スポーツ・アウトドア その他

サッカー好きアーティストで知られる常田真太郎(スキマスイッチ)プロデュース!白馬エリアの活性化に向けた絶景人工芝サッカーグラウンド「Acalie HAKUBA MIRAIフィールド」6月19日オープン

一般社団法人P.A.A.S
スキー閑散期(グリーンシーズン)の宿泊施設の稼働向上に大きく貢献するコンテンツに、5月20日より一般向け貸出受付を開始

 一般社団法人P.A.A.S(長野県北安曇郡⽩馬村、代表理事:青山雄期・垣本右近、以下「P.A.A.S」)は、2022年6月19日(日)に白馬エリアの活性化に向けた絶景人工芝サッカー多目的球技グラウンド「Acalie HAKUBA MIRAIフィールド」(アカリエ・ハクバ・ミライ・フィールド)をグランドオープンいたします。また、オープンに先駆けて5月20日(金)12:00より、6月20日以降の予約受付を開始いたします。  「Acalie HAKUBA MIRAIフィールド」は、音楽ユニット・スキマスイッチの常田真太郎が発起人となってスポーツ振興と地域活性化を目的に2021年に設立されたP.A.A.Sが手掛ける初のサッカー多目的球技グラウンドです。様々なカテゴリーのサッカー合宿や大会等の誘致を通じ、スキー場近隣の宿泊施設の閑散期の稼働向上に大きく貢献するとともにエリア内のサッカーならびにグリーンシーズンのスポーツ文化を醸成することを目的に、既存のグラウンドを人工芝化するなどして新たにオープンする運びとなりました。


(写真左から1.「Acalie HAKUBA MIRAIフィールド」グランドレベルからの写真、2.上空からの全体像、3.常田真太郎)

 一般社団法人P.A.A.Sは『奏(かなで)』や『全力少年』を始めとした数々のヒット曲で知られる音楽ユニット・スキマスイッチ(※1)の常田真太郎が中心となり、公式戦の前座試合やチャリテイー活動を通してスポーツの普及・振興を目指し、地域の活性化を進めるために2021年7月に設立された社団法人です。

 幼少のころから夏も冬も長野県白馬村に通い続け、白馬の地を第二の故郷のようにして育った常田真太郎は、以前より懇意にしていた白馬村の仲間たちから「国内スキー市場が大幅に縮小して元気がなくなってきている地域を活性化するために手伝って欲しい」と相談を受けていました。そうした中、2020年10月に常田の声掛けを機に、友人である元キマグレンのISEKIをプロデューサーとした音楽フェス「Hakubaヤッホー!Festival」が白馬岩岳マウンテンリゾート山頂エリアにおいて開催され、出演者としてもスキマスイッチも名前を連ねるなど、これまでも同エリアの活性化に大きな力を発揮してまいりました(第2回は2022年5月21日~29日開催)。


(写真:第一回Hakubaヤッホー!Festival(2020年10月開催)の様子)

 一方、常田はサッカーを愛するアーティスト・歌手・俳優・芸人によるサッカーチームとしてJリーグやFリーグの前座試合で10年以上の実績がある「SWERVES」(スワーブス)(※2)の代表を務めるほどの、大のサッカーファンでもあります。

 80年代には中部・関東地区の小中学校カテゴリーの代表チームなどが公式戦や合宿を行うなど”サッカーの地”として知られていた白馬村も現在はそのほとんどが別の地域に場所を移しています。こうした今、「大好きなサッカーの再度の発展と白馬の活性化の両立ができないか」と考えた常田は、仲間と共にP.A.A.Sを立ち上げ、スキー場の閑散期となるグリーンシーズンにサッカー合宿や大会などの開催を通じて地域の宿泊施設を利用するきっかけとなるよう、北アルプスの山々を望む絶景ポイントである白馬村野平地区にある、利用頻度が減りつつあった既存の土のグラウンド(「白馬のだいらパノラマコート」)を地元から借り受けて2021年夏より、人工芝化をはじめ大幅なリニューアル工事を開始しました。

 また、こうした趣旨や常田の心意気に賛同し、最新鋭の製品と技術で、新しいライフスタイルやビジネススタイルを提案する株式会社Acalie(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:中友孟涛、以下「Acalie」)が当グラウンドのネーミングライツを獲得し、本取組を全面的にバックアップします。

 Acalieは、EVモビリティの電動バイク「COSWHEEL MIRAI」、電動キックボード「COSWHEEL MIRAI T」、360度VRカメラ、ライブ配信カメラ「Kandao」、空中・水中ドローン「POWER VISION」、電動サーフボード「Waveshark」、話題の配膳ロボット「KEENON」等の製品を展開しています。Acalieは取り扱い製品の強みを活かし、併せて白馬エリアが抱える二次交通の課題の解決に向け、株式会社岩岳リゾート(本社:長野県北安曇郡⽩馬村、代表取締役社長:和田寛、以下「岩岳リゾート」)などの地元の企業と連携して、電動モビリティ「COSWHEEL MIRAI」シリーズ(※3)を活用したシェアリングサービス展開の検討も始めています。

 こうしてこの度、6月19日(日)に「Acalie HAKUBA MIRAI フィールド」(白馬のだいらパノラマコート)としてグランドオープンいたします。オープン当日は招待客限定でのオープン記念イベントを開催し、6月20日(月)以降から村民をはじめ、近隣や全国の学生やスポーツ愛好家など一般向けに貸し出しを開始します。一般向けの予約開始は5月20日(金)12時から、電話受付となります(0261-72-2347)。

※1…スキマスイッチについて
大橋卓弥(おおはしたくや)、常田真太郎(ときたしんたろう)のソングライター2人からなるユニット。2003年『view』でデビュー。大橋の温かく包み込むような独特の歌声、それを支える常田の卓越したサウンドクリエイトで『奏(かなで)』『全力少年』など、ヒット曲を次々と生み出す。昨年11月24日にはコンセプトオリジナルアルバム『Hot Milk』『Bitter Coffee』を2枚同時リリース。アルバムを引っ提げての全県ツアー「スキマスイッチ TOUR 2022 “cafe au lait”」を開催中。
オフィシャルサイト:https://www.office-augusta.com/sukimaswitch/

※2…SWERVESについて

スキマスイッチの常田真太郎が代表を務める、サッカーを愛するアーティスト・歌手・俳優・芸人による前座専門サッカーチーム。「日本のサッカー/フットボールを盛り上げる」「サッカー/フットボールを通じて日本を元気にする」をコンセプトに、Jリーグ・Fリーグ・なでしこリーグなどの前座試合やエキシビジョンマッチに原則無償で参戦する活動を行っている。

※3…電動モビリティ「COSWHEEL MIRAI」シリーズについて
Makuake電動バイク部門で史上最高の応援金額を集めた注目のアイテム。


Acalie HAKUBA MIRAIフィールド 概要】
所在地:〒399-9301 長野県北安曇郡白馬村大字北城野平(Acalie HAKUBA MIRAIフィールド)
施設規模:130m×90m=11,700平方メートル
付属施設:トイレ、水道、サッカーゴール×4、少年用サッカーゴール×4
営業期間:2022年6月19日(日)~11月15日(日)
料金:貸切制 半日18,000円、一日30,000円
TEL:0261-72-2347(ロッジエントエン内)
駐車場: 20台(無料)
アクセス:東京から約3時間、名古屋から約3時間30分、関西から約4時間30分、最寄IC(長野IC、安曇野IC、糸魚川IC)から幅広道路で約1時間


株式会社Acalie 企業概要】
企業名:株式会社Acalie
代表:代表取締役 中友孟涛
所在地:〒451-0034 愛知県名古屋市西区樋の口町1-15 ホーワビル2階 
設立:2017年11月
事業内容:次世代型電動モビリティ、ドローン、Webカメラ、水中ビークル、配膳ロボットの販売
URL:https://ali-jp.com



【「アルペンアウトドアーズ プレゼンツ『HAKUBA ヤッホー!FESTIVAL 2022』」開催概要】
開催日時:2022年5月21日(土)~29日(日)
会場:白馬岩岳マウンテンリゾート
イベント内容:ヨガ、熱気球体験、FITNESS FESTIVAL in 白馬、白馬トレイルラン、音楽フェスなど
公式URL:https://hakuba-yoo-hoo-festival.com/
主催:HAKUBA ヤッホー! FESTIVAL 実行委員会
特別協賛:株式会社アルペン
企画制作:株式会社 葉風舎
後援:白馬村、白馬村観光局、白馬岩岳観光協会

音楽ライブ
・開催日時:2022年5月28日(土)・29日(日)
・出演アーティスト
 5月28日(土):大石昌良、K、さくらしめじ、⽵本健一、藤巻亮太、森恵、ロザリーナ
 5月29日(日):家入レオ、ISEKI、GAKU-MC、スキマスイッチ、⽮井田 瞳、wacci
・チケット販売
 イープラス:https://eplus.jp/hakuba/ ほか



組織概要】
組織名:一般社団法人P.A.A.S.
代表:代表理事 青山雄期・垣本右近
所在地:〒399-9301 長野県北安曇郡白馬村大字北城11418
設立:2021年(令和3年)7月21日
事業内容:スポーツ施設等の開発及び管理・運営、スポーツ及び健康づくりに関する調査研究・情報提供
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)