美容・健康

美しい肌の秘訣とは!?Re:cosmeに所属する美肌作りの専門家244名にスキンケア事情を調査

株式会社PLUS
美肌作りの専門家が最も支持するスキンケアブランド1位は「アルビオン」、2位は「オバジ」!

インターネット広告事業を手掛ける株式会社PLUS(所在地:北海道札幌市 代表取締役:今井 和人)が運営するコスメ情報メディア『Re:cosme アールイーコスメ(https://re-re.jp/cosme/)』は、所属する美肌作りの専門家244名を対象に“美しい素肌の秘訣”についてアンケートを実施しました。



コスメ情報メディアRe:cosme(アールイーコスメ)には「コスメコンシェルジュ」や「メイクアップアドバイザー」「スキンケアマイスター」「パーソナルメイクアドバイザー」など人々の美肌作りをサポートし、健やかで美しい素肌を追求している有資格者244名(※)が所属しています。
(※2020年3月6日時点)

今回は所属する専門家たちにアンケートを実施し、集まった189名の回答から、「美肌のために一番こだわっていること」「絶対手放せないスキンケア」などをまとめました。

回答して頂いた方たちはこちら>https://re-re.jp/cosme/specialist.html
アンケート記事はこちら:https://re-re.jp/cosme/questionnaire-skincare.html





【乾燥肌が多数!?肌質について聞いてみた】
まずは、Re:cosmeに所属する人たちの肌質を見てみましょう。

◆「Q.肌質を教えてください(複数回答可)」


肌質では「乾燥肌」が全体の50.8%で、ダントツ1位という結果に。半数以上の人たちが乾燥肌だと認識していました。

続いて多かったのが「混合肌」で33.3%、「敏感肌」が25.4%と続き、最も少なかったのは「脂性肌」で3.2%という結果でした。

「乾燥肌」の割合が多いということで、保湿系のスキンケアアイテムはどのような物を使っているのかが気になるところです。

【スキンケアにかける金額は月に「6,000円~10,000円未満」が最多】
美肌作りについて一般の人たちよりも知識のある専門家は、月々スキンケアにどのくらいの金額を使っているのかを調査しました。

◆「Q.月にスキンケアにいくらかけていますか?」


回答は「6,000円~10,000円未満」の割合が30.2%で最も多く、次に多かった回答が「10,000円~20,000円未満」という結果から、皆さん月々スキンケアに結構お金を使っているということが見えてきました。

6,000円以上だと、プチプラのアイテムだけではなくデパコスのアイテムも購入できるくらいの価格帯になってくるため、スキンケアの中で重要視しているものは高価なものを購入しているのかもしれません。

また、「3,000円~6,000円未満」と回答した人は21.2%、「3,000円以下」と回答した人は9.0%で、合わせると3割程度の人が「3,000円以下~6,000円未満」ということがわかります。

「3,000円~6,000円未満」はプチプラアイテムの価格帯が含まれてくるため、手ごろな価格のアイテムを使用してスキンケアをおこなっている人も一定数いることが見えてきました。

【何に一番お金をかければいいの!?専門家が一番お金をかけているスキンケア】

◆「Q.スキンケアアイテムの中で一番お金をかけているものはなんですか?」




「スキンケアアイテムの中で一番お金をかけているものは?」という質問で最も多かった回答は、「美容液」で51.9%でした。

この結果は2番目に多かった「クレンジング」(12.2%)の4倍以上にあたり、ぶっちぎりの1位と言えます。
美容液は高価ですが、やはり美肌の為には欠かせないアイテムと捉えている方が多いようです。


【参考にしたい!専門家が美肌のために一番こだわっていること】
日々の生活の中で、美肌のために一番こだわっていることを聞いてみました。

◆「Q.美肌作りのために一番こだわっていることを教えてください。」





回答をジャンル分けしてみたところ、最も多かった回答が「クレンジング・洗顔」で33.9%、2番目に多かったのが「保湿」で29.4%、3番目に多かったのが「摩擦レス」で12.2%という結果でした。


【美肌作りの専門家は「落とすケア」を重要視!】
一番こだわっていることで最も多かったのは「クレンジング・洗顔」でしたが、どのような点にこだわっているのか、いくつかの回答をピックアップしました。

●クレンジング・洗顔と回答した人の声

ファンデーションをつけない日でもクレンジングを使ってオフする。
(MINAKO/30代/乾燥肌)



朝晩の洗顔料はもちろん、メイクの濃さでクレンジングを変えてます!
肌の調子や気分によって使い分けることがこだわりです。
(K/20代/混合肌)



クレンジングはスチーマーを使用し、入浴前におこなっている。
朝晩酵素洗顔をしている。
(相澤 里奈/20代/混合肌)



クレンジング、洗顔は丁寧に力を加えずに、界面活性剤の入っていないものを使っています。
(門間典子/40代/乾燥肌)




回答ではクレンジングや洗顔料の「成分」に気を付けている人が多く、「酵素洗顔を使う」「界面活性剤を使用していないものを選ぶ」といった回答が見られました。





またファンデーションをしていない日でもクレンジングをおこなうという人も少なくありませんでした。


メイクや皮脂汚れをしっかり落とすことが健やかな肌につながると考えている人が多いことが伺えます。



美肌作りでこだわっていることとして2番目に回答が多かったのが「保湿」でした。「保湿」と答えた人の回答をいくつかピックアップしました。

●保湿と回答した人の声






朝晩フェイスマスクをしています。
(村越 里佳/30代/乾燥肌)


とにかく保湿!朝晩必ずフェイスパックをする。日中はミストを持ち歩き、乾燥が気になったら使う。夜のスキンケアで、クリームを厚めに塗ってスリーピングパックにする。
(mina/30代/乾燥肌, 敏感肌)




お風呂上がりにサラサラ系のスプレータイプの化粧水で浸透させた後、しっとりタイプの化粧水をたっぷり浸透させます。
その後、別の用途の化粧水を重ねてつけます。何種類もの化粧水を使い繰り返します。
(kana/30代/乾燥肌)


保湿を選んだ人たちの回答では、フェイスパックを朝晩必ずおこなうという声も多くありました。

フェイスパックは使用時間が15~20分くらいのものもありますが、最近では短時間ですむ商品も増えています。忙しい朝はそうした時短アイテムを活用しているのかもしれません。

回答からは、朝のスキンケアも夜と変わらず重要視している人が多いことがわかります。

また、お風呂から上がった後に、なるべく早く化粧水や導入化粧水を使用するという人も多く、入浴後に保湿をしない状態で放置していると、肌の水分が奪われやすいことが浮かび上がってきました。


【多くの専門家が「摩擦は絶対NG」と言っている!】
美肌作りのこだわりとして3番目に多かった回答が「肌の摩擦に注意する」というもの。
クレンジングや洗顔、保湿時の物理的刺激は肌にとって大きな負担になります。

●摩擦レスと回答した人の声


クレンジングバームを使用して、摩擦に気をつけ、角質・毛穴ケア。
(mayami/30代/普通肌)




肌の摩擦で乾燥しないように必要以上にケアしすぎないようにしている。
(はむちゃん/20代/乾燥肌・敏感肌)



洗顔は摩擦がおきないよう、たっぷりの量で優しく洗っている。
(ぴろ/20代/混合肌, インナードライ肌)


多くの人が摩擦に注意していると回答していることから、摩擦がいかに美肌の大敵であるかがわかります。
とくに「肌を摩擦しないように洗顔料はたっぷり使う」という声が多く見られました。

【朝・昼・夜それぞれの時間帯で重要視するスキンケアアイテムは違う】
美肌作りに敏感な人たちが朝・昼・夜でどんなスキンケアアイテムを重要視しているかを調査しました。

◆「Q. 朝のケアで一番重要視しているスキンケアアイテムは何ですか?」



「朝に重要視しているケア」として最も多かった回答が「化粧水」で34.9%、次が「洗顔料」で17.5%、3番目が「美容液」で8.5%でした。

「化粧水」が最も多かったことから、朝は保湿を重要視している人が多いということが伺えます。
また「洗顔料」が2番目に来ていたことから、夜の間に分泌される皮脂を落とすケアも大切だと考えられていることがわかりました。

乳液やクリームの割合が少なかったことから、朝は保湿がしたいけれども、忙しくて時間がないためそこまで手が回らず、せめて化粧水はしっかりしようという人が多いことが予想されます。

◆「Q.夜のケアで一番重要視しているスキンケアアイテムは何ですか?」


夜のケアで最も重要視しているアイテムで一番多かったのは、「クレンジング」で32.3%、次いで多かったのは「美容液」で24.9%という結果でした。

「クレンジング」が最も多かったことから、日中のメイクをしっかり落とすことを重要視している人が多いことが伺えます。

また朝のケアでは8.5%しかなかった「美容液」が2番目に多かったことから、夜のスキンケアは肌への「栄養補給」やピンポイントのケアなど、朝のスキンケアよりも特別なケアをしていることがわかりました。

◆「Q.日中必ず持ち歩いているスキンケアアイテムは何ですか?(複数回答可)」



日中必ず持ち歩いているスキンケアアイテムは「特になし」が32.8%で最も多い結果に。

日中は仕事であまりスキンケアアイテムを持ち歩くことができないため、この結果になったことが予想されます。

また、アイテムをあげた人の中では、「化粧水」が17.5%で一番多く、次いで「オイル」が9%、「クリーム」が8.5%と続きました。

最近ではミスト化粧水や、エアゾールタイプのスプレー化粧水など、メイクの上から使用できる化粧水の保湿アイテムもあるため、そういったものを活用しているのかもしれません。


【美肌作りの専門家たちイチオシ!「絶対手放せない最強スキンケア」】

最後に、「絶対に手放したくない!」と考えている最強スキンケアアイテムを聞きました。
「ブランド」と「アイテム」それぞれについて最も多かった回答3つを見てみましょう。

■絶対的信頼!支持されているスキンケアのブランドTOP3



最も支持を得ていたブランドは「アルビオン」で12人が挙げていました。アルビオンの商品の中でも特に人気が高かったのは、同ブランドが力を入れている「乳液」。

ただ、乳液を挙げた人の中でも、種類はそれぞれ違っており、アルビオンの商品の中から自分に合った乳液を選んでいるという印象でした。

数あるスキンケアメーカーの中からアルビオンを選んだ人の声には以下のようなものがありました。

●アルビオンを選んだ人の声











■絶対手放せない!アイテムTOP3
絶対手放せないアイテムとして名前が上がったもので、最も多かった3つを見てみましょう。




絶対手放したくないアイテムとして得られた回答の中で最も多かったのが、6人が挙げたSK-IIの「フェイシャルトリートメントエッセンス」でした。

どのような点が「絶対手放せない」と思うポイントなのか、選んだ人の声を見てみましょう。

●SK-IIの「フェイシャルトリートメントエッセンス」を選んだ人の声













SK-IIのフェイシャルトリートメントエッセンスを選んだ人の声で特徴的だったのは、10年、20年と長年愛用しているという点。
効果を実感できているので継続しているという人が多くいました。

フェイシャルトリートメントエッセンスは使用している人の多くが「肌の調子が良い」「美肌が保てている」と訴えており、強い信頼が伝わって来ました。


【専門家たちは肌との対話をしながら今の自分に合ったスキンケアをしている】

アンケートの結果から、日々の暮らしの中でどのようにスキンケアを工夫しているのかが見えてきたと思います。

朝のスキンケア時にもフェイスマスクを使用したり、肌の摩擦に注意したり、洗顔料の成分にこだわったりと、自分のお肌が健康で美しくあるために、様々な場面で努力していることがわかりました。

さらに「スキンケアブランド」や「スキンケアアイテム」についての質問からは、いま美肌を研究している人たちに支持されているブランドが浮かび上がってきました。

「これなら真似できる」「ここまでは追及できない」など色々あると思いますが、お肌悩みと向き合いながらアイテムを選んだり、いつもと違うタイミングにスキンケアしてみたり、できることから始めてみてください。







◆Re:cosme(アールイーコスメ)とは
https://re-re.jp/cosme/

Re:cosme(アールイーコスメ)とは、より多くの女性に正しいスキンケアを伝え、それぞれが抱える肌の悩みを解決に導くことを目的とした、スキンケア総合情報メディアです。


◆Re:cosmeの活動
コンテンツの企画や作成には、一般社団法人日本化粧品検定協会にてコスメコンシェルジュの資格を取得したライターのほか、メイクアップアドバイザー、スキンケアマイスター、パーソナルメイクアドバイザーといった有資格者が参加しています。

化粧品の専門家として活動するコスメコンシェルジュや、肌の健康・美容をサポートする有資格者による、プロの視点ならではの体験レビューや、ユーザーの悩みにアドバイスをするQ&Aコンテンツを提供しています。

また公式Instagram・公式Twitterでは「がんばる女子の美肌計画」をビジョンに掲げ、オススメアイテムの提案だけではなく、一人一人のパーソナルな悩み相談にコスメコンシェルジュが直接アドバイスを行います。
今後もRe:cosme(アールイーコスメ)は、より多くの女性が正しいスキンケア情報を得て輝く美容ライフを送るため、さらにはコスメコンシェルジュをはじめとした美容の専門家の活躍場所として、日々発信してまいります。

公式サイト:
https://re-re.jp/cosme/
Instagram:
https://www.instagram.com/re.cosme/
Twitter: 
https://twitter.com/recosmeofficial


◆株式会社PLUS(プラス)について
株式会社PLUSでは、さまざまな悩みを抱えるユーザーにとって有益で正確な情報を素早く伝え、日々の暮らしを素敵に変えていくことをコンセプトとし、活動しています。

『Re:cosme(アールイーコスメ)』のほか、脱毛情報サイト『脱毛レシピ』、ダイエット動画メディア『Lily(リリー)』、転職サービス比較サイト『転職Q』、動画配信サービス『MovieMemo(ムービーメモ)』など、さまざまな比較メディアを運営しています。

◆会社概要
会社名:株式会社PLUS
所在地:〒060-0051 北海道札幌市中央区南1条東2丁目2-5 SB大通東ビル3F
設立:2009年5月1日
代表者:代表取締役 今井 和人
URL:https://plus-company.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会