企業向けシステム・通信・機器 美容・健康

総合フィットネスクラブ「メガロス」スタジオプログラムに予約・決済システム「hacomono」導入。全てのレッスンが24h・オンラインから予約可能に

株式会社hacomono
スタジオ内の密回避、若年層のスタジオ利用率向上へ

株式会社hacomono(東京都豊島区:代表取締役 蓮田 健一)が提供する店舗運営のための会員管理・予約・決済プラットフォーム「hacomono(ハコモノ)」を、野村不動産ライフ&スポーツ株式会社(本社:東京都中野区/代表取締役社長:小林 利彦)が運営するスポーツクラブ「メガロス」35店舗へ導入し、スタジオレッスン予約の非接触・非対面化が実現しました。




■ 野村不動産ライフ&スポーツについて

スポーツクラブ「メガロス」の事業を通じて地域に住まう方々に健康であることの「喜び」「大切さ」をお伝えし、「健康」と「生きがい」創造に貢献することにより、お客様や社会と共に栄え、成長することを目指しています。「顧客満足を感動と喜びに変える」を企業理念に掲げ、全社員が一丸となってきめ細やかなサービスを最適のタイミングで提供し、お客様に満足を超えた「感動」や「喜び」をお届けしてまいります。近年では、運動能力の基礎が形成される3~8歳の子どもを対象とした、様々な動きを楽しみながら子どもの潜在能力を目覚めさせ、将来の可能性を無限に広げる「ミライク」体育スクールを運営しております。

「メガロス」HP:https://www.megalos.co.jp/




■ 20~30代のライトユーザー層のスタジオ利用率向上へ、利用しやすいシステム基盤を構築

会員管理・予約システムに「hacomono」を採用し、お客様自身で予約・キャンセルをすべてオンラインで完結します。

スタジオレッスンの予約管理システムにhacomonoが採用されることで、スタジオ内のレッスンを受けたい位置まで指定して予約できるようになり、お気に入りの位置でレッスンが受けられるようになります。レッスン前からスタジオ前に並ぶ必要もありません。

店頭に足を運ばずに24時間オンラインで予約手続きが完結できる他、受講する場所指定ができることで密を回避し、スタジオ初心者でも安心して利用できる環境を提供します。使いやすいUI/UXが特徴のhacomonoの機能により、会員のエンゲージメントを強化します。


■ 密を回避しつつ、新たな利用機会を創出するシステム基盤

メガロスが hacomonoを採用した主なポイントは以下の3点
1. 事前に受講位置を指定できる場所指定の機能群
2. ユーザー視点で設計された使いやすいUI/UX
3. 多店舗展開を目指すに適した、最先端クラウド型でのスケーラビリティ

レッスン予約からキャンセル手続きまでがお客様自身のスマホ端末で完結し、店頭での事務手続きが簡潔に。店頭での手続きレスにより、密を回避しつつスムーズなスタジオ利用をサポートします。場所指定機能を活用することでスタジオ初心者が後方などを選びやすくなり、安心して参加しやすい環境を整備します。


■hacomonoについて



リアル店舗における予約・決済や入会手続きがお客様自身のPCやスマホ端末からオンラインで完結し、店舗での事務手続きや支払い手続きが大きく削減できるクラウドサービスです。店舗側では、月謝の引き落としや未払い徴収に関するオペレーションも自動化され、スタッフ業務の大幅省力化を図ることができます。
2019年3月にサービスをローンチし、これまでに1,400店舗以上が導入。特に昨今の新型コロナウイルスの流行で、店舗は人との接触を削減する必要があり、導入件数は前年比10倍以上のペースで増えています。

<料金>
初期費用:150,000円~(税別)
月額利用料金:1店舗35,000円~(税別)※店舗数による割引有

<サービスページURL>
https://www.hacomono.jp/

<会社概要>
社名:株式会社hacomono
所在地:東京都豊島区南池袋2-35-4 ユニティ池袋5F
代表者:蓮田 健一
創業:2013年7月
資本金:2,602百万円(資本準備金1,299百万円含む)
事業概要:月額制サブスク店舗のための次世代会員管理・予約・決済システム「hacomono」の開発・提供
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)