デジタル製品・家電 美容・健康

早稲田女子・慶應女子がヘアケアで重視していることは?

株式会社グラフィティ
「早慶女子のヘアケア大調査!! -女子大生の髪の悩みを徹底解明-」

大学生による大学生のためのWEBメディア「キャンパスグラフィティ」を運営している株式会社グラフィティ (代表取締役:鈴木俊二、所在地:東京都渋谷区)は、超音波トリートメント「シャインプロ」を販売しているヤーマン株式会社(代表取締役社長:山崎貴三代、所在地:東京都江東区)と共同で、早慶女子を対象にヘアケア意識調査を実施いたしました。 特設サイトでは、調査結果から見えた早稲田女子・慶應女子のヘアケア傾向や悩み等を掲載。 ヘアカラーを楽しみながら、ツヤツヤな髪も維持したいといった女子大生の願いに応えるヘアケアアイテムとして「シャインプロ」 の体験レポートや使い方を紹介しています。





早慶女子を対象にしたヘアケア調査は、早稲田女子、慶應女子の個性が反映された結果となりました。トピックスは、下記の通りです。


■慶應女子はみんなから愛されたい!
男ウケ・友達ウケ、どっちも気になる…。



ヘアスタイルは全方位型!慶應女子は友達も男性もどちらの反応も意識しているみたい。


■早稲田女子はトレンドなんて気にしない!
自分を信じて我が道を行く!



圧倒的に自己満派が多い結果に。流行に流されず、自分の「好き」を貫いている女子多数!


■慶應女子は意識高め?!
月1サロンで徹底ケア!



毎月ヘアサロンに通う女子が32%も!慶應女子は美容のためならお金を使う傾向?!


■早稲田女子は意外と乙女?
好きな人のためにヘアケア!



友達よりも好きな人にきれいな自分を見せたい!慶應女子に比べて早稲田女子は恋愛至上主義?!


■慶應女子はかわいいよりきれい派!
さらツヤ大人ヘアが理想?



かわいいよりキレイ派と答えた人が早稲田女子は58%に対し、慶應女子は77%と圧倒的にキレイさ重視!


■早稲田女子はツヤ髪命!
パサつきなんて許さない!



早稲田女子は92%がツヤ重視と回答。やっぱりうるツヤ髪はみんなの憧れ…。


■早稲田女子はケアが面倒くさい…。
慶應女子はパサつきが気になる。



早稲田女子がケアの手間に悩む一方、慶應女子は髪のパサつきが悩みの種という結果に。


■早稲田女子も!慶應女子も!
70%以上がカラーヘアを楽しんでる!



早稲田女子も、慶應女子も、ほとんどの学生がおしゃれなカラーヘアでキャンパスライフを満喫中!


■慶應女子はヘアカラーの色落ちに悩んでる…。
染めた髪色きれいにキープしたい!



慶應女子は、色落ちが一番気になるとの結果に。一方で早稲田女子はダメージが気になるみたい。


■早稲田女子は安さ重視!
ヘアケアはプチプラで!



香りや成分を抑えて価格面を重視すると答えた人が圧倒的!価格を抑えてケアできるのが理想。


■早稲田女子はヘアパックで抜け目なし!
慶應女子は念入りブローでツヤ髪勝負!



どちらも1位はいつもと変わらないという結果が出たものの、ヘアパックや念入りブローで気合を入れてる女子も多数!


【調査概要】
■調査方法:インターネット調査
■調査時期:2022年4月11日(月)~4月19日(火)
■調査対象者:早稲田大・慶應義塾大に通う現役女子大生
■有効回答数:各大学約25名サンプル
※本リリースの調査結果をご利用いただく際は、【ヤーマン株式会社・株式会社グラフィティ調べ】とご明記ください


■特設サイト概要



YA-MAN presents
早慶女子のヘアケア大調査!!
-女子大生の髪の悩みを徹底解明-

早稲田大と慶應義塾大に通う女子大生の髪の悩みを徹底リサーチ!調査結果を元に、大学生におすすめの最新ヘアケアアイテムとして「シャインプロ」を紹介しています。
URL:https://campusgraffiti.jp/special/ya-man/


■シャインプロ 製品概要



美顔器から着想を得た、美髪ケアアイテム。
超音波×温熱×赤色LEDトリプルアプローチで、サロン帰りのような美しいツヤ髪へ。
トリートメントの浸透効率は600%*に。

*…ビタミンB6水溶液に浸した毛束に超音波アイロン(本製品と同等の仕様)を1分間照射したものと、同様の毛束を手で1分間なでつけたものについて、コルテックス中のビタミンB6を測定した。超音波を1分間照射したものの方がビタミンB6が約6倍多く存在した。

URL:https://www.ya-man-tokyo-japan.com/products/forhair/shine-pro.html


■キャンパスグラフィティ 媒体概要





学生編集部がリアルを発信!
大学生が運営するWEBマガジン
全国32大学の学生が編集部員となって自分の大学の学生たちを取材撮影しているWEBサイト。学生目線だからこそ伝えられる大学生のリアルを発信しています。
URL:https://campusgraffiti.jp


■メディア用画像素材
ダウンロードURL:https://xgf.nu/3wDe
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)