かないところに医療を届ける」を理念に、国内外で無償の医療活動を行う認定NPO法人。1995年に小児外科医・吉岡秀人が単身ミャンマーで活動を開始して以来、現在はカンボジアやラオスなど東南アジア諸国で、小児がん手術などの高度医療を含む治療を年間約35,000件実施しています。HIV孤児など恵まれない子どもたちに、教育機会を提供する児童養育施設も運営。国内では、小児がん患者家族の外出に医療者が同行するプロジェクトや、離島・僻地への医療者派遣、災害被災地への緊急救援事業を行っています。新型コロナウイルス感染症対策として、2022年5月時点で全国160カ所以上のクラスター現場に医療チームのべ約400名を派遣したほか、全国700以上の医療・福祉機関へ200万枚のマスク等物資寄付、全国600以上の福祉施設への感染予防指導等を継続しています。国際連合UNIATF Award 2020を日本から唯一受賞。第5回ジャパンSDGsアワードでSDGs推進副本部長(外務大臣)賞受賞。吉岡秀人は第69回菊池寛賞受賞。

■寄付金の控除について
認定NPO法人であるジャパンハートへのご寄付は、寄付金控除などの税制優遇の対象となり、 確定申告を行うことで税金が還付されます。詳細につきましては、右記URLをご確認ください。https://www.japanheart.org/donate/receipt/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)