美容・健康

トレンドカラーで透明感があふれる白髪染めを。<2022年7月1日より先行販売>

スタージュ株式会社
LPLP essenceシリーズより待望の新色が登場!全5色のラインナップを展開

スタージュ株式会社(本社:東京都日本橋、代表取締役社長:山本晃久)は、ヘアケアブランド「LPLP essence(ルプルプ エッセンス)シリーズ」より新色2色を2022年7月1日(金)より先行販売を開始いたします。




今回は市場でも人気のグレージュ系、アプリコット系からそれぞれ<アッシュブラウン><ハニーブラウン>の新色2色が登場。白髪染めにもトレンド感や透明感を追求し、よりポジティブにカラーを楽しめる白髪染めをお客さまにご提供できるようラインナップを強化しました。


白髪染めにもトレンドカラーを




◆ハニーブラウン(ブライトブラウン)
赤みと黄みのバランスがよく、透明感のあるオレンジ寄りの「明るいブラウン色」。今から夏に向けての明るい印象をキープし、女性らしい柔らかな雰囲気を演出。

◆アッシュブラウン(グレイッシュブラウン)
やわらかさとおしゃれさが両立できる「くすみブラウン色」。日本人の赤みが出やすい髪色を抑え、抜け感のある大人らしい雰囲気を演出。

※置き時間、染まり方については個人差ございます


LPLP essence カラートリートメントの強み

1.3分で白髪を染め上げる「染毛力」
キューティクルを傷めずに、毛髪内部に浸透する【HC染料】と、ケラチンタンパク質と結合することで染め上げる【イオンパワー染料(塩基性染料)】を配合。さらに浸透促進成分を融合させることにより、従来品より「濃く」、「早く」「しっかり」染まることを実現しました。


2. 乾いた髪だけでなく濡れた髪にもムラなく染まり、色持ち2週間の「持続力」
LPLP essence カラートリートメントは、濡れた髪に塗布することで、染着性UP効果が期待できます。独自技術の「三相球状ラメラ」を用いて、シャンプー後の濡れ髪でも、トリートメントケアの一環としてヘアカラーをお楽しみいただけます。
※部分白髪が気になる方は、乾いた髪への塗布も可能です。色持ちも2週間なので、ご自分のライフスタイルに合わせてお使いいただけます。

3. 植物由来の美容成分94.5%配合の「トリートメント力」

頭皮環境の改善や、毛髪のダメージ補修など、多角的にアプローチすることで、染めると同時に髪をいたわることを実現。さらに、厳選した9つの天然精油を贅沢配合。毛染め特有のツンとしたニオイを抑え、最高級のホワイトジャスミンと上品なベルガモットの香りでサロン気分に。





LPLPカラートリートメントの共通特徴






製品概要

製品名:LPLP essence カラートリートメント<染毛料>
カラー:5色展開



内容量:170g
価格:3,630円(税込) 本体価格3,300円
使用方法:
Step1: シャンプー後、タオルなどで水気を取り、適量を白髪の気になる部分に塗布します。
塗り残しや色ムラのないようにしっかり馴染ませます。

Step2: 3分程度放置します。(色が付きにくい場合は、長めに放置してください。)

Step3: すすぎ水に色が出なくなるまで、しっかり洗い流します。

Step4: タオルでふき取り、ドライヤーで乾かします。
※乾いた髪にもご使用いただけます
白髪が気になる部分に塗布して3分放置した後、しっかりすすぎます。お手持ちのシャンプー、トリートメントをして、しっかりとドライヤーで乾かしてください。退色を抑えるLPLPのヘアカラー用シャンプーとの併用がおすすめです。



ブランド詳細

~海の恵みとバイオの力で、美髪をはぐくむ~

ルプルプは、髪の10年後を考える本質的ヘアケアブランドへ

エイジングヘアケアシリーズ LPLP(ルプルプ)
LPLPは「kelp(昆布)」と「scalp(頭皮)」を組み合わせた造語のブランド名です。
シオノギ製薬グループが開発した独自成分「ルプルプ Wフコイダン(シオノギ海藻エキス)」を配合。確かな効果が実感できるエイジングヘアケア*¹シリーズとして、2011年に誕生しました。発売から約10年で、累計販売本数320万本を突破。美しい髪は、健やかな頭皮があってこそ。多くのお客様を若々しい印象の髪と頭皮へ導くお手伝いを続けています。

公式サイト:www.626214.com
Instagram公式アカウント:www.instagram.com/lplp_official


*1:年齢に応じたケア
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)