美容・健康 医療・医薬・福祉

メンタルヘルスに関する10の俗説を覆し、心の健康を増進させよう

アトラス日本合同会社
~精神と身体の密接な関係/体が教えてくれる精神面の不調に気づくために腸内フローラ検査をお勧め~


世界で唯一、遺伝子と腸内フローラの検査結果を統合したレポートを提供しているパーソナライズドヘルスソリューション企業、アトラスバイオメッド(本社:英国 ロンドン、CEO:セルゲイ・ムシエンコ、子会社:アトラス日本合同会社(住所:東京都渋谷区、代表者:セルゲイ・ミュシエンコ、以下 アトラスジャパン<https://atlasbiomed.co.jp/>は、アトラスバイオメッドに所属する、人と微生物の関係を研究しているロス・カーヴァー・カーターが5月6日に執筆した、「メンタルヘルスに関する俗説を覆し、心の健康を増進させるには」と題する考察レポート<https://atlasbiomed.com/blog/mental-health-myths/> の抄訳を発表しました。

カーターによると、英国では、毎年4人に1人がメンタルヘルスの問題を経験し、6人に1人が、ある週に不安やうつ病などの一般的なメンタルヘルスの問題を経験したと報告しています。<https://www.mind.org.uk/information-support/types-of-mental-health-problems/statistics-and-facts-about-mental-health/how-common-are-mental-health-problems/><https://webarchive.nationalarchives.gov.uk/ukgwa/20180328140249/http://digital.nhs.uk/catalogue/PUB21748>

日本では、100人に約6人が生涯のうちにうつ病を経験しているという調査結果があります。また、女性の方が男性よりも1.6倍くらい多いことが知られています。<https://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_depressive.html

こうした状況にもかからず、世間にはメンタルヘルスに関する誤解が蔓延し、偏見を生み、人々がメンタルヘルスの問題の治療を受けるのを妨げています。この問題を解決するために、メンタルヘルスに関する誤解を正していきたいと思います。


誤解1:精神と身体の健康は別物である
精神的な健康と身体的な健康は複雑な方法でつながっています。社会的孤立や精神的な痛みはメンタルヘルスに影響を及ぼします。心の健康は身体の健康にも影響を及ぼします。「孤独」について考えてみましょう。社会的な孤立はうつ病の原因となりますが、孤独は高血圧や免疫力の低下とも関係があると言われています。

50歳以上のアメリカ人2,000人以上を対象にしたある研究では、孤独は病気や死亡の危険因子であることが確認されています。他の研究でも、孤独は身体活動の低下、睡眠障害、鬱症状を引き起こし、健康問題につながることが示されています。うつ病や不安が腸脳軸を介して過敏性腸症候群 (IBS)の症状を悪化させることも分かっています。つまり、表向きは別々の器官であるこの2つの器官は、迷走神経と中枢神経系を介して双方向にコミュニケーションをとっているのです。つまり、心の不調は腸の不調につながり、その逆もまたしかりということです。「胃がムカムカする」「緊張してトイレに行きたくなる」という経験がある人は、腸脳軸の働きを実感していることでしょう。心と身体は無関係ではなく、密接に関係しているのです。

体の不調に気づいたものの医療機関に行くか迷うようなとき、腸内フローラ検査で現状を可視化してはどうでしょうか?腸内フローラ検査を体験することは医療行為ではなく、あくまでもユーザーが自分の腸内環境を可視化するためのツールです。

誤解2:メンタルヘルスの問題は、弱さの表れである
メンタルヘルスは、多くの場合、遺伝的な要素を含んでおり、他の疾患と同様に、会話療法であれ薬物療法であれ、治療が必要です。さらに、摂食障害やうつ病などの精神疾患を患っている人は、簡単にその状態から「抜け出す」ことはできないのです。

誤解3: メンタルヘルスの問題は珍しいことである
英国では、毎年4人に1人がメンタルヘルスの問題を経験し、6人に1人が、ある週に不安やうつ病などの一般的なメンタルヘルスの問題を経験したと報告しています。さらに、5人に1人が一生のうちに自殺願望を持ち、15人に1人が自傷行為をしていると報告されています。これらの行動を報告しない人の数を考慮すると、現実はもっと厳しいかもしれません。家族、友人、同僚、パートナーなど、私たちのほとんど全員が、精神疾患を持つ人を知っているのです。

誤解4: メンタルヘルスは特定の人にしか影響しない
精神疾患は、収入、生い立ち、人種、性別に関係なく、誰でもかかる可能性があります。落ち込んでいることと、他人に対する思いやりがないことは同じではありません。

誤解5:摂食障害になるには低体重でなければならない
摂食障害には、食べ物に関する混乱した考え方が影響します。体重が減少する障害もありますが、体重が増加する障害もあります。例えば、むちゃ食い行動の人は、過食症の人と同じように、BMIが平均かそれ以上である可能性があります。正食症の場合は、健康的な食事に不健康なこだわりを持つようになり、生活の質に深刻な影響を与えることがあります。この障害を持つ人は、筋肉質であったり、スポーツマンらしい体格をしていても、摂食障害に苦しんでいるのです。つまり、体重減少は摂食障害の症状のひとつではありますが、万能でもなければ、診断に必要なものでもないのです。

誤解6:強迫性障害(OCD)は性格的な癖であり、軽いOCDもあり得る
OCDは、強迫観念を持ち、強迫行為を行うことで不安を解消しようとする障害です。例えば、ドアノブに4回触れなければ家族に危害が及ぶのではないか、特定の方法で手を洗わなければ病気にかかるのではないか、といった行動をとることです。こうした儀式は1日に何時間もかかることもあり、OCDの患者にとっては生活の質を低下させ、私生活や仕事にも支障をきたすことになる深刻なそのため、OCDを持つ人々は、平均的な人々よりもはるかに高い確率でうつ病を経験します。

OCDは必ずしも目に見えるものではありません。OCDはきれい好きな人の代名詞であるという固定観念が、この障害を持つ人々が発言したり、治療を受けたりすることを阻んでいます。

誤解7: 精神的な病気を持っていると、仕事を続けることができない
精神面で厳しい状況にあると仕事をする能力に影響を与えることはありますが、長期的な精神衛生上の問題を抱える多くの人々は、仕事を続けていますし自分の選んだ分野で成功を収めています。アーネスト・ヘミングウェイ、エイブラハム・リンカーン、チャールズ・ダーウィン、アイザック・ニュートンなど、偉大な作家や思想家の中には、精神面の問題で苦労した人たちがいます。もし、メンタルヘルスの問題が日々の生活に影響を及ぼしていると感じたら、専門医に相談することを推奨します。彼らの支援と指導により、メンタルヘルスの問題を管理し、生活の質を向上させることができます。メンタルヘルスの問題は、足を骨折したときに整形外科で治療するのと同じように専門医に相談しましょう。

誤解8: メンタルヘルスの問題には治療法がない
治療、薬物療法、生活習慣の改善、あるいはその3つの組み合わせで、精神疾患を抱えながらも幸せで充実した生活を送ることができます。診断やその原因によって、効果的な治療法は異なりますが解決方法はあります。
誤解9: メンタルヘルス疾患を持つ人は、見ればわかる

精神疾患を患っているかどうかを見分けることができる人もいるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。うつ病やその他の疾患は、目に見えるものとそうでないものがあり、さまざまな形をとります。うつ病になると睡眠時間が長くなったり、身だしなみがおろそかになったりする人がいる一方で、正常に機能し続け、心の葛藤を隠すことに長けている人もいるのです。もし誰かがうつ病だと言ってきたら、その言葉を信じましょう。

誤解10:自傷行為は注目を浴びたいがための一種
自傷行為は、精神的苦痛に対処する方法の一つです。自傷行為をする人の多くは、長袖を着たり包帯を巻いたりして、その行為を隠すために大変な努力をします。自傷行為は自殺行為ではありませんが、自傷行為をする人は自殺の危険性が高いため、常に彼らの行動を深刻に受け止める必要があります。<https://www.priorygroup.com/blog/self-harm-more-than-just-attention-seeking-behaviour>


免責事項:この記事は情報提供のみを目的としたものです。専門的な医学的アドバイス、診断、治療の代わりとなるものではありません。


「アトラス遺伝子検査」
ユーザーの唾液サンプルから遺伝子データを解析・解釈・可視化します。予防・改善可能な疾患発症リスクにフォーカスした検査です。この検査によって2型糖尿病、クローン病、パーキンソン病などの13の多因子疾患発症リスクを評価するとともに個人特性・形質を判定します。科学的根拠に基づいたパーソナライズされた健康増進アドバイスを提供します。

「アトラス腸内フローラ検査」
ユーザーの糞便サンプルから微生物遺伝子を解析、解釈、可視化します。この検査でユーザーの腸内フローラの酪酸・ビタミン合成能力、食物繊維の分解能力、腸内フローラの多様性、プロバイオティクスと善⽟菌の状態を評価します。さらに2型糖尿病、クローン病などの5の疾患の発症リスクから腸内フローラがどの程度保護してくれているかを評価します。さらに腸内フローラのタイプを判定し、検査結果を基に、パーソナライズされた食事に関するアドバイスを提供します。

ユーザーの唾液、糞便サンプルはアトラスバイオメッドに送られ、分析されます。Atlas検査を受けたユーザーは、アトラスバイオメッドがオンラインで提供するパーソナルアカウントにアクセスし、検査結果、健康状態の改善に結びつくことが科学的に証明されているパーソナライズされたアドバイスやお勧めの食品を確認することができます。

アトラスバイオメッドについて
アトラスバイオメッドは、2016年にイギリスで設立されたパーソナライズドヘルス企業です。遺伝子および腸内フローラ領域の最先端技術と、ユーザーの遺伝子、腸内フローラ、ライフスタイルデータを組み合わせることで、健康状態を多面的に把握します。それらをもとにパーソナライズされたアドバイスを提供し、健康に関する意識向上及びデータに基づいた意思決定を支援します。

アトラスバイオメッドの検査キットは、英国、欧州16か国そして日本で提供しています。アトラス合同会社はアトラスバイオメッドの日本の子会社です。一般の方の問い合わせ先:hello@atlasbiomed.co.jp 

アトラス日本では腸内フローラ、遺伝子検査の詳しい内容や、腸活に役に立つブログを掲載しています:https://atlasbiomed.co.jp/blog/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)