自動車・バイク 医療・医薬・福祉

ビックカメラ有楽町店で近距離モビリティWHILLの取扱いが開始

WHILL株式会社
~家電量販店で初!より気軽に試せる機会を創出します~


 WHILL株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長 CEO :杉江理、以下「WHILL社」)は、株式会社ビックカメラ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:木村 一義、以下「ビックカメラ」)の有楽町店にて、近距離モビリティ「WHILL Model C2」と「WHILL Model F」の取扱いが開始することを発表いたします。WHILLの家電量販店での取扱いは初となり、予約不要で、いつでも気軽にWHILLをお試しいただける機会を提供します。販売開始に伴い、2022年6月3日より有楽町店1階で展示いたします。



 

     


 WHILLは現在、全国の自動車ディーラーや自転車販売店などで試乗や相談、購入することができます。この度、駅近でアクセスしやすいビックカメラ有楽町店においてWHILLを展示販売することで、普段自動車や自転車を利用しない方も気軽に来店・試乗いただくことが可能となります。また、長距離歩行や体力に不安を抱えているご家族の移動手段として「まずは見てみたい、検討してみたい」という方にとっても、気兼ねなく店舗にお立ち寄りいただけます。

 今後については、有楽町店周辺をWHILLで走行し、乗り心地や操作性などを実際に体験できる試乗会の実施を予定しています。近距離モビリティ市場を牽引してきたWHILL社は、「すべての人の移動を楽しくスマートにする」をミッションに、より快適かつ気軽に歩行領域を含む近距離を移動しやすいモビリティの提供、環境の創造・整備に引き続き取り組んでまいります。

■取扱い開始 概要
◇展示場所:ビックカメラ有楽町店 1階
◇展示開始時期:2022年6月3日(金)~
◇販売モデル:WHILL Model C2 / WHILL Model F

■WHILL Model C2とWHILL Model Fについて
WHILL Model C2は高いデザイン性と、5cmの段差乗り越え、回転半径76cmの小回り能力、リアサスペンションを採用した滑らかな乗り心地などを特長とした近距離用のモビリティです。 一方のWHILL Model Fは、高いデザイン性や操作性はそのままに、軽量化を実現した折りたためるタイプのモビリティです。お客様のお身体の状況や移動ニーズに合わせてお選びいただけます。CES2022では日本企業として唯一、最優秀賞である「Best of Innovation Award」、を受賞しました。




<WHILL社について>
WHILL社は、「すべての人の移動を楽しくスマートにする」をミッションとして、世界中で近距離移動のプロダクト・サービスを展開しています。2012年5月に日本で創業し、2013年4月に米国、2018年8月にオランダ、2019年12月には中国に拠点を設立しました。近距離モビリティWHILLの販売、レンタルサービス、及びシェアリングサービスの3事業を展開し、販売とレンタルサービスの事業では高いデザイン性や操作性などを備えたWHILLを、20以上の国と地域で展開しています。シェアリングサービスの事業では、自動運転とマニュアル運転の両形態を活用し、スポット的にだれもが目的地まで安全かつ快適に移動できるプラットフォームを提供しています。3本柱の事業を通じ、歩道だけでなく屋内まで走ることができ、他の移動手段では行けなかった、どんな場所にもつながる世界を構築します。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)