医療・医薬・福祉 美容・健康

アトピー性皮膚炎患者さんが叶えたい目標を設定し、将来を設計する目標設定ツール「マンダラチャート」を活用したオンラインワークショップ開催 

日本イーライリリー株式会社
~イラストレーター”ニシイズミユカ”さんが、患者さんがなりたい自分をポートレート化~


日本イーライリリー株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:シモーネ・トムセン、以下「日本イーライリリー」)は、日本最大級のアトピー性皮膚炎患者さん向けのアプリ「アトピヨ」を運営するアトピヨ合同会社(本社:千葉県市川市、代表:Ryotaro Ako、以下「アトピヨ」)協力により、目標設定ツール「マンダラチャート」を使い、目標を考え・将来を設計する『ワークショップ』を、2022年7月1日(金)18:30~20:30(*所要時間 2時間程度)、オンライン(ZOOM)で開催いたします。皮膚科専門医の近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授 大塚篤司先生による、衣替えを終え夏が本格化を迎えるこの時期に、患者さんが快適に過ごすポイントなどについてのご講演や、「アトピヨ」代表のAkoさんも参加のワークショップ、さらにイラストレーターのニシイズミユカさんのポートレートのプレゼントなどを行います。なお、参加される方へは2022年6月19日(日)11:00~12:15(*所要時間 1時間15分程度)、マンダラチャートを作成いただく『事前説明・個別ワーク』を実施させていただきます。本ワークショップに参加を希望するアトピー性皮膚炎患者さんを、2022年5月16日(月)14:00から6月9日(木)23:59までの期間、WEB応募フォーム(https://www.secure-cloud.jp/sf/1652076322TGYBGHAC)にて、近畿エリア在住の方5名程度募集いたします。

本ワークショップでは、アトピー性皮膚炎患者さんが患者さん同士や医師と話し、周囲の意見を聞きながら、本当になりたい自分・送りたい生活について考え、そのためにできること、するべきことをご自身で設計していただきます。そして、患者さんが新しい選択肢を知り、新しい世界を実感し行動に起こすことで、生活の質を向上させ、より良い将来へ向かっていただくことを目指します。

当日は、事前に作成いただいたマンダラチャートを使い、参加される他の患者さんや講師の先生と話し合っていただき、患者さんお一人お一人の「より良い生活」、その実現に向けた計画について考えていただきます。

マンダラチャートは、3×3の9マスの枠で構成されるフレームワークで、9つのマスの真ん中に目標、周辺のマスに関連する小目標を入れて、目標を達成するために何が必要なのかを可視化していく、有名アスリートなども活用している目標設定ツールです。これを活用していくことで、漠然としていた目標や、目標へ向かって行うべき行動をより明確にすることをサポートします。

本ワークショップの講師は、皮膚科専門医として臨床現場で活躍しながら、患者さんと医師のコミュニケーションの大切さを積極的に発信されている近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授 大塚篤司先生にご登壇いただきます。先生には、アトピー性皮膚炎に関する最新の情報、患者さんと医師とのコミュニケーションのヒント、そして夏服ファッションをはじめとした“夏”を謳歌するポイントなど、今の時期、患者さんが気になることについてご講演をいただきます。また、ファシリテーションサポートには、患者さんのサポートになることを目指し、文字だけでなく「画像」を投稿することで、アトピー性皮膚炎特有の症状を匿名で記録・共有できるアプリ“アトピヨ”を運営されるアトピヨ合同会社 代表 Ryotaro Akoさんにご参加いただきます。


ポートレートイメージ
なお、ワークショップには、化粧品パッケージや広告、ファッション誌など様々な分野でご活躍され、ファッショナブルな作風でその人の顔の特長を温かく表現するポートレート(似顔絵)が人気の、イラストレーターニシイズミユカさんにもご参加いただきます。患者さん作成のマンダラチャートからオリジナルのポートレートを書き起こしていただき、マンダラチャートを華やかに素敵に仕上げていただきます。ワークショップ後には、参加された患者さんへプレゼントさせていただきます。

日本におけるアトピー性皮膚炎の患者さんは、厚生労働省によると51.3万人と推計されていますi。イーライリリー・アンド・カンパニーが、2019年7月~9月に、オーストラリア、ベルギー、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、スペイン、英国、日本の10か国で、医師により診断を受けた成人のアトピー性皮膚炎患者さん2,314名を対象として実施した「アトピー性皮膚炎患者さんの満足度及びアンメットニーズに関する国際調査」に含まれた日本人患者さん252名の調査結果によると、アトピー性皮膚炎の患者さんは、症状悪化によって「精神的な安定」、「睡眠」、「日常生活」などへの影響が大きく、「仕事」、「社会生活」、「家庭生活」へも中程度の影響があると回答している一方で、全体で45%の患者さんが現在の治療で目標が十分に達成されていないと感じていることが示されましたii。

日本イーライリリーでは、アトピー性皮膚炎患者さんの「より良い生活の質」に向けて何ができるか、患者さんや周囲の方々と共に考えていきたいと願っています。

i 厚生労働省「平成29年患者調査」
ii2019年イーライリリー調べ 「アトピー性皮膚炎患者さんの満足度及びアンメットニーズに関する国際調査」2,314名、オーストラリア、ベルギー、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、スペイン、英国、日本の10か国


■ アトピヨ合同会社
アトピヨ合同会社は、日本最大級のアトピー患者向けアプリ「アトピヨ」を開発・運営し、製薬会社・医療機関等と共に、アトピー分野における調査・研究・製品開発・疾患啓発を支援しています。


■ 近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授 大塚篤司先生
1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリッヒ大学病院客員研究員、2017年京都大学医学部特定准教授を経て2021年より近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授。皮膚科専門医。アレルギー専門医。がん治療認定医。がん・アレルギーのわかりやすい解説をモットーとし、コラムニストとして医師・患者間の橋渡し活動を行っています。



■ ニシイズミユカさん
静岡県浜松市出身。東京都在住。桑沢デザイン研究所 ファッションデザイン科卒業。テキスタイルとファッションのデザイナー経験を活かし、数々の企業とのコラボや、化粧品パッケージ、広告、ファッション誌、似顔絵のイベント等で活躍中。


オンラインワークショップ~「マンダラチャート」でアトピー性皮膚炎患者さんの目標を考える~     ワークショップ概要/募集要項


タイトル : オンラインワークショップ ~「マンダラチャート」でアトピー性皮膚炎患者さんの目標を考える~
日時 : 2022年7月1日(金)18:30~20:30(18:00~オンライン受付開始)
登壇 : 近畿大学 医学部皮膚科学教室 主任教授 大塚 篤司 先生
    アトピヨ合同会社 代表 Ryotaro Ako さん
イラストレーター ニシイズミユカ さん
プログラム  :1.ワークショップ ~「マンダラチャート」でアトピー性皮膚炎患者さんの目標を考える~
ファシリテーションサポート:アトピヨ合同会社 代表 Ryotaro Ako さん
コメント/イラスト作成:イラストレーター ニシイズミユカ さん
        2.講演 「アトピー性皮膚炎治療の最新状況と医師と患者さんのコミュニケーション」
          近畿大学 医学部皮膚科学教室 主任教授 大塚 篤司 先生
人数     :近畿エリア(大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・三重県・滋賀県・和歌山県)在住の方
        5名程度(抽選)
参加費     :無料
形式     :オンラインワークショップ(ZOOMによるオンライン配信)
主催     :日本イーライリリー株式会社
協力     :アトピヨ合同会社

■事前説明・個別ワーク概要
参加者へは、ワークショップに先駆け、別日にてマンダラチャートを作成いただきます。
スケジュール上、参加ができない場合は、お問合せください。個別にご調整いたします。

日時     : 2022年6月19日(日)11:00~12:15(10:30~オンライン受付開始)
登壇     : マンダラチャート講師 (株)クローバ経営研究所* 松村 剛志 さん
プログラム  : 
1.本イベントに関する説明
2.「アトピー性皮膚炎患者さんver. マンダラチャート」の説明と個人ワーク
講師:(株)クローバ経営研究所 松村 剛志 さん
3. マンダラチャートや次回ワークショップに関する質疑応答

*(株)クローバ経営研究所
「マンダラ手帳活用セミナー」、「マンダラチャート認定講師セミナー」、「マンダラ経営計画セミナー」、「マンダラ人生計画セミナー」などを主催し、マンダラ手帳・マンダラチャートの普及と啓蒙を行っています。

■応募概要
応募期間  :2022年5月16日(月)14:00から6月9日(木)23:59まで
申込ページ :以下のURLより、必要事項を記載の上、お申込みください。
https://www.secure-cloud.jp/sf/1652076322TGYBGHAC
厳正な抽選の結果、当選者のみ、6月10日以降に事務局よりメールまたは電話でご連絡します。 落選の方には連絡いたしません。ご了承ください。

応募資格  :
1.近畿エリア(大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・三重県・滋賀県・和歌山県)に在住のアトピー性皮膚炎患者さん本人
2.日本国内在住で、応募時に20歳以上の方
3.インターネットに接続できる方(もしくは付き添いの方がインターネット接続可能な方)
4.WEBカメラ、マイク、スピーカー付帯パソコン、タブレット、またはスマートフォンをお持ちの方
5.本イベントの日程の『事前説明・個別ワーク』並び、『ワークショップ』両日に参加が可能な方
6.下記に同意頂ける方
・似顔絵イラスト作成のために、顔写真を提供いただきます。(提供いただいた写真はイラスト作成以外には使用せず、作成後、速やかにデータ破棄します。)
・ワークショップの模様は、動画・静止画撮影させて頂きます。また、ワークショップの様子は、メディアによる取材を受ける可能性があります。メディアの記事や番組内で、画面に映ったお顔やお名前や年代が掲載される場合があります。(正面からのお顔の撮影は避ける、お名前ではなくニックネームでのご参加などのご相談は別途させていただければと思います。)
・ワークショップで作成されるマンダラチャートの著作権はご本人に帰属します。ニシイズミユカさん作成のイラストは、ニシイズミユカさんご本人に帰属
・作成したイラストは参加者へ提供させていただきます。なお、参加した患者さんが、ご自身のイラストについてはSNSアイコンなど自由に使用することができることとします。その際は、個人利用のみ、商用利用は不可となります。また、利用は日本イーライリリーの公式発表後からとなります。(発表タイミングは決定次第お知らせします。)
・動画・静止画並びに作成されたマンダラチャートを含むワークショップの内容については、日本イーライリリー株式会社が実施するアトピー性皮膚炎に関連する啓発活動(紙・WEBニュースを含むメディア掲載、広告、啓発用動画、印刷物、ホームページ・SNSなどのオウンドメディア掲載、の他各種PR活動等)に使用する可能性があります。また、協力企業、協力者のSNSなどへ告知などの用途で使用する可能性があります。

問合せ先  :
『オンラインワークショップ~「マンダラチャート」でアトピー性皮膚炎患者さんの目標を考える~』参加者事務局 / E-mail:atopy-ws@knot-inc.co.jp 受付時間:10時~17時(土日祝日除く)


日本イーライリリーについて
日本イーライリリー株式会社は、米国イーライリリー・アンド・カンパニーの日本法人です。人々がより長く、より健康で、充実した生活を実現できるよう、革新的な医薬品の開発・製造・輸入・販売を通じ、がん、糖尿病、筋骨格系疾患、中枢神経系疾患、自己免疫疾患、成長障害、疼痛、などの領域で日本の医療に貢献しています。詳細はウェブサイトをご覧ください。https://www.lilly.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)