その他

ヘルスケア分野に特化したビジネス創出プログラム!【大阪公立大学ヘルステックスタートアップス2022】プログラム参加者募集開始

大阪産業局(大阪イノベーションハブ)
ヘルスケア分野でテクノロジーを活用した、新規事業を起こしたい方を対象とした、ビジネス創出プログラムです。大阪公立大学と連携しながら、ビジネスの組み立て方を実践的に学び、ヘルスケア分野の様々な専門家によるメンタリングにより、事業化をめざします。プログラムの最後にはビジネスプランを発表する「デモデイ」を実施し、協業パートナーの探索や資金調達に繋げていきます。 https://www.chsi.osaka-cu.ac.jp/healthtech_startups/





プログラムの特長


各分野の専門家が集結&協業パートナー探索も!
・大阪公立大学の医療従事者や教員、ヘルスケア分野の専門家がメンターを務めるため、多角的な視点でアドバイスを受けながらビジネスが構築できます。

・各々の事業プランに応じた実践型ワークショップを中心とするプログラム構成で、早期のビジネス化をめざすことが可能です。

・ビジネスを実現するためのシーズ探索や、ヘルスケア分野に精通する方との交流の場「ヘルステックミートアップ」を通じて、協業パートナー探索をサポートします。


対象となる領域


健康・介護・医療・看護・予防


プログラムの枠組み


■ヘルスケアビジネス講座
専門家から見るヘルスケア分野の現状と課題、事業化する上での重要なポイントを座学で学ぶ

■ビジネスモデル構築ワークショップ
自身のアイデアを可視化し、仮説と検証を繰り返しながら、ビジネスモデルを仕上げる実践型ワークショップ

■知的財産戦略講座
特許や意匠、ノウハウなどをどう使うかという知的財産マネジメントや活用事例を知る

■プレゼンテーション講座
プレゼンを構成する話しの構成・魅せる資料・語る力の3つの要素を知り、プレゼン作成のコツを学ぶ

■ビジネスプランブラッシュアップ
メンタリング:ビジネスプランをブラッシュアップするためのヘルスケア分野の専門家によるメンタリング
個別サポート:それぞれの段階に合わせたアドバイスや、シーズ・協業パートナー探索をサポート

■ヘルステックミートアップ
医療従事者やヘルスケア分野の専門家との交流、ディスカッションの場。シーズ探索、協業パートナー探索等に活用


プログラムの流れ




※プログラム日程の詳細については、 https://www.chsi.osaka-cu.ac.jp/healthtech_startups/ より、ご確認ください。


実施場所


オンラインで実施
※ヘルステックミートアップやデモデイなど一部のプログラムについては、新型コロナウイルス感染症の状況に応じて、大阪公立大学健康科学イノベーションセンター等で実施する場合もございます。


メンター一覧


ヘルスケア分野の最前線で活躍するプロがメンタリング















参加対象


・ヘルスケア分野でテクノロジーを活用した新規事業の立ち上げをめざしている方
・ヘルスケア分野で活用したいビジネスアイデア・技術を保有している方



参加資格


下記のすべての条件を満たしていること
・全日程にチームメンバーの1人以上が参加できること
・ヘルスケア分野のビジネスプランもしくはビジネスアイデアを保有していること
・パソコンの基本操作、Officeソフト(ワード、エクセル、パワーポイント)によるデータ作成技術を有していること
・オンラインでの参加が可能な環境があること
・オンラインツール(ZoomやSlack等)が利用可能であること
・15歳以上の方(未成年の方は、保護者の同意が必要です)
※全国から応募可


プログラム受講料


社会人:50,000円 ※チーム参加の場合は、チーム割引として25,000円/名
学生・大学院生(社会人大学院生含む):無料


定員


社会人:15チーム程度
学生・大学院生(社会人大学院生含む):5チーム程度
※個人・チームいずれも参加可能


申込期間


2022年5月20日(金)~2022年7月4日(月)18:00
※締切を過ぎたエントリーシートは一切受け付けできません。あらかじめご了承ください。


2021年度受講生の声


・ヘルスケアの領域の広さと深さ、ヘルスケア市場の現状について全体像の理解に役立ちました。全体が見えたおかげで自身の事業エリアの方向性がよく見え、展開先が拡がりました。

・新しいアイデアをいただいたり、自分では気づかなかった視点や考え方をご教示いただき、毎回、感動しました。本当に全てのメンターの方に感謝です。ありがとうございました。

・毎回親身になってサポートしてくださいました。何度も、「何でも相談してくださいね」と言ってくださったのが心強かったです。最後のピッチ練習の際も、たくさんのアドバイスと視点をいただきました。


共催


公益財団法人大阪産業局
大阪イノベーションハブ


協力


大阪スタートアップ・エコシステムコンソーシアム
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)