医療・医薬・福祉 美容・健康

精神科医×AIで生活習慣病予防を実現するタウンドクターが、シードラウンドでDEEPCOREより5,000万円の資金調達を実施

タウンドクター株式会社
生活習慣病患者/予備軍向け食事指導サービス「NPartner」の開発・運営を行うタウンドクター株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:山上慶)は、株式会社ディープコア(以下「DEEPCORE」)からJ-KISS型新株予約権の発行による資金調達を実施しました。本資金により、「NPartner」の機能拡充を行うと共に、全国の健康保険組合・クリニック・自治体へのサービス展開を加速して参ります。



■提供サービス「NPartner」について
「NPartner」は生活習慣病患者/予備軍に対して管理栄養士を介した食事指導サービスであり、2021年9月より住民の健康増進を図る自治体へ、2022年3月より生活習慣病患者を診察するクリニックや健康経営に注力する企業健保向けにサービス提供を開始しています。
対面・ICT指導共に対応可能な食事指導サービスで、精神科医の知見/精神科学に基づく独自AIを活用した「パーソナライズされた指導」を特長としており、対象者の行動変容を促します。

■投資家からのコメント
DEEPCORE Investment Director 中島 順也 氏
創業間もない頃から、事業や開発にかかる仮説検証をご一緒させていただき、この度シードラウンドにて出資させていただきました。
山上CEOのもと精神科医を含む複数医師・管理栄養士・AIエンジニアが集うタウンドクターチームの、食事指導の現場におけるペインポイントに関する深い理解とプロダクト開発力を高く評価しています。生活習慣病患者がその生活習慣を改善するのは容易ではありません。対象者一人一人のライフスタイルや食事の嗜好、更には食生活の改善に対する取り組み意欲に合わせた「パーソナライズされた食事指導」により、多くの生活習慣病患者がより楽しく前向きな気持ちで食生活の改善に取り組むことができるーーー同社が開発を進めるサービスは、そんな世界の実現に必要不可欠なサービスとなるものと信じています。今後も同社の成長をサポートしていきます。

■タウンドクター株式会社について
タウンドクター株式会社は、生活習慣病患者/予備軍に対して管理栄養士を介した食事指導サービスを展開し、クリニック・健康保険組合・自治体を顧客に有する最新の医療テック企業です。2021年9月より住民の健康増進を図る自治体へ、2022年3月より生活習慣病患者を診察するクリニックや健康経営に注力する企業健保向けにサービス提供を開始しています。
精神科医と管理栄養士からなる医療チームを中心としたメンバー構成を特徴とし、生活習慣病患者/予備軍が行動変容に繋がりやすい食事指導プログラムを開発しています。本プログラムでは、心理学の理論に基づき、あらゆる対象者の心理モチベーションに合わせたきめ細やかな食事指導サポートを実現します。
食事指導プログラムに基づき、AIエンジニアが行動変容AIを搭載した食事指導ツールを開発しており、当該ツールを自社に所属する管理栄養士が活用し、対象者一人一人に合わせたオーダーメードの指導を提供しています。

■会社情報
会社名:タウンドクター株式会社
所在地:〒107-0062 東京都港区南青山2-2-15
代表者:山上 慶
設立:2021年3月24日
URL:https://npartner.jp/
事業内容:生活習慣病患者/予備軍向け食事指導サービス

■本件に関するお問い合わせ先
タウンドクター株式会社 経営企画室/カスタマーサポート室
TEL:050-3173-8642
e-mail:support@npartner.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)