出版・アート・カルチャー 美容・健康

テレワークが増えて、ゆるんでしまった体を引き締めるのに最適! 道具いらずで思い立ったら自宅ですぐにできる筋トレを集めたムック『筋活』発売

株式会社 学研ホールディングス
著名トレーナー・研究者が監修した多数の筋トレメニューを掲載。それぞれの目的に合う宅トレが見つかる、「筋活本」の決定版

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研プラス(東京・品川/代表取締役社長兼COO:南條達也)は、2022年5月27日(金)にムック『筋活』を発売いたしました。




■『筋活』で引き締まったお腹も疲れない体も手に入る

長期にわたるコロナ禍でテレワークや在宅勤務が増えたことによる運動不足が大きな問題となっています。運動不足は健康に悪影響を及ぼすのはもちろんですが、見た目にも体形の変化が気になっている人が多いのではないでしょうか。
とはいえ、週に何度もジムに通ったり、長時間のランニングをしたりするほどヒマではないし、「できれば自宅でサクッと短時間でできること」で運動不足を解消したい、という人がほとんどだと思います。
本書は、そんな人たちに最適な、特別な道具が不要で、思い立ったら自宅ですぐに実践できる筋トレを多数掲載したムック本です。鍛えたい部位別に構成され、運動強度も強弱さまざまな、バリエーションに富むトレーニングを紹介しているので、
「とにかく腹をへこませたい」
「疲れにくい体になりたい」
「忙しいので短時間で効く筋トレがしたい」
といった目的をかなえられる、それぞれにぴったりな「筋活」メニューが見つかる内容となっています。


本書のポイント

●著名なトレーナーや研究者が監修した、多数の筋トレを掲載
●すべて特別な道具不要なので、思い立ったらすぐに自宅で始められる
●全身、体幹、腹筋、と鍛えられる部位別に掲載しており目標達成しやすい
●運動強度もさまざまあり、筋トレ初心者から真剣に鍛えたい人まで対応
●大半が短時間でできるトレーニングなので、忙しい人に最適








おもな内容

第1章 全身を鍛える筋トレ
・脂肪高燃焼系ボディ養成トレーニング
・体を1か所上げるだけ! ゴロ寝筋トレ
・週1回しかできないなら集中スロトレで脂肪燃焼

第2章 体幹を鍛える筋トレ
・腹の体脂肪を確実の減らす体幹メソッド
・コアトレで筋肉をしなやかにして疲れない体に

第3章 腹筋を鍛える筋トレ
・5分間ドローインしながら腹筋
・腹凹筋強化メソッド

第4章 食事と科学の力で筋トレ効果を高める
・肥満に関するウソみたいなホントの話
・40歳からの筋トレ栄養学
・「筋肉痛」を科学する

コラム ビジネスシーンでできる筋トレエクササイズ

※本書は、2013年に発行したムック『今からでも始められる筋活』の一部を修正・加筆して再編集したものとなります。


[監修者(掲載順)]
有賀誠司(東海大学 健康学部健康マネジメント学科教授)
森 俊憲(パーソナルトレーナー、株式会社ボディクエスト代表)
石井直方(東京大学名誉教授)
木場克己(アスレティックトレーナー、KOBA式体幹バランス代表)
有吉与志恵(コンディショニングトレーナー、株式会社ハースコーポレーションCTO)
鑄山和裕(パーソナルトレーナー、株式会社ヴィヴィシャスワークスジャパン代表)
松井 薫(パーソナルトレーナー、Matsui Physical Design Lab.主宰)
蒲原聖可(医師、医学博士、株式会社ディーエイチシー特別研究顧問)
川端理香(管理栄養士、昭和女子大学非常勤講師)
比嘉一雄(パーソナルトレーナー、株式会社CALADA LAB.代表)


[商品概要]
学研ムック『筋活 自宅ですぐできる筋トレ』
定価:880円(本体800円+税10%)
発売日:2022年5月27日(金)
判型:A4変型判/80ページ
電子版: あり
ISBN:978-4-05-611668-7
発行所:(株)学研プラス
学研出版サイト:https://hon.gakken.jp/book/1861166800


【本書のご購入はコチラ】
・Amazon  https://www.amazon.co.jp/dp/4056116687/
・楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/17092047/
・セブンネットショッピング https://7net.omni7.jp/detail/1107290322
[ 電子版 ]
・Kindle https://www.amazon.co.jp/dp/B0B27XFJKH/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)