医療・医薬・福祉

日本初!PCR検査室車載「移動式PCR検査バス」最短3hで結果報告。群馬の民間救急サービス会社が6月OPEN システム運営会社×遺伝子検査学大学教授と連携して検体採取、PCR検査~結果報告まで一元管理

株式会社スター交通
「移動式PCR検査バス」記者発表会のお知らせ 日時:6月4日(土)10時30分~11時30分(受付開始:10時15分)場所:Gメッセ群馬(住所:群馬県高崎市岩押町12−24 )1階展示ホールC 

国土交通省が免許・管轄する消防署の認定を受け、緊急性のない傷病者を対象に搬送を行う民間救急サービスを運営している株式会社スター交通(本社:群馬県邑楽郡大泉町坂田256-2 代表取締役:碓氷 浩敬)は2022年6月4日(土)、日本初となる移動式の衛生検査所「スター交通移動PCR検査衛生検査所」(群馬県・臨時衛生検査所)のサービスを開始します。


■最短3時間で結果報告!業界最速のPCR検査報告を実現した日本初の「移動式PCR検査バス」誕生

スター交通移動PCR衛生検査所 外観

「移動式PCR検査バス」は、車内に検体採取会場と衛生検査所認可を取得したPCR検査室を設け、PCR検査に必要な設備を全て備えるサービスです。コロナ禍において日々感染者輸送に従事していた当社は、その経験からPCR検査の結果の迅速さの必要性を感じ、「必要とするところへ出向けたら・・・」との思いから大型バスの改装を考案。群馬パース大学の遺伝子検査学教授 長田誠先生×システム構築サービスを提供している株式会社nullと連携して実現させました。従来衛生検査所は、固定の住所しか認められていませんでしたが、今年の2月に新型コロナウイルス検査のための臨時衛生検査所として移動式が許可され、バス型の衛生検査所は日本第1号となります。
スター交通移動PCR衛生検査所 外観

PCR検査は、依頼者から検体をお預かりしたあと、検査所に集めて検査を行うケースが多く、結果のご連絡までに数日掛かります。PCR検査は初期の感染状況を確認するために最も適した検査法で、感度・特異度ともに高く、5コピーのウイルス配列が存在すれば陽性となります。現在、感染から発症までは約3日間といわれているため、発症前にPCR検査をして当日報告をすることで、不要な自粛活動から解放されることを目指します。検査室は、IoT機器を使った最新のクラウド保安システムでモニタリングしており、検査業務を記録管理する専用の業務システムと連動して管理を行い、従来の検査施設と同等以上の性能を実現。高精度で正確な検査結果を最短で3時間~当日中に提供することを可能にしました。

バス内には、技術研修を合格した臨床検査技師、 感染対策の教育研修を受講した搬送スタッフが常駐しています。検査料金は、保険適用検査、行政検査であれば、検査料金=1検体6,600円(税込)※ 。不活化試薬入り唾液採取キット、鼻咽頭スワブ提供の場合も、追加料金はありません。行政や企業、医療団体など幅広い用途に対応できるよう、「拠点開設プラン」「集荷プラン」「来店プラン」の3つのプランを用意しました。拠点開設は、大型バスの駐車スペースがあれば可能です。さらに、民間救急、感染症輸送で培った経験を活かし、緊急のクラスター発生事案も速やかに対応します。 ※保険点数の改定による変更の可能性あり

■「移動式PCR検査バス」概要

サービス開始日:2022年6月4日(土)

電話番号:050ー3154ー1109

検査料金:1検体6,600円(税込)※保険適用検査、行政検査の場合のみ

営業時間:12時~25時(集荷最終:22時/検査最終:23時)

提供プラン:
1.拠点開設プラン※1日30件以上の検査件数が見込まれる場合のみ2.集荷プラン3.来店プラン

HPサイト   :https://pcr.delivery/

※1 空車がない場合、対応できないことがあります。空き枠については拠点開設カレンダーをご確認下さい
※2 検体数によりお時間をいただく場合がございます。
※3 自費検査を目的とした拠点開設は7日前までのお申込み、最大3日間までとなります

■リアルタイムPCR検査について

従来のPCR法は、遺伝子を増幅した後に電気泳動という方法で増幅産物を確認する必要がありましたが、リアルタイムPCR検査はサイクルごとに蛍光を測定することで、増幅をリアルタイムに観察することができます。当検査所の新型コロナウイルス感染症の検査では、このリアルタイムPCRの特性を活かして、唾液や鼻咽頭ぬぐい液中のウイルスを検出します。
スター交通移動PCR衛生検査所 内観


スター交通移動PCR衛生検査所 内観

■導入のメリット

・最寄りに検査機関が無い市街地から離れた山間部や、高齢者の多い限界集落などにも迅速に検査室が開設できる

・迅速な結果報告により感染の早期発見と隔離、その後の対応が早くなり、感染拡大を防ぎながら社会生活を守れる

・受付時間を23時までにすることで、学校や仕事に支障がなく検査を実施でき、夕方からの発熱等にも対応できる

・クラスター発生時に駆け付け、迅速に検査環境を提供することができる

・移動式でどこでも検体採取とPCR検査が実施できることで、まん延を未然に防ぎ、地域社会に貢献できる

■今後の展開について

まず行政・医療機関・民間企業を中心に、群馬県を拠点として1都6県を活動エリアとします。徐々に日本全国へとエリアを拡げ、よりスピード感あるPCR検査判定を目指します。今夏、前橋市内にラボを設置し、来店だけでなく、個々のご家庭や職場への検体回収サービスを提供予定。他のPCR検査との差別化を図り、移動式PCR検査同様あくまでもスピードと利便性を追求します。
株式会社スター交通 代表取締役 碓氷 浩敬(うすい ひろたか)
群馬パース大学 医療技術学部 検査技術学科 臨床検査技師 一級遺伝子分析科学認定士 長田 誠(おさだ まこと)
スター交通移動PCR衛生検査所 管理者 臨床検査技師 谷亀 麻衣(やがめ まい)


株式会社null DX推進室 大田 真也(おおた しんや)

■株式会社スター交通 について

2002年、旅行代理店業を行う株式会社ワールドツアーズを設立。その9年後の2011年、株式会社スター交通を立ち上げ、貸切バス事業を開始。しかし、準備を進めている最中に東日本大震災が発生したことがきっかけとなり、社長、従業員が専門学校に通い、消防救急と同じ設備や常勤の看護師の採用を進め、3か月後に民間救急事業をスタートさせる。感染症対策として群馬県の保健予防課への協力に始まり、新型コロナウイルス対応ではクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」での搬送に当たるなど、最前線で活躍。さらなる社会貢献をめざしバスの可能性を追求している。

貴社媒体でのお取り扱いをご検討いただけますよう何卒宜しくお願いします。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)