ネットサービス・アプリ 美容・健康

日常の美容と健康をヘアケアからアップデートするFaview、Faview内で髪や肌の悩みを美容師に相談できる項目を5月9日より問診表に追加

株式会社ViewBE
「美容サロンで予防医療を」日常の美容と健康をヘアケアからアップデートするFaview(ファビュー)(東京都中央区日本橋、代表: 鈴木葉留奈、以下、ファビュー)が、髪や肌の悩みをFaview公式LINE上で相談できるようになりました。





美容室に行く前に自分の悩みを相談できるようにウェブ上で問診表を作成しました。これによって美容師を探しているお客様と悩みを解決できる美容師さんが会いやすくなるだけではなく、遠方であっても美容師さんとお客様が繋がれるようになります。
メイン機能のFaviewカルテと併せて、肌や髪の相談ができる場所としてFaviewを使っていただきたいと思い、機能開発しました。


■相談場所

公式LINE登録後の画面で「問診表」を入力します。その際に自分の現状(美容室履歴・悩み・美容師さんに求めること)を入力することで、問診表を見た美容師さんからメッセージを受け取ることができます。


【問診票入力画面】





■2回目以降の相談

メッセージスレッドができている美容師さんにはそのまま新しい相談が可能です。

新たな美容師さんに相談を載ってもらいたい場合はMypageの「問診票更新」画面から新しい問診票の作成が可能です。


■相談内容

どんな内容でも可能ですが、相談にのってもらえるかどうかは問診票をみた美容師さん次第です。内容によってはFaviewカスタマーサポートや医師が対応致します。(診断はできません)


《これまでの相談内容と回答(一部)》

・パーマでビビリ毛になった経験があるが、朝の支度を楽にするためにパーマをあてたい。カールの大きさを変えればビビリ毛にならないか。(ブリーチ履歴あり・女性)

→パーマ剤にも強さの種類があるので調整ができる。髪質を見させていただき、相談しましょう。ダメージがひどくて朝の支度が難しくなっているのであれば、トリートメントとカットでまとまりのあるヘアスタイルにしていきましょう。


・髪のひろがりが気になる(カラー、パーマ、ストレート履歴あり・女性)

→過去の様々な特殊施術で髪が細くなり、湿気によって広がっている可能性です。自宅ケアのアウトバスアイテムを見直すことをおすすめします。施術であればトリートメント要素が強いストレートメニューがあるのでそちらもおすすめします。


■相談できるようにした理由

自分の髪と頭皮の現状を知り、きれいのためのケアを選ぶ基準をつくれるようにする「Faviewカルテ」機能があります。Faviewカルテ機能はどこの美容師さんでも記入してもらうことができます。しかし、美容師さんはそれぞれ得意な技術が異なるため、「カラー技術は満足しているけど髪質に関して相談ができない」という現象があることをFaview利用のお客様から教えて頂きました。

Faviewには相性をもとに美容師さんを紹介する機能もあります。そこで紹介させていただく美容師さんは事前面談をさせていただき、ヘアケアや肌ケアに関心がある方のみを集めています。その美容師さんたちに相談にのっていただくことでお客様の課題解決につながるのではと思い、相談できる仕様をつくりました。Faview面談登録の美容師さんにとっても新たなお客様獲得のチャンスになると考えています。

■Faview(ファビュー)とは

「美容サロンで予防医療を」日常の美容と健康をヘアケアからアップデートする美容師さんとの出会いと頭皮や髪の管理とケア方法がわかるサービスです。

・髪やこころのケアをしたい方
・ハイクラス美容師と美容時間を有意義な時間に過ごしたい
・美容室難民から解放されたい

という方に使っていただけるサービスとなっています。


■Faviewメイン機能 「Faviewカルテ」開発の背景




頭皮や髪は自分では見えない部分なので、「自分にとってのふつう」も異変もわかりにくい場所です。頭皮もストレスで皮脂がでやすくなったりくすんだり、髪が抜けやすくなったり細くなったりしますが、お顔と同じようにケアを意識している方は少ない。現状把握できる美容師さんにしっかりチェックしていただくことで、自分のからだのことを分かり、ケアを意識するようになれると思い、機能開発をしました。


https://www.faview.jp/

WEB:https://www.faview.jp/

Instagram:https://www.instagram.com/faview_beaute/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)