医療・医薬・福祉

新生企業投資株式会社ディレクターの大目晃弘氏が社外取締役に就任

株式会社Revorf
株式会社Revorf(本社:東京都中央区、代表取締役:末田伸一、以下「Revorf」)は、この度、新生企業投資株式会社(以下「新生企業投資」) ベンチャー投資チーム ディレクターの大目晃弘氏が新たに社外取締役に就任しました。



本就任は既存の社外取締役である清水道浩氏の新生企業投資からの独立・起業に伴うものですが、これによりRevorfの社外取締役は、バイオテクノロジー業界出身の投資家及びAI業界出身の投資家の2名となります。Revorfは、コーポレート・ガバナンスの強化にとどまらず、それぞれの社外取締役の知見を基に、Revorf独自の mRNA や eRNA 等の RNA 検出解析技術と、医師兼エンジニアらによるデータ分析・AI 技術とを掛け合わせた、未踏遺伝子から疾患関連遺伝子を発掘する医療技術・創薬基盤手法の革新を一層推進して参ります。

株式会社Revorf
HP:https://www.revorf.jp/
本件に関するお問い合わせ先:information@revorf.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)