医療・医薬・福祉

一緒なら、もっと遠くへいける。quantumがデザインしたモルテンのクルマイス「Wheeliy 2.0」、6月1日販売開始。

quantum
現行モデルからさらなる軽量化を実現、多彩なカラー展開で、身も心も軽やかな外出をサポート。

株式会社QUANTUM ( 本社:東京都港区、代表取締役社長 共同CEO:及部智仁、以下「quantum」、読み方:クオンタム)は、医療・福祉機器メーカーの株式会社モルテン(本社:広島市西区、代表取締役社長:民秋清史、以下「モルテン」)と共同で、乗る人だけでなく、支える人にもさらに使いやすくなったクルマイス「Wheeliy 2.0(ウィーリィ2.0)」を開発しました。Wheeliy 2.0は、2022年6月1日(水)から、モルテンより販売開始されます。



Wheeliy 2.0は、quantumとモルテンが共同で開発し、2019年の発表以降国内外から高い評価をいただいている、日常を旅するクルマイス「Wheeliy」の新モデルです。

本体フレームやホイールの素材を従来モデルから変更することで約3.5kgの軽量化を実現。加えてアームレストにブレーキ機能を持たせたほか、ワンアクションで跳ね上げできるフットレストに変更。
クルマイスの移動を支える周囲の人が直観的にサポートしやすいイエローサインは従来モデルを踏襲しつつ、より一層、外出時の快適性向上を意識したモデルになっています。
フレームカラーのバリエーションは、2色増えて全4色での展開です。quantumは従来モデルに引き続き、コンセプトの設計、プロダクトデザインから、ブランディングまで幅広く担当しています。

quantum は今回のモルテンとの取り組みをはじめとしたパートナー企業との共同事業開発なども含め、今後もあらゆる形で革新的な新規事業、プロダクト、スタートアップの創出に挑戦してまいります。


Wheeliy 2.0ウィーリィ2.0)についてhttps://www.molten.co.jp/health/wheeliy/




― 乗る人も、支える人も、身軽にする。

乗る人だけでなく、支える人にも使いやすくなければ、いいクルマイスとは言えません。

8kg台の軽さは、乗る人も、運ぶ人もラクにする。
黄色いガイドで直感的に扱えるから、進んでサポートしたくなる。
街になじむデザインで、もっと遠くに行きたくなる。

Wheeliy 2.0(ウィーリィ2.0)は、quantumとモルテンが共同開発した、
機能的にも、気分的にも、使う人すべてを身軽にし、軽やかな外出をサポートするクルマイスです。


quantumはWheeliy 2.0のコンセプトの設計、プロダクトデザインから、ブランディングまで幅広く担当しています。

視力を矯正する器具であった眼鏡が、暮らしやファッションの中で当たり前の存在である「メガネ」になったように、車椅子の枠を超え、街の景色になる「クルマイス」を作りたい。そんな思いに基づいて開発した従来モデルのWheeliy(2019年発売)は、車椅子に不慣れな方がどう操作すればいいか直感的に理解できるようにアクセントカラーのイエローを配置するなど、周囲のサポートも含めたクルマイスでの快適な移動を追求したデザインになっています。

今回販売を開始するWheeliy 2.0は、周囲が直観的にサポートしやすいイエローサインなど従来モデルのコアとなるデザインは引き継ぎつつ、より一層、外出時の快適性向上を意識したモデルになっています。


■製品特徴

1. 追求された超軽量モデル
フレームはマグネシウム、ホイールにカーボンを採用することで8kg台を実現しました。



2.ストッパー機能を兼ねたアームレスト
アームレストとして使用できるサイドカバーは、下に押し込むことでブレーキとしても使用できます。




3.簡単に跳ね上げ出来るフットレスト
フットレストは、ワンアクションで跳ね上げることができ、操作性を向上しています。



■カラーバリエーション
Coal black/コールブラック、Mist white/ミストホワイト、Sand pink/サンドピンク、Ice blue/アイスブルーの4色展開。毎日使うことを前提として、日常生活になじむフレームカラーを展開しています。



●quantumについて ( https://www.quantum.ne.jp/ )


quantumはクリエイティビティを軸とした事業開発によって、新しいプロダクトやサービスを創り出すスタートアップ・スタジオです。2016年の創業以来、ベンチャービルダーとして自社事業を立ち上げるとともに、70社を超える企業やスタートアップ、大学と事業開発に取組み、共同創業により多様な新規事業を生み出してきました。同時に、quantumは世界最大のアクセラレーターコミュニティであるGAN(Global Accelerator Network)が運営するGlobal Startup Studio Network(GSSN)にアジアで最初にスタートアップ・スタジオとして認定されています。世界各国のスタートアップ・スタジオとベストプラクティスを共有することで、これからもquantumは起業家精神を大切にするカルチャーの中、クリエイティビティと実装力を駆使して、カーブアウトやジョイント・ベンチャーなどあらゆる形でスタートアップの創出に挑戦していきます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)