医療・医薬・福祉

株式会社Luxonus、シリーズB投資エクステンションラウンドで追加調達を実施しました。

株式会社LUXONUS
株式会社 Luxonus(東京都港区、代表取締役:相磯貞和、以下「Luxonus」) は、360ipジャパン株式会社、株式会社みらい創造機構を引受先とする第三者割当増資を実施し、1.2億円の追加調達を実施しました。


Luxonus は、無被ばくで造影剤を用いずに血管を可視化する独自の光超音波3Dイメージング技術(Photoacoustic 3D Imaging=PAI-3D)を用いて、疾患の早期発見および病勢診断が可能な汎用撮影装置の実用化を目指す大学発ベンチャーです。2019年より製品開発に取り組み、光超音波3Dイメージング装置の製品プロトタイプを開発し、2021年11月に医療機器の薬事承認申請を行いました。また、動物試験用の理化学機器を2021年10月より販売開始しました。

この度の資金調達により 、Luxonus は、光超音波3Dイメージング装置の開発・生産および薬事開発に投資を行う予定です。


<光超音波3Dイメージング技術について>
光超音波3Dイメージング技術は、既存の撮影技術であるX 線コンピュータ断層撮影(CT)、核磁気共鳴画像(MRI)などと比較して、造影剤を使用せず無被ばくで、血管を超高解像度 3D 撮影することが可能です。その原理は、生体にパルス光を照射した際に発生する超音波を超音波センサで捕捉し、受け取ったデータをコンピュータ解析し画像化します。血液の酸素飽和度等を3D 撮影でき、さらに色素造影剤を用いることでリンパ管を高解像度で 3D 撮影することが可能となりました。

現在、京都大学医学部附属病院およびに慶應義塾大学病院は、AMED「医療機器等における先進的研究開発・開発体制強靱化事業」にて、本装置を用いた疾患(リンパ浮腫、末梢脈管疾患など)と再建手術に関する臨床研究を進めており、研究成果は医学系学会等で発表されております。

<株式会社Luxonusについて>
Luxonus の技術は、文科省「先端融合領域イノベーション創出拠点形成プログラム」(2006 年度~2015 年度に実施)と内閣府・革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)「イノベーティブな可視化技術による新成長産業の創出」(2014 年度~2018 年度)で開発した光超音波イメージング装置を実用化するため、2018年12月に設立しました。

<出資参画企業>
・ 360ipジャパン株式会社
代表者 :代表取締役 藤森朝詩
所在地 :東京都文京区
URL : https://360ip.jp/

・ 株式会社みらい創造機構
代表者 :代表取締役社長 岡田祐之
所在地 :東京都渋谷区
URL : https://miraisozo.co.jp/

<会社概要>
会社名 :株式会社Luxonus
所在地 :神奈川県川崎市幸区新川崎7-7 AIRBIC A22
代表者 :相磯貞和
設立 :2018年12月
URL :https://www.luxonus.jp/
事業内容:光超音波イメージング装置の開発、販売

<お問い合わせ先>
株式会社Luxonus 高橋義晴
TEL:044-742-8681
e-mail:lux-info@luxonus.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)