医療・医薬・福祉 出版・アート・カルチャー

【イラストで解説】妊婦さんの正しいシートベルト着用方法

株式会社Smart119
千葉大学発医療スタートアップ企業である株式会社Smart119(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長/CEO:中田孝明)は、妊娠中のシートベルト着用方法を解説するイラストレーションを一般公開しました。母体と胎児を守るための正しい着用方法について、親しみやすいマンガで説明します。本資料は学校、企業、公共機関、町内会等で自由に配布・利用していただくことが可能です。




妊娠中にも、通院、買い物などのために移動する機会があります。混雑に悩まされたり乗り換えが求められたり、段差を乗り越えたりする機会が多い電車、バスなどの公共交通機関の利用は、大きなストレスと苦痛が伴う一方で、マイカーでの移動には、ストレスが軽減されるというメリットがあります。

とはいえ、マイカーにもリスクがないわけではありません。妊婦さんとお腹の赤ちゃんを守るため、妊婦さんにも自動車乗車時のシートベルト着用が原則として義務付けられていますが、正しい座り方、正しい着用方法を実践しなければ、万一の交通事故時に、お腹の赤ちゃんはもとより、妊婦さんの命を奪ったり後遺症の原因になったりすることがあります。

妊婦さんは、お腹が大きくなってくるにしたがってハンドルやダッシュボードにお腹をぶつけやすくなるため、シートベルトの着用の仕方によっては、より大きな危険につながる可能性があるからです。本イラストレーションでは、安心で健やかな妊娠中の自動車での移動のために、着席およびシートベルト着用のポイントをわかりやすく解説します。

◆印刷用資料ダウンロードリンク
https://smart119.biz/manga/000464.html

◆テーマ
「正しい、妊娠中のシートベルト着用について」

妊婦さんがシートベルトを正しく使用する事で、交通事故に遭った際に妊婦さんや、お腹の赤ちゃんの命を守る事ができます。

◆着用方法
1.シートの背もたれは倒さずに、しっかり深く座る。
2.肩ベルト、腰ベルトを着用する。
3.肩ベルト、腰ベルトが腹部を横切らないようにする。
・肩ベルトは首にかからないように。
・肩ベルトは、胸の間を通し、お腹の側面に通す。
・腰ベルトは、お腹の膨らみを避けて、腰骨の低い位置で留める。
4.バックルの金具を差し込み、外れないか確認する。
5.ベルトがねじれていないか確認する。

◆ポイント:妊娠中の状態は、個人により異なります。多胎妊娠など、シートベルトが着用できない場合は、かかりつけの医師に相談しましょう。


◆参考資料
神奈川県警察本部交通部交通総務課安全係
https://www.police.pref.kanagawa.jp/mes/mesf0212.htm

山口県警察
https://www.pref.yamaguchi.lg.jp/site/police/10421.html


◆医療情報イラストレーション・シリーズ ホームページ
https://smart119.biz/manga/


※画像など当コンテンツを報道にて引用頂く場合は、「(株)Smart119 提供」と記載ください。また、その際はpress@smart119.bizまでご一報いただけますと幸いです。


<株式会社Smart119について>
株式会社Smart119は「現役救急医が設立した、千葉大学医学部発スタートアップ」です。
『今の「119」を変える』ため、音声認識とAIを活用した救急医療支援システム「Smart119」を開発・運用。
千葉市において、日本医療研究開発機構 (AMED) の救急医療に関する研究開発事業を実施。
緊急時医師集合要請システム「ACES」、災害時をはじめ、医療事業継続支援システム「respon:sum」の開発・運用を行なっています。Smart119は「安心できる未来医療を創造する」を目指します。




【株式会社Smart119概要】
会社名: 株式会社Smart119
住所: 千葉県千葉市中央区中央2丁目5-1千葉中央ツインビル2号館 7階
設立: 2018年5月
代表者: 中田 孝明
事業内容:
音声認識とAIを活用した救急医療支援システム「Smart119」の開発・運用
緊急時医師集合要請システム「ACES」の開発・運用
医療事業継続支援システム「respon:sum」の開発・運用
URL: https://smart119.biz
Twitter: https://twitter.com/Smart119_jp
メールアドレス: press@smart119.biz (担当:中村)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)