流通 美容・健康

日本全国マッチョ化計画!食品加工『マッスルOEM』事業で、日本人の筋肉を栄養面から支える!!オリジナルメニュー開発からマーケティングまで、全力サポート。

株式会社D-STRONG
マッチョのマッチョによるマッチョのための「マッスルフード」開発で日本を元気に!!

株式会社D-STRONG(本社:千葉県野田市、代表取締役:福田雄基)は、昨今話題沸騰中の「高タンパク食品」の開発をサポートする『マッスルOEM』事業を開始!!マッスルフードを手軽に、よりスムーズに開発サポートし、商品化した後も、本業であるマーケティングを活かしたプロモーションまでバッグアップ致します。


『マッスルOEM』の特徴
1、ベンチプレス200kgを挙げて「職業筋肉」「筋肉コンサルタント」として活動している当社代表福田がサポート
2、既存のマーケティング事業を活かしたデータ分析を元に、オリジナル食品の開発をサポート
3、開発後も、1000人以上抱えるインフルエンサーを活用したプロモーションが可能


本事業に至った背景
 個人的にプロテインのPRをお願いされたり、当社のインフルエンサーを活用したプロモーションの相談をいただくことが多々ありますが、正直、競合が多すぎて、効果が見込めないことが多いのが現状です。
 そのため「飲むだけで筋肉がつく」と言ったような過度な広告で、お客さんを獲得しようする事業者ばかりになってきたのも、業界あるあるではあります(笑)
 プロテインはあくまでも"補助食品"であることを認識できてない日本人が多い中で、昨今話題沸騰中なのが「高タンパク」の食品です。

 今や手軽に「高タンパク」食品を食べられるようになり、コンビニエンスストアでも、陳列棚によく見かけるようになりました。
 これからますます「高タンパク」食品は、増えていくであると推測していますが、大手企業だけではなく、中小企業から、一個人までもが、もっと手軽にオリジナルの「高タンパク」食品を作ることができたらいいなと考えました。
 また、健康に気にかけてる人たちが、居酒屋さんとかに行っても、気軽に注文できるようなマッスルフードの開発ができたらいいなとも考え、今回、居酒屋さんで取り扱っている食品を中心に、加工している日本のとある工場を傘下に置き、事業拡大の展開に至りました。


こんなマッスルフードが作れます!! 
※ネーミングはあくまでも個人の発想です
・マッスル小籠包(鶏肉で作る)
・プロテイン配合ノンフライ麺
・アミノ酸入りマンゴープリン

上記は、あくまでも事例に過ぎないので、いろんな商品を作ることが可能です。
脂質の多いイメージのある中華料理でも、高タンパク食品(マッスルフード)にできるように、
また、日頃から筋トレ、肉体改造しているトレーニーの方々に喜んでもらえるような商品開発を。



当社代表の福田も、日々筋トレに励み、高タンパクの食品を取り入れるようにしています。
体づくりの経験と、成果を出してる当人が、OEMのサポートを全力で行いますので、お気軽にご連絡ください。


【商標登録について】


・職業筋肉
・筋肉コンサルタント
・マッスルOEM(出願中)




【会社概要】
会社名:株式会社D-STRONG
本社:千葉県野田市岩名1015-43
事務所:東京都港区赤坂9-5-26 4F
代表者:福田雄基
設立:2015年5月27日
URL:https://www.d-strong.jp/
<事業内容>
1.マッスルエンターテインメント事業部
「筋肉の祭典」プロデューサー / 企画、運営、制作、MC
「筋肉コンサルタント」販売戦略、データ解析 / 「マッスルOEM」商品開発
「筋肉広告」プロモーション / 「職業筋肉」タレント

2.マーケティング事業部
インフルエンサーPR / トレンドジャック(Twitter)
商品ブランディング / 販売サイトSEO対策 / ECコンサル等

3.システム構築事業部
ライブコマース、投げ銭、CF、ランキング、講座検定、オンラインサロン等

【社会貢献活動】



2016年より、日本で使わなくなった野球用具を、世界の子ども達に寄付する活動を行なっております。
今年の6月21日~30日にて、ブラジルでの活動を予定。
過去に寄付した野球用具は
・硬式ボール3000個以上
・グローブ 150個以上
・その他 スパイク、バット、ベースボールシャツなど

【福田雄基プロフィール】
日本体育大学体育学部体育学科卒業
野球歴15年
トレーニング歴10年
ベンチプレス200kg
筋肉の祭典プロデューサー兼MC
テレビやCMなどにも多数出演中

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)