パソコン 企業向けシステム・通信・機器

【CData 導入事例】慶應義塾大学がCData JDBC Driver を導入

CData
~Tableau を用いたヘルスケア関連データの分析におけるXML データの分析・ビジュアライズを実現~

2022年5月17日、CData Software Japan 合同会社(本社:アメリカノースカロライナ州、日本オフィス:宮城県仙台市、代表社員 職務執行者 疋田 圭介、以下CData)は、慶應義塾大学が研究・開発をしている『2040独立自尊プロジェクト』において、「CData JDBC Driver for XML」を導入したことをお知らせします。



Challenges:


デバイスなどから取得したデータの分析
XML データのTableau へのインポート
短期間での導入



Solutions:


CData JDBC Driver for XML で直接Tableau への取り込みを実現
データ形式変換の工程を省略
ノーコードで連携



本件導入を進められた慶應義塾大学 グローバルリサーチインスティテュート 特任教授 鳥谷真佐子様からは「最初は、バージョンの違いにより少し戸惑った点はありましたが、サポートの方に非常にわかりやすく説明、また根気強く付き合っていただき、導入することができました。一度インストールできてしまえば、使い勝手は非常に良いです。」とコメントをいただきました。

事例記事詳細はこちら:https://www.cdata.com/jp/case-study/keio-university/

<JDBC Driver for XML について>
JDBC Driver for XML は、JDBC 接続をサポートするさまざまなアプリケーションからXML データへの接続を実現するコネクタです。標準データベースにアクセスするときと同感覚でXML データに接続し、標準JDBC インターフェースを通じて読み取り / 書き込みを可能にします。
JDBC Driver for XML ページ:https://www.cdata.com/jp/drivers/xml/jdbc/

<慶應義塾大学について>
団体名:慶應義塾大学
Web サイト:https://www.keio.ac.jp/ja/
所在地:東京都港区
設立:1858年

<CData Software について>
CData Software, Inc. は、クラウドデータのコネクタソリューションおよびデータ連携ツールのリーディングベンダーです。250以上のSaaS、NoSQL やアプリケーションデータに標準接続するコネクタとデータ接続テクノロジーの開発に特化し、各種ツール、クラウドサービス、カスタムアプリケーションからのリアルタイム接続を実現します。CData 製品は、世界中の大手企業、中小企業、政府機関、教育機関のデータ統合ソリューションにて利用されています。

<本件に関するお問い合わせ先>
CData Software Japan 合同会社 マーケティング 對馬 陽子
E-mail: press@cdata.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)