美容・健康

Thinkings社主催「Best Recruit Matching Award2022」にて【Growth Up 部門賞】を受賞

株式会社レバレッジ
~sonar ATSを活用した採用の質とスピード向上への取り組みを評価~

フィットネスブランド「VALX(バルクス)」を展開する株式会社レバレッジ(本社:東京都渋谷区 代表取締役:只石昌幸、以下レバレッジ)は、Thinkings株式会社が主催する「Best Recruit Matching Award 2022」にて、急成長中のベンチャー企業で、本質的な採用マッチングに向けた取り組みを急速に取り組んでいる企業が表彰される【Growth Up 部門賞】を受賞したことをお知らせいたします。




■「Best Recruit Matching Award 2022」について
「Best Recruit Matching Award 2022」は、採用管理システム「sonar ATS」の提供開始10周年を記念して開催された、「企業と人材の採用ベストマッチング」を実現しているロールモデルを表彰する「採用担当者のための祭典」です。
アワード当日は、sonar ATSを導入して、採用の変革とベストマッチングを生み出した企業8社と、sonar ATSとの連携で、利用企業のベストマッチングに貢献した企業およびサービス2社の受賞が決まりました。
「Best Recruit Matching Award 2022」 特別サイト:https://sonar-ats.jp/award2022/

■受賞概要
<受賞内容>
Growth Up 部門賞
株式会社レバレッジ
急成長中のベンチャー企業で、本質的な採用マッチングに向けた取り組みを急速に取り組んでいる企業を表彰する部門

<選定理由(Thinkings株式会社 代表取締役社長 吉田崇氏からのコメント)>


レバレッジ様は、事業の急成長とともに求められる組織づくりの基本として、採用を重要視されています。採用手法もレバレッジらしさを活かしてSNSマーケティングを中心に展開、Twitterや自社ウェブサイトからの応募を増やす取り組みをされています。コミュニケーションの質が問われる人材紹介エージェントとのコミュニケーションにおいては、sonar ATSをご活用いただくことで、抜け漏れなくスピーディな対応を実現。今後はsonar ATSと自社ウェブサイトを連携させることで、自社ウェブサイトからの応募を増やすと共に、リファラル採用活動も強化しようとしています。これらの取り組みから、急成長スタートアップで本質的な採用マッチングに向けた取り組みを行っている企業を表彰する【Growth Up 部門賞】に選出させていただきました。

■今後の採用への取り組み
弊社では採用を最重要戦略に据え置いているため、採用担当者が本来注力するべき業務に
集中できる環境作りを構築する必要がありました。
貴社採用管理システムは、それを実現できるもので「VALX」年362%成長の支えとなりました。
今後も、スピードを落とすことなく優秀な人材採用を進め、
圧倒的成長企業としてフィットネス業界を牽引してまいります。

【株式会社レバレッジ 会社概要】
メディア事業としてパーソナルジム検索サイト「ダイエットコンシェルジュ」の運営やD2C事業でフィットネスブランド「VALX」という山本義徳氏監修のもと本物を追求したプロテイン・サプリメントの販売をしております。今後は日本市場のみならずグローバル市場への展開を行いフィットネス業界を牽引してまいります。

・パーソナルジム検索サイト「ダイエットコンシェルジュ」
https://concierge.diet/
・パーソナルトレーナー専門総合サービス検索サイト「トレーナーエージェンシー」
https://www.trainer.agency/
・トレーニー向けプロテイン・サプリメント、マッスルブランド「VALX」
https://valx.jp/
・24時間フィットネスジム「VALX GYM」
https://valx.jp/lp/gym/musashikoyama/

会社名:株式会社レバレッジ
代表者:代表取締役 只石 昌幸
所在地:東京都渋谷区南平台町16番11号 MFPR渋谷南平台ビル2階3階(総合受付)
事業内容:メディア事業・D2C事業・フィットネス事業
設立:2006年5月
資本金:3,000万円
TEL:03-6455-0045
FAX:03-6455-0046
URL:https://www.lev.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)