その他 医療・医薬・福祉

令和4年度 東京都「港区不妊・不育相談ダイヤル」を新規受託

特定非営利活動法人Fine
Fine公認 不妊ピア・カウンセラー(*1)が相談員

不妊治療患者をはじめ不妊・不育で悩む人をサポートするセルフサポートグループ「NPO 法人 Fine(ファイン、以下「当法人」)」は、令和4年度 「港区不妊・不育相談ダイヤル(*2) 」の相談事業を新規で受託し、オンラインツール(Zoom)を使用した電話相談(音声のみ)と面接相談(ビデオONの状態で顔を出して相談)を担当します。電話相談は5月25日(水)からスタートし、面接相談は6月8日(水)から始まる予定です。(実施期間:2022年5月~2023年3月の予定)


◆妊活・不妊当事者の心に寄り添う不妊ピア・カウンセリング

当法人は、自治体や企業、学会などの依頼により講演や研修の講師、相談事業などさまざまな活動をしてきました。特に2004年から実施している不妊ピア・カウンセリング (*3)の活動実績が評価され、この度『港区不妊・不育相談ダイヤル』を新たに受託いたしました。


東京都港区では、不妊・不育当事者の精神的ケアをするため、オンラインによる「港区不妊・不育相談ダイヤル」を今年度より実施します。この不妊・不育相談ダイヤルは、港区にお住まいの方と港区内にお勤めの方が対象で、不妊や不育に悩む方、不妊治療を受けるかどうか悩んでいる方、不妊治療を受けている方、流産や早産、死産の経験がある方、不妊治療のやめ時に悩んでいる方などが利用できます。相談料は無料です。

(イメージ)オンライン相談


不妊の悩みは、大きく分けて4つの負担(身体的・経済的・時間的・精神的)があるといわれています。親しい間柄であってもなかなか打ち明けづらく、当事者はひとりで悩みを抱え込んでしまいがちです。Fine公認 不妊ピア・カウンセラーは、自身も不妊や不育体験があり、相談者に近い存在としてお話をお聴きします
Fine公認 不妊ピア・カウンセラーは、不妊の心理とカウンセリングの知識および技術を学ぶ当法人主催「不妊ピア・カウンセラー養成講座」を修了し、その認定試験に合格しています。認定者は全国に155人(2022年4月現在)おり、当法人の通話相談、面接カウンセリング、おしゃべり会のファシリテーターなどで、同じ心の痛みがわかる経験者(当事者)として、相談者の気持ちに寄り添う活動をしています。

当法人の不妊ピア・カウンセリングを受けた方からは「かなり胸のつかえが取れた感じですっきりしました」「思ったよりもモヤモヤの根が深かったことに気づきました」などの声が寄せられています。

(*1) Fine公認 不妊ピア・カウンセラー、不妊ピア・カウンセラー養成講座(https://j-fine.jp/e-pia/index.html/
(*2) 東京都港区不妊・不育相談ダイヤル(https://www.city.minato.tokyo.jp/chiikihoken/funin.html
(*3) 不妊ピア・カウンセリング(https://counseling.fine-peer.com/



◆令和4年度『港区不妊・不育相談ダイヤル』の概要◆







電話相談 *予約不要







面接相談 *先着順、事前予約制 ※カップルでの参加も可能







◆港区相談事業以外のFine公認 不妊ピア・カウンセラーの活動紹介(抜粋)◆ https://counseling.fine-peer.com/


◎自治体からの要請
不妊・不育オンライン相談(千葉県)、おしゃべり会(千葉県、東京都中野区)、相談会(大阪府堺市)等を担当中。

◎不妊ピア・オンライン面接カウンセリング(お一人 45分/カップル 60分)
Zoomを利用してビデオをONにした状態で行なうカウンセリング。
  *お一人 :カウンセリング費用:1回3,000円(正会員)/3,800円(非会員)、月数回実施
  *カップル:カウンセリング費用:1回4,000円(正会員)/5,000円(非会員)、月数回実施

◎オンライン通話相談
Zoomを利用して音声のみ(ビデオOFFで顔出しなし)で行なう、40分の無料通話相談。月2~3回実施

◎不妊に悩む方のグループカウンセリング ~Fineトパーズ~
テーマを決めて、グループで行なうカウンセリング。Zoomを利用。
参加費:1回1,000円、不定期開催

◎不妊を経験して妊娠中、育児中の方のグループカウンセリング ~Fineマナティー・クラブ~
不妊体験後の妊娠・出産・育児をサポートするグループカウンセリング。Zoomを利用。
参加費:1回1,000円、不定期開催

Fineのカウンセリングの詳細はこちらをご覧ください。https://counseling.fine-peer.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)