デジタル製品・家電 医療・医薬・福祉

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止に向け、ペンサイズ30グラムの充電式オゾン生成システム「オゾンペン」が、クラウドファンディング「マクアケ」で販売開始。

株式会社ケースオクロック
材料は水のみ、強力な除菌力に期待。

商品企画・販売、広告コンサルティング事業を手掛ける株式会社ケースオクロック(本社:東京都渋谷区、代表取締役:山本智也)は、3月12日14時よりクラウドファンディング(マクアケ)にて、除菌率99.9%と言われている「オゾン水」生成器をペンサイズまで小型化した「オゾンペン」の販売を開始します。本プロジェクトは3月12日から4月28日までを募集期間とし、5月中旬以降から出荷予定となります。



充電式オゾン生成システム「オゾンペン」クラウドファンディングサイト:
https://www.makuake.com/project/ozonepen/

■業務用として需要が高いオゾン生成器を小型化・民生品化に成功

オゾン(O3)は大気中に存在し、空気中の物質と参加反応・分解し「脱臭」「除菌」効果があると言われています。細菌、各種ウィルス、花粉、PM2.5、悪臭の対策にオゾンは活用され、昨今の新型コロナウイルスの除菌効果として再注目されています。オゾンを機械的に発生させる大型の装置が“業務用”としてこれまでも存在し、数十万から100万円と高額なものがほとんど。救急車の車内、病院の手術室、老後施設、学校、そして交通機関の乗り物全般などの公共機関で使用されているため効果は実証済みです。このたびケースオクロックが提供する「オゾンペン」は、まさにその「オゾン発生システム」を小型化・民生品化した商品で、2020年5月中には一般販売を開始、大手家電量販、ドラックストア等にも展開する予定です。

■「オゾンペン」はメンテナンスも楽、ペンサイズ、重さも30グラムと軽量設計
「オゾンペン」の使い方は非常に簡単で、コップに150~250ミリリットルの水を入れてオゾンペンを挿入し、起動中のランプが消えたら終了です。約30秒でコップの水がオゾン水に変わり、うがい用や手洗い用として利用したり、スプレーボトルに入れて除菌スプレーとして利用することが可能です。フィルターの交換も必要なく、メンテナンスは半年に1回クエン酸で洗浄(レモン水がおすすめ)するのみ。マイクロUSB充電による内蔵型のバッテリーで電池交換も必要ありません。1回の充電でコップ20杯分のオゾン水が作れ、さらに除菌効果も高いとのことでアルコール除菌と比べても経済的で身体にも優しいです。ただしオゾン水のオゾンは、15分以内で「酸素」と「二酸化炭素」に分解され浄化された水に変わるため15分以内で利用することをお勧めします。

「オゾンペン」スペック表
■クラウドファンディング特典、先着200名様、51%オフで提供


クラウドファンディング開始を記念して、先着200名に限り、通常小売価格29,800円(税込)を51%オフの14,600円(税込)で提供します。また5本セットで購入すると45%オフで提供するなど、この機会に業務用としても期待されます。
ペン型 オゾン水生成システム「オゾンペン」クラウドファンディングサイト:
https://www.makuake.com/project/ozonepen/



■SGSテストをクリアし品質が保証された「オゾンペン」



日本法人SGSジャパン公式サイト:https://www.sgsgroup.jp/

「オゾンペン」は、世界各地域に1,800以上の事務所と研究所を持ち、スイス・ジュネーヴに本拠を置く、検査、検証、試験、および認証を行う認証機関によるテストをクリアしています。グローバル的に高い品質保証がされたことで安心してご利用頂けます。

本件に関するお問い合わせ
<株式会社ケースオクロックについて>

■会社名 :株式会社ケースオクロック
■住所:〒150-0045 東京都渋谷区神泉町10-10 アシジ神泉ビル7F
■代表取締役 :山本 智也
■設立:2017年 5月 23日
■事業内容 :商品企画開発事業(スマートフォンケースの製造・企画・販売)、貿易事業(輸出入手続の事務代行、前各号に附帯又は関連する一切の業務)、広告コンサルティング事業(WEBサイト並びにシステムの企画、構築および運営、アプリケーション制作、販売促進、イベント、プロジェクトの企画及び運営)
■企業URL :https://caseoclock.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会