美容・健康 ネットサービス・アプリ

5分の装着で“目の筋トレ”を。自宅でスマホ老眼をすっきり解消するデバイス『オータス』プロジェクト開始1か月で目標金額4287%を達成!サポーター人数320名以上突破!プロジェクト期間6月27日まで!

株式会社セトワークス
第1弾で応援購入金額1億円を達成したOtusがさらに進化して登場!

目もケアする時代! あなたのパーソナル、アイトレーナー「オータス」がさらに進化して登場。


ステイホームで筋トレを始めた人は多いと思います。
そして、目を酷使する時代目の筋力も鍛えることも必要です!


ビジョンセラピー技術を取りいれた目のトレーニング・『オータス』は1日15分の装着で自宅、会社、どこにいても目の筋力を鍛えることが出来ます。
そして今回、多くの皆様からのお声を参考に『より使いやすいように改良』されてmakuakeにてプロジェクト実行中です!




2021年3月~4月にmakuakeにて実行しました前回のプロジェクトではサポーター人数:2476名様、応援購入金総額1億751万1040円!と大好評のうちに終わりました!





この結果からも、多くの皆様が普段の生活で目の健康に気をかけていらっしゃることが分かります。





オータスは簡単に目につけて、5分間装着するだけで普段の生活で酷使していた目の筋肉を収縮・弛緩しながらトレーニングします。
ゲームをしながら、見ながら楽しく管理が出来ます!





オータスは日本のみならず、グローバルなクラウドファンディングで多くの支援をいただきました。
目のトレーニングは現代人誰もが必要です。








1.ヘアバンドが使いやすいよう、改良されました!

真ん中を支えることで着用した時により安定感があり、心地よい着用感を味わえます。またずれ落ちないように工夫されたため、以前のバージョンよりも快適に使用が可能です。
バンドの改良により頭の小さいお子様も楽に着用いただけます。


2.アプリのリニューアル

リニューアルしたアプリで便利に楽しく目のトレーニングが可能です。
(※オータスを着用して本やテレビを見るだけでもトレーニングが可能です。)





目の健康は体の健康にもつながります!
是非、オータスを使って簡単に目のトレーニングをされてください!





パソコンやスマホなどの近いところを長時間見つめ続けると目のピントを調整する毛様体筋が緊張状態を強いられ、ピント調節がうまくできなくなります。これにより凝り固まってスマート老眼に繋がることがあります。
特に最近では20代や30代の若い人の中でスマホの長時間使用の為起こる「スマホ老眼」が広がっています。
そういう現代人・すべての皆様にお勧めします!


●ビジョンセラピーとIoT技術を取り入れた「オータス」!



オータスを着用して前を見るだけで、8つの特殊光学レンズが5分に60回以上自動で回転しながら毛様体筋を刺激し「見るチカラ」を鍛えてくれます。




ピントを自動的に合わせる「オート·フォーカシング·トレーニング」と毛様体筋の収縮/弛緩トレーニングを繰り返して目の筋肉を鍛えることが出来ます。





●左右の目の視力や状態が異なる場合も、それぞれの目に合わせてトレーニング可能!


オータスは目の状態を測定·分析した後にお一人お一人に合ったレンズをセッティングし、パーソナルトレーニングを提供します。
一人一人の目の状態に合わせてそれぞれ違うトレーニングが必要です。


また、両目が訓練できる「両眼モード」と両目を分離して訓練できる「単眼モード」があります。
測定された情報に基づいてそれぞれの目を訓練させるため、それぞれの目の状態が異なってもご利用いただけます。


●1台の機器で家族全員、お得に使えます!

オータスは計8個の特殊光学レンズで構成され、使用者の目の状態に合わせて自動的にカスタマイズされたレンズが適用されます。
1台のデバイスで、最大4人までアカウントを作ることができます。
個人の目の状態と関係なく、ご家族全員でお使いただけます。




▶ スマホやパソコンの使用が多い方
▶ 目の健康が気になる方
▶ 認知能力、反応速度、視野などのサポートを望むスポーツ選手
▶ 集中力をサポートするトレーニングをしたい学生の方
▶ 家で手軽に目の健康を保ちたい方


これからはいつでもどこでも!
気軽にオータスを使って、簡単に1日15分の目の管理をされてください !







現在48%OFFから、プロジェクト進行中です!


<スケジュール>
2022年6月27日 プロジェクト終了
2022年7月末 配送予定
https://www.makuake.com/project/otusplus







企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)